沖縄在住の沖縄好きがお届けするガイドブックにも載っていないコアな沖縄情報をお届けします。沖縄で遊ぶならWe-Love沖縄をチェック!

沖縄県の情報サイトWe-Love沖縄

那覇市

津波古酒造場

泡盛

熟成にこだわり最高の古酒を作り上げる津波古酒造(つはこしゅぞう)(那覇市・なはし)

沖縄のお土産にもよく選ばれる泡盛ですが、泡盛は寝かせることによってより美味しいものになるということはご存知ですか?泡盛を買う時には同じものを2本買い、ひとつは飲んでしまいまっても残るひとつは飲まずに大事にとっておき、何年か経ってから飲んでみると味がまろやかに、より美味しくなっているのだそうです。 そうやって3年以上寝かせた泡盛のことを古酒(こしゅ・ウチナーグチ(沖縄の方言)ではクースー)というのですが、いかに美味しい古酒にすることができるかを追求している酒造が那覇市に蔵を構える津波古酒造(つはこしゅぞう) ...

宮里酒造

泡盛

良質な酒にこだわり「幻の酒」と評される宮里酒造所(みやさとしゅぞうしょ)の泡盛(那覇市・なはし)

数多く存在する泡盛の中でも「幻の酒」と呼ばれる酒がここ宮里酒造所の泡盛です。一時は市場から消え、そして再び世間で飲まれるようになった宮里酒造所の泡盛は、創業当時と変わらない伝統の味でした。泡盛通も絶賛する宮里酒造所の味の魅力とはいったいなんなのか?お伝えします。 歴史・幻の酒と言われる由縁 那覇市小禄の住宅街の一角に、赤い屋根瓦がトレードマークの宮里酒造所があります。1946年(昭和21年)創業した宮里酒造所は、酒は生産量よりも質が大事とし、先代より手作業での泡盛づくりにこだわってきました。 1975年( ...

那覇久米仙

泡盛

泡盛の進化を追い求める那覇久米仙酒造(那覇市・なはし)

泡盛好きな方なら恐らく多くの人が思う、「泡盛をもっと周りの人にもおすすめしたい」ということ。私もその中のひとりです。 しかし、普段からお酒を飲んでいる人でも泡盛にはなかなか手が出せない人が多いようです。そういった方には、カジュアルな泡盛を試してみるのはいかがでしょうか? 沖縄県那覇市にある久米仙酒造は、泡盛文化の伝統を守りながらも日々泡盛の可能性を引き出す研究をしており、泡盛好きな方はもちろん、泡盛初心者や女性にも人気のある酒造です。 歴史・泡盛の新たな可能性を追求する酒造 久米島出身の創業者が那覇市で1 ...

識名酒造

泡盛

門外不出の製法で昔ながらの良質な泡盛づくりをする識名酒造(しきなしゅぞう)(那覇市・なはし)

3年以上寝かせた泡盛は古酒(クースー・こしゅ)と呼ばれていますが、泡盛の一番古く現存する古酒が何年ものかご存知ですか? 泡盛自体は600年もの歴史をもつのに、お店などでよく見る古酒は12年ものや20年もの、長くて30年ものなどが主流です。 これは先の沖縄戦によって貴重な古酒は酒造もろとも破壊されてしまったからなのです。しかし、その中で奇跡的に無傷で残り、現在でも大事に保管されている150年古酒が識名酒造にあります。その貴重な古酒を持つ識名酒造は、古くからの伝統を守りつつ、新たな手法などで前進しています。 ...

咲元酒造

泡盛

首里で伝統の味を守り続ける咲元酒造・泡盛ファンの心を掴む香り(那覇市・なはし)

泡盛の魅力は、その味もさることながら、香りも楽しむことが出来るお酒です。泡盛本体の味と香りを引き出すために手間暇をかけ、手作りで泡盛を育てることにこだわっているのが沖縄県那覇市の咲元酒造です。 咲元酒造の2代目は戦後の混乱の中、変わり果てた荒野の中で偶然見つけ出したあるものによって、泡盛文化再興への奇跡を起こしました。泡盛の伝統と文化を守っていきたいという思いで手作りにこだわるのは、その並々ならぬ体験があってこそのものなのかもしれません。 歴史・奇跡が生んだ泡盛ヒストリー 110年以上泡盛の伝統の味を守り ...

瑞泉酒造

泡盛

首里で創業130年・泡盛の伝統と文化を引き継ぐ瑞泉酒造(那覇市・なはし)

沖縄の那覇市で人気のある観光地と言えば首里城ですが、首里城の付近には、長い歴史を持つ泡盛の老舗があることをご存知ですか? 首里には昔から泡盛づくりが盛んだった首里三箇という町があって、鳥堀、崎山、赤田のことを言います。 その首里三箇のひとつである崎山の土地で創業130年を誇る老舗が瑞泉酒造です。戦前に使用していた黒麹菌を使用した、口当たりのなめらかな泡盛は絶品です。首里城観光のあとにこういった酒造を訪ねて、歴史ある泡盛の風味を味わってみてはいかがでしょうか? 歴史・奇跡的に残っていた黒麹菌で伝統の泡盛が復 ...

