沖縄在住の沖縄好きがお届けするガイドブックにも載っていないコアな沖縄情報をお届けします。沖縄で遊ぶならWe-Love沖縄をチェック!

沖縄県の情報サイトWe-Love沖縄

きゅう

コラボキッチン

BBQ ステーキ・焼肉・BBQ 居酒屋・BAR

スポーツ観戦レストラン「CO-LAB kitchen SPORTS&DINING」(北中城村・きたなかぐすくそん)

2019年7月29日・肉(29)の日、プロ卓球リーグ・Tリーグ参戦中の琉球アスティーダ直営!スポーツ観戦レストラン「CO-LAB kitchen SPORTS&DINING」(コラボキッチン スポーツ&ダイニング)がイオンモール沖縄ライカムにオープンしました。 看板メニュー・牛レアかつや「2019年わったー那覇めしグランプリ決定戦」グランプリ受賞で知られるバルコラボグループ8店舗目の新店舗。 複数の大型モニターを備え、琉球アスティーダ(卓球/Tリーグ)、FC琉球(サッカー/Jリーグ)、琉球ゴールデ ...

祭り・その他イベント

渋滞回避に役立つ情報満載!2019年海洋博公園サマーフェスティバル(第41回海洋博公園花火大会)

沖縄の花火大会の中でも、ダントツの人気と知名度を誇る海洋博公園花火大会。美ら海水族館のある海洋博記念公園で、沖縄県内最大級の規模となる1万発の花火を無料で見られることもあり、例年多くの方が足を運んでいます。 ぴょこんと突き出た城山(ぐすくやま/タッチュー)でおなじみの伊江島を望む真っ青な海の絶景、沖縄随一の観光名所・美ら海水族館や「オキちゃん劇場」でのイルカショーなど もあわせて楽しめるのも、人気の理由です。 ただし・・・地元でも人気であるがゆえ、大渋滞という問題もついて回るのがこちらのイベント。花火の模 ...

歴史・文化

読谷山焼・北窯の登り窯とやちむん作り【土づくり編・乾燥】

前回までのおさらい 第5回となった「読谷山焼・北窯の登り窯とやちむん作り」。数か月にわたって沖縄県読谷村のやちむん(焼きもの/陶器)の里、読谷山焼・北窯にお邪魔して土作りや登り窯の修繕作業などの取材をさせていただいた記録をもとに、沖縄の生活になくてはならない日常の器に隠された物語をお伝えしています。 第4回の記事では、北窯ではほぼ手作業で行われているやちむんのもととなる粘土・陶土(とうど)づくりの第一段階、原土と水を混ぜ、ふるいにかけ、槽に移して沈殿させる水簸(すいひ)と呼ばれる一連の作業をご覧いただきま ...

エイサー

2019年屋慶名(やけな)ハーリー

沖縄では古くから「ハーリー鉦が鳴ると梅雨が明ける」と言われる初夏の風物詩、ハーリー。 毎年ゴールデンウィークに開催され20万人が訪れる那覇ハーリーや、海人(ウミンチュ/漁師)の町として知られる糸満市の糸満ハーレーなどは、あなたも耳にしたことがあるのではないでしょうか? 一大イベントとして周知されているものだけでなく、沖縄ではいたるところで地域のハーリーが開催されます。市町村単位ではなく、もっと小さな字(あざ)や集落単位で行われている場合も多いのです。 今回は、そんな地域のハーリーの中から、うるま市・屋慶名 ...

ハーリー 離島

2019年奥武島海神祭(奥武島ハーリー)

橋の上から海めがけて飛び込み、そのまま船を漕ぎ出す・・・。そんな何とも豪快なハーリー行事が、毎年旧暦5月4日(ユッカヌヒー)に奥武島で行われていること、あなたはご存知でしょうか。「流れ船」と呼ばれる珍しい競漕が見られるイベントが、沖縄本島南部にある離島、奥武島で行われる奥武島海神祭(奥武島ハーリー)です。 ハーリー(ハーレー)とは? ハーリー(ハーレー)は、旧暦5月4日(ユッカヌヒー)を中心に豊漁や海の安全を願って行われる、サバニ(小型の漁船)や爬龍船(はりゅうせん/舳先に竜頭などの装飾をつけた比較的大型 ...

歴史・文化

読谷山焼・北窯の登り窯とやちむん作り【土づくり編・水簸(すいひ)】

前回までのおさらい 「読谷山焼・北窯の登り窯とやちむん作り」。数か月にわたって沖縄県読谷村のやちむん(焼きもの/陶器)の里、読谷山焼・北窯にお邪魔し、土作りや登り窯の修繕作業などの取材記録をもとに、沖縄の生活になくてはならない日常の器に隠された物語をお伝えしています。 第3回の記事では、炎をくぐり、かたちになったやちむんが取り出される窯出しの様子をご覧いただきました。 詳しくはこちら    沖縄県の情報サイトWe-Love沖縄読谷山焼・北窯の登り窯とやちむん作り【窯出し編】https: ...

