きゅう

言葉、文化、自然、習慣、その他諸々にカルチャーショックと感動を経験しつつ沖縄に住むことかれこれ20年超。 すっかりなじんでいますが、一応九州産の移住者です。長く日常を過ごしているからこそ見える沖縄の素敵なもの、おもしろいものをご紹介していけたらと思っています。 大好物はおいしいもの、歴史を感じるもの、旅行、取材。必要に迫られ、大の苦手だった英会話を勉強中です。

    読谷村やちむんの里・北窯

    歴史・文化

    2020/9/10

    90日間通い続けたライターが伝えたい、沖縄やちむんの里・北窯のこと

    この記事では、沖縄の陶器・やちむんの窯元、読谷山焼北窯(ゆんたんざやき/よみたんやまやき きたがま)についてお伝えします。 新型コロナウイルス感染症の影響により、登り窯や工房周辺への立ち入りが規制されている場合があります。事前に確認の上、ルールとマナーを守ってご見学ください やちむんと聞いて、あなたが真っ先に思い浮かべるのは那覇市壺屋(つぼや)のやちむん通りかもしれません。 ですが、北窯は、那覇空港から北へ車で1時間ほどの読谷村(よみたんそん)、やちむんの里にあります。やちむんのふるさとである壺屋から遠く ...

    ひめゆりの塔

    沖縄戦

    2020/9/4

    沖縄戦を知るはじめの一歩・ひめゆりの塔とひめゆり平和祈念資料館

    こちらの記事では、「ひめゆり学徒隊」にまつわる施設、ひめゆりの塔とひめゆり平和祈念資料館についてお伝えします。那覇空港から車で約40分の糸満市(いとまんし)にある施設ですが、実は、那覇市内にも縁が深いのです。 ディープな沖縄らしさあふれるエリアとして人気の栄町(さかえまち)市場一帯は、「ひめゆり学徒隊」として動員される前まで女学生たちが通ったふたつの学校が建っていた場所。 沖縄の交通の大動脈のひとつである国道330号線も戦前は女学生たちの通学路でした。ゆいレール安里駅付近の「姫百合橋(ひめゆりばし)交差点 ...

    琉球舞踊家・福島千枝さんインタビュー

    移住

    2020/8/18

    導かれるように沖縄へ 琉球舞踊家・福島千枝さん(大阪府出身)

    やってみたいことや夢を叶えるための大切な最初の一歩、あなたはご存知ですか?それは、その夢ややってみたいことを実行し、成功させている先輩方の話を聞くこと。 「沖縄に住んでみたい」と思ったことはないでしょうか。何となく「沖縄で暮らすのもいいなあ」と思っているあなたにも、「〇年後には沖縄に移住する」と準備を進めているあなたにも、先輩たちの体験談はとても役立つものになるはずです。 We-love沖縄では、ご自身の夢や思いを実現しながら、沖縄という土地にしっかりと根を下ろして暮らしている沖縄県外出身の方々にインタビ ...

    iiasアイキャッチ

    ショッピング

    2020/8/18

    未公開部分の情報あり・iias沖縄豊崎(イーアスおきなわとよさき)

    県をまたぐ移動の自粛も解除され、「コロナ禍」がひとまず明けた沖縄で、最初の明るいニュースとなったiias沖縄豊崎(イーアスおきなわとよさき)のグランドオープン。 こちらでは、6月18日のプレオープン時に行われたプレス向けの内覧会と、翌19日のグランドオープンの様子をお届けしながら、どんな施設で、何ができるのかをご紹介したいと思います。 きゅう まだ準備中で立ち入ることのできないエリアの情報や、1歳児を連れて駆けつけてくれたライターの目から見た乳幼児連れ注目のポイントもお伝えしていますので、ぜひご覧ください ...

    沖縄ドライブスルー

    ドライブスルー&ドライブイン

    2020/9/2

    飲食店もお薬もスーパーも。沖縄本島のドライブスルー対応店舗一覧

    新型コロナウイルス感染症が世界中で猛威をふるう中、人との接触を最小限に抑えながら商品を受け取ったり専門店の味を楽しんだりすることができるドライブスルーは日常生活に必要なものへと変わりつつあります。 こちらの記事では、沖縄本島のどこで、どのようなドライブスルーが利用できるかという情報をまとめました。 マクドナルドや吉野家といった全国チェーンでも、ドライブスルーに対応している店舗だけを抜き出しています。また、沖縄だけにある飲食店やファストフード、薬局、スーパーといった飲食以外の店舗の情報もご覧いただけます。 ...

