asatohachiman

https://we-love.okinawa

歴史・文化

【琉球八社】勝負の神様・安里八幡宮(あさとはちまんぐう)(那覇市・なはし)

執筆者 : せっきぃ

琉球八社、今回は那覇市内の住宅街の中にある、安里八幡宮(あさとはちまんぐう)です。

高層マンションをバックに、保育園の中にあるという安里八幡宮。

そもそもの由縁は、ご利益である必勝祈願や勝負運に通じる力強いものなのですが、保育園のなかにあるユニークな立地に、なにかほっこりとした優しい雰囲気も兼ね備えています。

朱色の拝殿の奥には高層マンションがそびえたつ、ユニークな景観、安里八幡宮をご紹介します。

【どういうところ?】勝負事に幸先の良い場所

ryukyuhassya-asatohachiman

琉球八社のひとつである安里八幡宮は、時の王、第六代尚徳王が、国運をかけて弓矢を放った場所。

その矢は一矢で鳥を射、それが発端となって、喜界島(現在は鹿児島県の離島)を平定したそうで、縁起を祝してこの地に安里八幡宮が建てられました。

勝負事には幸先の良さそうと感じられるこのお宮のご利益は、やはり必勝祈願、勝負運、そして子宝と子孫繁栄、夫婦和合だそうです。

子孫繁栄の御利益は、日本全国にある八幡さまと同じ御祭神である応神天皇、神功皇后、玉依姫命の三神が、家族神として、夫婦和合、子孫繁栄、子宝などの御利益がある背景からの由来のようです。

【何ができる?】景観がユニークな安里八幡宮

asatohachiman

高層マンションを望む拝殿に拝みおわったら、そこでくるりと振り向いてみてください。ちょっと小高い山に登ったような景色が望めます。その景色の中には保育園の遊ぶ遊具がならび、子供達が遊んでいることも。

由来は勝負にまつわるので力強い感じがしますが、現在の景観はユニーク。子供達とともにほっこりするような感じです。子宝のご利益の方がパワーありそう?!

施設情報

施設名

安里八幡宮

住所

〒902-0067  沖縄県那覇市安里3丁目19−14

電話番号

098-868-3697(波上宮社務所)

営業時間

特になし

定休日

年中無休

入場料

無料

クーポン・割引

なし

所要時間

1時間

施設設備

拝殿

アクセス

【車】

那覇空港から車で15~20分

【ゆいレール】

ゆいレール「安里駅」 より徒歩5分

「おもろまち駅」からも行けます。

カーナビ設定

MAPCODEがありませんでした。

住所「沖縄県那覇市安里3丁目19−14」にて検索ください。

駐車場

無し。近隣のコインパーキングをご利用ください。

地図

ストリートビューで見る

観光のポイント

御朱印帳をご希望の方は、波上宮で対応してくれるそうなので、波上宮で聞いてみてください。

詳しくはこちら

▶ 琉球八社・最西端、波上宮(なみのうえぐう)と波の上ビーチ(那覇市・なはし)

拝殿の柱に掘られた龍の文様が素敵です。

まとめ

曲がりくねった道の多い住宅街の中にある安里八幡宮。現代と琉球が共存しているような場所がなんとも面白いです。現在は住宅密集地ですが、時に国王が参じた幸いの土地。拝殿の上から、琉球の王が弓矢を掛けたように、お願い事を放ってみてはいかがでしょうか。

琉球八社巡りはこちらから
▶ 沖縄パワースポット琉球八社巡り

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

せっきぃ

朝活で毎週セルフダイビングを妻と二人でする根っからのダイビング好きです。PADIのダイブマスターでもちろん、記事に写真を掲載したりする従事者なので潜水士資格もあります。

遊びの第一の目的は安全ということをモットーに沖縄での海遊びについても書いていこうと思います。

また、東京出身のナイチャーなのでその視点を活かし、沖縄県民が当たり前と思っている沖縄の良い所を取り上げたいと思います。特にグルメリポートやレシピ、遊び全般…歴史、などなど、そんな感じで!

そして、沖縄生まれ沖縄育ちの妻と結婚し完全永住することになりましたので、移住、永住についても書いていきます。ゆたしく、うにげーさびらー。

趣味はダイビング・シュノーケリングと仕事です。

-歴史・文化
-