居酒屋はな

居酒屋・BAR

気さくなオーナーの居る居酒屋「はな」をおすすめする8つのポイント(那覇市・なはし)

沖縄で居酒屋さんというと、本土から来た人の多くは国際通りをイメージしがちかと思いますが、実際には各地に隠れた名店が点在しています。また、観光客相手だと、商売が難しいエリアにこそ地元の人に愛されている名店がある。と私は考えています。 幸い沖縄県は代行運転が本土よりかなりリーズナブルで活用できるので、居酒屋でも多少中心地から離れていても楽しめるのでレンタカーの方も安心してお酒を飲めます。 ですので、是非このような名店に足を運んでいただきたいと思います。 今日は、那覇市山下町(ゆいレール奥武山公園駅)という中心 ...

オルカ号

アクティビティー・体験

那覇港発・大型水中観光船オルカ号で沖縄の海の中をのぞいて見た!

今回は、沖縄へ到着したその足で、または沖縄旅行の最終日に気軽に行ける観光スポットの紹介です。 那覇空港から車で約15分の場所にある那覇港から水中観光船が出港していて、船底のパノラマのガラス窓から沖縄の海の中を見ることが出来るんです。 しかも、出港してからわずか15分の場所で海の中をのぞくことが出来るということで、以前からずっと気になっていたんです。今日は天気が良さそうだったので、癒しを求めて参加してみることにしました。 那覇ふ頭船客待合所へ 集合場所は那覇港にある「那覇ふ頭船客待合所」です。中に入って左手 ...

hanafesu

祭り・その他イベント

おきなわ花と食のフェスティバル2017(那覇市・なはし)

大阪から那覇に移住してまだ間もないので、沖縄を知るということも含め、「おきなわ花と食のフェスティバル」に行って来ました。場所はもうすぐジャイアンツがキャンプをする那覇セルラースタジアムがある奥武山公園。 「おきなわ花と食のフェスティバル」は毎年2月上旬に開催されるそうですので、少し長く沖縄に滞在すると、キャンプと両方見ることができるかも?しれません。 このイベントは、県産の農林水産物が数多く集まり、生産者と消費者との架け橋としての役割をもっています。沖縄の食べ物が好きな私ですが、日常生活の中では味わえるこ ...

kokusaidoori-yataimura1

居酒屋・BAR

国際通り屋台村は冬でも熱い!国際通り屋台村リポート(那覇市・なはし)

国際通り屋台村は、2015年6月にオープンした屋台が立ち並ぶ国際通り沿いにある飲食街です。 屋台といっても、しっかりした建物があり店内と屋外にテーブルと椅子が用意されているので、一般的に考えられる屋台とは違い屋台が不得意な方でも安心して飲食できるところです。 また、お店は現在20店舗あり、それぞれが個性豊かな料理を提供してくれます。雨の際にも店内で食事ができるお店がほとんどなので安心です。 今日はそんな国際通り屋台村リポートをお届けします。 屋台村ってどんな場所? 国際通り屋台村は、飲食店がコンパクトにズ ...

sueyosiguu

パワースポット

【琉球八社】那覇市内が一望できる末吉宮(すえよしぐう)(那覇市・なはし)

末吉宮は、琉球王府が示した琉球八社のうちの一社です。場所は、首里城の北にある末吉公園の北端にあります。 公園内でも小高い山の上のような場所にあり、お参りするのに少々体力の必要なかもしれません。しかし、見事な石門の上に建てられた本殿の姿は一見の価値あり。石段の上に朱色の本殿は、県指定の有形文化財にもなっています。 本殿の上からは那覇市内も一望できる、末吉宮をご紹介します。 【どういうところ?】アーチ型の石門の上に建てられた琉球王朝の守り神 時の琉球王・尚泰久王時代に、首里の天界寺というお寺の鶴翁和尚が、御神 ...

shikinaguu

パワースポット

【琉球八社】願いが叶う伝説が残る・識名宮(しきなぐう)(那覇市・なはし)

識名宮は、琉球八社とよばれる琉球王府が特別に示した8つの神社のうちの一社にあたる神社です。 場所は、首里城と共に世界遺産に含まれている「識名園」の近くにあります。 規模は小さな神社ですが、少し長めの参道を抜けると、緑の芝の上に、新築の拝殿が現れます。 2013年に建て直された(遷宮された)ばかりの拝殿は、手入れが行き届いて綺麗な境内の中にあり、地元の方の信仰ある様子がわかります。 そしてその由来には、何やら不思議な伝説・・・。 その伝説も含めて、識名宮、ご紹介していきます。 【どういうところ?】願いをかな ...