    沖縄本島ドライブイン

    ドライブスルー&ドライブイン

    2020/7/28

    沖縄本島で今も楽しめるアメリカンスタイルのドライブイン一覧

    注文から食事まで車に乗ったまま楽しめるアメリカンスタイルのドライブインを沖縄で利用できること、あなたはご存知ですか。 きゅう アメリカ生まれのファストフード・A&W(エーアンドダブリュ/エンダー)、その流れを汲みながら独自に進化したJEF(ジェフ)がそれにあたります。 また、アメリカ文化の影響と車中心の交通事情から、1972年の沖縄返還(本土復帰)前後の沖縄には、家族連れや軍関係者がドライブ中に気軽に立ち寄れる「ドライブインレストラン」ブームが起こり、数多くの店舗が誕生しました。 その中には、当時 ...

    2020年慰霊の日アイキャッチ

    沖縄戦

    2020/7/11

    沖縄の大切な休日、慰霊(いれい)の日

    6月23日、慰霊の日。 沖縄県の休日であるこの日がどんなものなのか、なぜ6月23日なのか。また、沖縄県内各地で行われる式典の様子も、ひめゆりの塔を中心にお伝えします。 そのほか、「平和の光の柱」などの関連行事の情報も掲載しています。 沖縄の持つ戦争の記憶はとても重いものですが、それだけに、その場に訪れて感じること、心に刻まれるものははかり知れません。 この記事が、沖縄の慰霊の日と戦争の記憶を知っていただく第一歩になれば幸いです。 目次をクリックして読みたい箇所へ飛ぶことも可能です。興味のあるところからぜひ ...

    沖縄美ら海水族館

    特集

    2020/9/2

    新型コロナウイルスにより閉館していた沖縄の施設等の再開情報

    沖縄の新たな新型コロナウイルス感染者確認による施設閉館延長情報 3月31日更新 3/30、沖縄県で新たに新型コロナウイルス感染者1名が確認されました。 また、嘉手納基地でも31日に新たな感染者1名が確認されています。それも含めると、沖縄県関係の感染者は13名を数えることになりました。 3/31に判明 3/30に陽性が判明した嘉手納基地所属アメリカ空軍兵の家族(男性) 年齢や渡航歴、容体などは明かされていませんが、一時的に沖縄を訪れていたということです。感染者の濃厚接触者として移動制限を受け、地元のコミュニ ...

    ダイヤモンド・プリンセス

    特集

    2020/7/11

    沖縄県の新型コロナウイルス感染症関連情報まとめ

    2020年4月16日、緊急事態宣言の対象地域が7都府県から全都道府県へ拡大されました。 新型コロナウイルス感染症の沖縄での発生状況や対策、予防、支援などについて、沖縄県と厚生労働省が提供している情報をとりまとめてお伝えします。 ココがポイント この下にある目次を表示することで各保健所などの情報が早く見つかりますので、ご活用くださいませ。 沖縄県の新型コロナウイルス感染症の発生からの経緯 2月中旬、初の感染者確認 2月14日の1例目、 2月19日の2例目はともにタクシー運転手でダイヤモンドプリンセス号の乗客 ...

    読谷山焼・北窯の登り窯とやちむん作り

    歴史・文化

    2020/3/1

    読谷山焼・北窯の登り窯とやちむん作り 【最終回・総集編】

     前回までのおさらい ついに最終回を迎えた「読谷山焼・北窯の登り窯とやちむん作り」。 数か月にわたって沖縄県読谷村のやちむん(焼きもの/陶器)の里、読谷山焼・北窯にお邪魔して土作りや登り窯の修繕作業などの取材をさせていただいた記録をもとに、沖縄の生活になくてはならない日常の器に隠された物語をお伝えしてきました。 第11回では、登り窯の修理の仕上げとなる空焚き「フチミ」と、色見(イロミ/イルミ:炎の回り具合や窯内部の温度を知るためのテストピース)の取り出し用の穴を開ける作業をご覧いただきました。 読谷山焼・ ...