パワースポット 祭り・その他イベント

2019年なんみん祭

那覇市唯一の遊泳可能なビーチ、波の上ビーチを見下ろす断崖の上に建つ波上宮(なみのうえぐう)。那覇空港への行き帰り、うみそらトンネルへと向かう那覇西道路を通る際にあなたも目にしたことがあるかもしれません。 波上宮は琉球国王も毎年参拝したとされている由緒ある神社で、家内安全、商売繁盛、厄祓、車祓、安産祈願、健康祈願、神恩感謝、心願成就、合格祈願、良縁祈願、攘災招福、海上安全など様々な御祈願・御祈祷を行い、信仰を集めています。 その一方で「なんみんさん」の愛称で親しまれ、例年初詣には15万人以上が訪れる沖縄県民 ...

歴史・文化

読谷山焼・北窯の登り窯とやちむん作り【窯出し編】

前回までのおさらい 「読谷山焼・北窯の登り窯とやちむん作り」、第3回はいよいよ窯出しです。 数か月にわたって沖縄県読谷村のやちむん(焼きもの/陶器)の里、読谷山焼・北窯にお邪魔し、土作りや登り窯の修繕作業などの取材記録をもとに、沖縄の生活になくてはならない日常の器に隠された物語をお伝えしています。 第2回の記事では、登り窯の焚き上げの様子をお目にかけました。 詳しくはこちら    沖縄県の情報サイトWe-Love沖縄読谷山焼・北窯の登り窯とやちむん作り【窯焚き編・焚き上げ】https: ...

アクティビティー・体験 観光スポット

よへなあじさい園(本部町・もとぶちょう)

梅雨時に旬を迎え、曇りがちな日々を明るく彩ってくれるあじさい。そんなあじさいの花言葉、あなたは何を思い浮かべますか?「移り気」「浮気」といったネガティブなものが思い浮かぶ方が多いのではないでしょうか。実は、青のアジサイには「辛抱強い愛情」、ピンクには「元気な女性」、白には「寛容」、ガクアジサイには「謙虚」と、ポジティブなものもたくさんある花なんですよ。 また、小さな花が集まって咲く様子から「一家団欒」「家族の結びつき」とも。 沖縄には、そんな温かな花言葉そのままに、家族の力を合わせて経営されている広大なあ ...

祭り・その他イベント 離島

香り立つ純白のゆり100万輪!第24回伊江島ゆり祭り

各地のビーチで次々と海開きが行われ、沖縄がトップシーズンに向かう4月末~5月初旬。 沖縄本島北部の本部港からフェリーで30分の伊江島は、真っ白なテッポウユリに彩られます。一般には6月~8月頃に開花するゆりですが、温暖な気候の沖縄ではゴールデンウィーク前後がまさに見頃。澄んだ海と空の青に映える、真っ白な100万輪のテッポウユリのじゅうたんを一目見ようと、沖縄県内外、国外からもたくさんの観光客が訪れています。 フェリーで海を渡り、心地よい風と美しい景色を堪能できる初夏のお祭り。どうぞご覧ください。 伊江島ゆり ...

アクティビティー・体験 観光スポット

静けさと心地よさに包まれる、備瀬のフクギ並木(本部町・もとぶちょう)

今、住民たちの手で守られ、伝えられてきた大木の並木が作り出す沖縄の原風景が静かな人気を集めています。 沖縄美ら海水族館のある海洋博公園からほど近い本部町備瀬区。まっすぐに伸びる黒い幹とつややかな緑の葉が沖縄の強い陽射しや風を遮り、鳥のさえずりや虫の声だけが響く空間を作り出しています。どの季節、どんな天気の日に訪れても楽しめる、不思議な静けさに包まれる備瀬のフクギ並木をご紹介したいと思います。 備瀬のフクギ並木とは? フクギはフクギ属の熱帯性常緑高木。 「福木」とも書き、幸福を招く木ともされています。丈夫で ...