asatohachiman

パワースポット

【琉球八社】勝負の神様・安里八幡宮(あさとはちまんぐう)(那覇市・なはし)

琉球八社、今回は那覇市内の住宅街の中にある、安里八幡宮(あさとはちまんぐう)です。 高層マンションをバックに、保育園の中にあるという安里八幡宮。 そもそもの由縁は、ご利益である必勝祈願や勝負運に通じる力強いものなのですが、保育園のなかにあるユニークな立地に、なにかほっこりとした優しい雰囲気も兼ね備えています。 朱色の拝殿の奥には高層マンションがそびえたつ、ユニークな景観、安里八幡宮をご紹介します。 【どういうところ?】勝負事に幸先の良い場所 琉球八社のひとつである安里八幡宮は、時の王、第六代尚徳王が、国運 ...

amekuguu

パワースポット

【琉球八社】弁財天が舞い降りた天久宮(あめくぐう)(那覇市・なはし)

琉球八社のうち、初詣に人気の2神社(波上宮と沖の宮)をご紹介したので、勢いに乗って琉球八社をご紹介していきたいと思います。 琉球八社の三社目は、他の二社と同じく那覇市内にある天久宮(あめくぐう)のご紹介です。 聖現寺(しょうげんじ)というお寺の境内にひっそりとある天久宮。 目印になる赤い鳥居をくぐらずに、地下へと潜るように階段を下りていくと、本殿があらわれます。足を踏み入れるのに少し勇気が要りますが、実は地下三階建てのユニークな構造を持つお宮です。 弁財天様があらわれて祀ったのが始まりという天女伝説を由来 ...

okinoguu

パワースポット

プロ野球選手も参拝するパワースポット・沖宮(おきのぐう)(那覇市・なはし)

沖縄の祈りの場といえば御嶽(うたき)が有名ですが、沖縄には神社もあります。 中でも、琉球王府が特別に「琉球八社の制」とした8つの神社「沖宮・波上宮・天久宮・安里八幡宮・識名宮・末吉宮・普天満宮・金武宮」は琉球八社と呼ばれ、パワースポットとしても知られています。 観光スポットが豊富な沖縄で、琉球八社はガイドブックにも取り上げられることの少ない場所なのですが、実は知る人ぞ知るパワースポット。 今回は、スポーツ選手の参拝や、地元の初詣でも、波上宮と並んで人気のある「沖宮(おきのぐう)」をご紹介します。 【どうい ...

首里城

世界遺産

沖縄を代表する琉球王国のシンボル・首里城(しゅりじょう)(那覇市・なはし)

ほとんどの人が一度は目にしたことがある朱色に輝く正殿の姿。琉球王国のシンボル、首里城のものです。 首里城は、約450年にわたり繁栄した琉球王国の中心部であり、沖縄を代表するスポットとしても有名です。 過去4度の焼失がありましたが1992年に復元され、2000年には日本で11番目の世界遺産に登録されました。 We-Love沖縄では、過去数回に渡って、かな~り詳しく首里城をレポートしてきましたが、今回はコンパクトに、首里城ってどんなところ?をご紹介します。 【どういうところ?】沖縄の人気観光スポットであり、琉 ...

波上宮

パワースポット

琉球八社・最西端、波上宮(なみのうえぐう)と波の上ビーチ(那覇市・なはし)

ゆいレール県庁前駅から、国際通りとは反対側に歩いていくこと約20分。那覇市の泳げるビーチ「波の上ビーチ」、そして「波上宮」という神社が出現します。 沖縄の名だたるビーチの中ではこじんまりとしていますが、ここの魅力は市街地からの驚きの近さ。那覇市でも数少ない泳げるビーチゆえに、地元の方の憩いの場としても愛されているビーチです。 そのビーチを見守るように建つ波上宮は、沖縄総鎮守。海に突き出るように小高い崖の上に立つお宮は、シーサーがお出迎えしてくれます。 那覇空港からも車で15分。時間が空いた時にひょいと行け ...

heiwa-street

ショッピング

ディープ&レトロな沖縄がここに!平和通り商店街(那覇市・なはし)

国際通りの真ん中あたりに3本続くアーケード街のうちでも人気の高い、平和通り商店街をご紹介します。 お土産物も、地元のおばぁ達の愛する洋服屋も、お惣菜屋さんも、飲み屋さんも、一緒になって建ち並ぶこの通りは、レトロな沖縄が香る商店街。 通りの名前は、入り口付近にあった映画館の名前から名付けられたそうですが、名前通りの空気感漂う素敵な通りです。 国際通りから壺屋入口、そして第一牧志公設市場周辺から浮島通りまでの全長416m。そぞろ歩きが楽しい商店街です。 【どういうところ?】沖縄を代表するアーケード街 国際通り ...

Copyright© 沖縄県の情報サイトWe-Love沖縄 , 2019 All Rights Reserved.