    読谷山焼・北窯の登り窯とやちむん作り、窯修理編・フチミと色見穴

    歴史・文化

    2020/2/25

    読谷山焼・北窯の登り窯とやちむん作り 【窯修理編・フチミと色見穴】

     前回までのおさらい 窯焚きの様子をお伝えすることから始まった「読谷山焼・北窯の登り窯とやちむん作り」。 数か月にわたって沖縄県読谷村のやちむん(焼きもの/陶器)の里、読谷山焼・北窯にお邪魔して土作りや登り窯の修繕作業などの取材をさせていただいた記録をもとに、沖縄の生活になくてはならない日常の器に隠された物語をお伝えしています。 第10回では、大量の「にんじん」を使って屋根が出来上がるまでをお目にかけました。 読谷山焼・北窯の登り窯とやちむん作り 【窯修理編・屋根作り】 沖縄県の情報サイトWe-Love沖 ...

    歴史・文化

    2020/1/9

    東北と沖縄の伝統芸能の共演「北の魂、南の魂・神楽と組踊」

    2019年に初演300周年を迎えた沖縄の誇る舞台芸術・組踊(くみおどり)。 国立劇場おきなわを中心に、様々な会場で公演が行われていますが、あなたは実際にご覧になったことがあるでしょうか? 沖縄出身の方からも、「あまり縁がない」「子どもの頃見て、言葉がわからず寝てしまった」といった声も聞かれます。長く沖縄に住んでいたにもかかわらず、私も恥ずかしながら組踊をしっかりと鑑賞したことがありませんでした。 これからご紹介する「北の魂、南の魂―神楽と組踊―」という舞台が、組踊との初めての出会い。そこには、これまで一度 ...

    2019空手の日記念演武祭_1_約2100人参加

    歴史・文化

    2019/12/29

    2019年空手の日・記念演武祭

    194か国1億3000万人の愛好家がいるとされる空手。その発祥の地・沖縄では、「空手」という表記が公式に定められた10月25日を、奥深い意義と魅力を持つ空手の発展と世界の平和と人々の幸福に貢献するという願いを込め「空手の日」が制定されました。 この日には世界へ沖縄発祥の空手の魅力を発信するため、例年イベントが開催されています。 2019年空手の日・奉納演武 沖縄県の情報サイトWe-Love沖縄2019年空手の日・奉納演武https://we-love.okinawa/hounouenbu-karateno ...

    読谷山焼・北窯の登り窯とやちむん作り、窯修理編・フチミと色見穴

    歴史・文化

    2019/12/29

    読谷山焼・北窯の登り窯とやちむん作り 【窯修理編・屋根作り】

    前回までのおさらい 窯焚きの様子をお伝えすることから始まった「読谷山焼・北窯の登り窯とやちむん作り」。 数か月にわたって沖縄県読谷村のやちむん(焼きもの/陶器)の里、読谷山焼・北窯にお邪魔して土作りや登り窯の修繕作業などの取材をさせていただいた記録をもとに、沖縄の生活になくてはならない日常の器に隠された物語をお伝えしています。 今回は節目の第10回。ここまでおつきあいいただき、本当にありがとうございます。 第9回でお目にかけたのは、狭間(さま)と呼ばれる炎の通り道を備えた登り窯の袋(ふくろ/焼成室)を仕切 ...

    北窯壁作り_1_Yomitan-Yatimun

    歴史・文化

    2019/12/23

    読谷山焼・北窯の登り窯とやちむん作り【窯修理編・壁の構築】

    前回までのおさらい 第9回となった「読谷山焼・北窯の登り窯とやちむん作り」。 数か月にわたって沖縄県読谷村のやちむん(焼きもの/陶器)の里、読谷山焼・北窯にお邪魔して土作りや登り窯の修繕作業などの取材をさせていただいた記録をもとに、沖縄の生活になくてはならない日常の器に隠された物語をお伝えしています。 第8回では、本格的に登り窯の修理が開始。窯の屋根を作る際に必要な「にんじん」作りの様子、窯の壁の基礎となるレンガを敷く様子をお伝えしました。 詳しくはこちら 読谷山焼・北窯の登り窯とやちむん作り【 窯修理編 ...