泡盛 祭り・その他イベント

第15回内閣総理大臣賞琉球泡盛カクテルチャレンジアジアカップ2019

沖縄で生まれた蒸留酒、泡盛。 独特の香りとバリエーション豊かな味わいで、県内で「島酒」として親しまれ、近年は県外、さらに国外にもその認知度を高めつつある沖縄ならではのお酒です。 先日、2019年4月13日・14日に行われた島酒フェスタでご縁がつながり、「第15回内閣総理大臣賞 琉球泡盛カクテルチャレンジアジアカップ2019」の様子を取材させていただきました。 アジア各国から選手が参加し、泡盛を使った創作カクテルを競う大会。どんな雰囲気で、何ができるのか?結果詳細も含め、お目にかけたいと思います。 琉球泡盛 ...

nikufes

祭り・その他イベント

肉の祭典!第4回肉フェスタ in NAHA

山城牛、石垣牛、もとぶ牛、伊江牛、アグー、やんばる島豚、くいまーる豚、パイナップルポーク純、キビまる豚、やんばる地鶏・・・少し考えただけでも、これだけの県産ブランド肉の名前がすぐに思い出せる肉王国・沖縄。そんな沖縄で開催される、聞いただけでもおいしそうなイベント・肉フェスタ in NAHAをご存知でしょうか。 2019年で4回目となる、上質なお肉の魅力をお腹いっぱい味わい尽くせる幸せな2日間。いったいどんなイベントで、どんなメニューが並ぶのか?また、食べる以外の楽しみなども、たっぷりお目にかけたいと思いま ...

ハーリー

那覇ハーリー

沖縄の初夏の風物詩、ハーリー。 ハーリー(ハーレー)は、旧暦5月4日(ユッカヌヒー)を中心に豊漁や海の安全を願って行われる、サバニ(小型の漁船)や爬龍船(はりゅうせん/舳先に竜頭などの装飾をつけた比較的大型の船)を使った競漕です。糸満市では海人(海人=漁師)たちが伝統的に使ってきた呼び名を尊重し、1977年以降「ハーレー」を使用しています。 ココがポイント 14世紀に中国から伝わったという説などがあり、琉球王国の国家行事として盛んに行われていましたが、廃藩置県(1879年)により廃止。第二次世界大戦後の本 ...

お土産 ショッピング

27の個性あふれるブランドを束ねた「APARTMENT OKINAWA」(アパートメントオキナワ)

2019年6月27日(木)パルコシティ内1Fに実店舗をオープン! 琉球絣や花織、紅型、やちむん(陶器)、漆器、彫金、ガラスなど、沖縄には古くから世界に誇れる様々な手仕事が息づいてきました。それらは現在も色あせることなく受け継がれ、 沖縄ならでは、またその作り手ならではの個性と思いが表現された様々なブランドが数多く生まれています。工房兼店舗やオンラインショップ、セレクトショップなどで、あなたもそうした作品を目にしたことがあるのではないでしょうか? そんな沖縄生まれの素敵なブランドが集まったプロジェクト「AP ...

やちむんの里

ショッピング 歴史・文化

沖縄そのもののような素朴で優しい器が生まれる場所、やちむんの里

日本にはたくさんの陶器・磁器の生産地があります。 美濃焼(みのやき/岐阜県)や瀬戸焼(せとやき/愛知県)、益子焼(ましこやき/栃木県)、有田焼(ありたやき/佐賀県)、九谷焼(くたにやき/石川県)、清水焼(きよみずやき/京都)などの名前はあなたも耳にしたことがあるのではないでしょうか。その土地ならではの個性や雰囲気を持つ器たち。毎日の食卓やほっと一息入れるティータイムに、お気に入りの器を使っている方も多いと思います。 沖縄にも、17世紀初め頃から続く伝統を持ち、沖縄の土を使い、人の手と自然の力が生み出す陶器 ...

窯焚き編・焚き上げ

歴史・文化

読谷山焼・北窯の登り窯とやちむん作り【窯焚き編・焚き上げ】

前回までのおさらい 数か月にわたって沖縄県読谷村のやちむん(焼きもの/陶器)の里、読谷山焼・北窯にお邪魔し、土作りや登り窯の修繕作業などの取材記録をもとに、沖縄の生活になくてはならない日常の器に隠された物語をお伝えしている「読谷山焼・北窯の登り窯とやちむん作り」。 やちむんを手にしておられる方にも、これから出会う方にも、やちむんについて、そこに込められた思いや価値について、もっと知っていただけたら。そんな気持ちで書き進めています。 先日の記事では、登り窯への火入れまでの様子をご覧いただきました。 詳しくは ...

島酒フェスタ

泡盛 祭り・その他イベント

沖縄県内の泡盛酒造所が大集合!第2回島酒フェスタ

沖縄で生まれた蒸留酒、泡盛。 独特の香りとバリエーション豊かな味わいで、県内で「島酒」として親しまれ、近年は県外、さらに国外にもその認知度を高めつつある沖縄ならではのお酒です。 沖縄県内には、2019年4月現在47の酒造所と2つの組合があります。 沖縄県内のリカーショップや土産物店でも様々な銘柄の泡盛を手に取って試飲することができますし、工場見学などを行っている酒造所もあります。居酒屋で、相性抜群の沖縄料理とともにロックや水割りなどで楽しむのもいいですね。 そんな沖縄の泡盛と酒造所が一堂に会するイベント、 ...

Copyright© 沖縄県の情報サイトWe-Love沖縄 , 2019 All Rights Reserved.