    北窯基礎・にんじん作り_1

    歴史・文化

    2019/12/23

    読谷山焼・北窯の登り窯とやちむん作り【 窯修理編・基礎部分と「にんじん」作り】

    前回までのおさらい 「読谷山焼・北窯の登り窯とやちむん作り」も第8回。数か月にわたって沖縄県読谷村のやちむん(焼きもの/陶器)の里、読谷山焼・北窯にお邪魔して土作りや登り窯の修繕作業などの取材をさせていただいた記録をもとに、沖縄の生活になくてはならない日常の器に隠された物語をお伝えしています。 窯修理編に突入した第7回の記事では、登り窯の修繕に先立つ解体の様子をお伝えしました。 ほとんど人力、徹底して無駄を出さない方法で行われる北窯ならではの作業、未見の方はぜひこちらからご一読ください。 詳しくはこちら ...

    2019空手の日奉納演武集合写真

    歴史・文化

    2019/12/20

    2019年空手の日・奉納演武

    開催まで1年を切った2020年東京オリンピック。その正式種目となった沖縄発祥の空手は、沖縄出身の喜友名諒選手(劉衛流)をはじめとする日本人選手の活躍が期待されています。 沖縄県は2018年3月に「沖縄空手振興ビジョン」を策定して保存・継承・発展に力を注いでおり、今後も様々な取り組みが進められていくようです。 2005年に「空手の日」と定められた10月25日と直後の日曜日、沖縄では、世界へ沖縄発祥の空手の魅力を発信するためのイベントの開催が恒例となっています。今年も10月25日に沖縄空手会館での奉納演武、1 ...

    北窯解体_ 読谷_やちむん

    歴史・文化

    2019/12/3

    読谷山焼・北窯の登り窯とやちむん作り 【窯修理編・解体】

    前回までのおさらい 「読谷山焼・北窯の登り窯とやちむん作り」も今回で第7回となりました。数か月にわたって沖縄県読谷村のやちむん(焼きもの/陶器)の里、読谷山焼・北窯にお邪魔して土作りや登り窯の修繕作業などの取材をさせていただいた記録をもとに、沖縄の生活になくてはならない日常の器に隠された物語をお伝えしています。 第6回の記事では、やちむんのもととなる粘土・陶土(とうど)作りの中でも一、二を争う重労働、「土出し」と呼ばれる作業の様子をご覧いただきました。赤茶色の泥の海に腰まで浸かっての作業。まだの方はこちら ...

    泡盛まさひろ瓶踊り

    工場見学

    2020/4/20

    泡盛じょーぐー(泡盛好き)必見!まさひろ酒造のギャラリー・工場見学

    あなたは「瓶踊り」をご存知ですか?頭の上に泡盛の一升瓶をひょいと乗せ、フォーメーションを組んで自由自在に踊りだす・・・。彼らはダンスチームではなく、泡盛まさひろ酒造の従業員の皆さん。 毎年開催される「泡盛まさひろ酒造祭り」をはじめ、与那原大綱曳など様々な場所で披露され、観客から拍手喝采を浴びています。 そんな瓶踊りで有名なまさひろ酒造に、We Love沖縄公式サポーター・あゆかと一緒にお邪魔してきましたよ。試飲や工場・泡盛ギャラリーの見学に、初めての瓶踊りにも挑戦しました!ぜひ最後までご覧ください。 まさ ...

    読谷山焼・北窯の登り窯とやちむん作り【土づくり編・土出し・仕上げ】

    歴史・文化

    2019/8/30

    読谷山焼・北窯の登り窯とやちむん作り【土づくり編・土出し・仕上げ】

    前回までのおさらい 第6回となった「読谷山焼・北窯の登り窯とやちむん作り」。数か月にわたって沖縄県読谷村のやちむん(焼きもの/陶器)の里、読谷山焼・北窯にお邪魔して土作りや登り窯の修繕作業などの取材をさせていただいた記録をもとに、沖縄の生活になくてはならない日常の器に隠された物語をお伝えしています。 第5回の記事では、やちむんのもととなる粘土・陶土(とうど)づくりの第二段階、水簸(すいひ)後の乾燥の模様をご覧いただきました。太陽と瓦の性質を利用した、沖縄ならではの風土が生んだ乾燥の方法。お楽しみいただけて ...

    © 2020 We-Love.okinawa