沖縄在住の沖縄好きがお届けするガイドブックにも載っていないコアな沖縄情報をお届けします。沖縄で遊ぶならWe-Love沖縄をチェック!

沖縄県の情報サイトWe-Love沖縄

読谷山焼・北窯の登り窯とやちむん作り【土づくり編・土出し・仕上げ】

https://we-love.okinawa

歴史・文化

読谷山焼・北窯の登り窯とやちむん作り【土づくり編・土出し・仕上げ】

前回までのおさらい

第6回となった「読谷山焼・北窯の登り窯とやちむん作り」。数か月にわたって沖縄県読谷村のやちむん(焼きもの/陶器)の里、読谷山焼・北窯にお邪魔して土作りや登り窯の修繕作業などの取材をさせていただいた記録をもとに、沖縄の生活になくてはならない日常の器に隠された物語をお伝えしています。

第5回の記事では、やちむんのもととなる粘土・陶土(とうど)づくりの第二段階、水簸(すいひ)後の乾燥の模様をご覧いただきました。太陽と瓦の性質を利用した、沖縄ならではの風土が生んだ乾燥の方法。お楽しみいただけていましたら幸いです。

詳しくはこちら

今回は、前回お伝えできなかった「土出し」と呼ばれる作業と、その後の仕上げの様子をまとめました。水簸に勝るとも劣らない重労働、水簸以上に土にまみれながらの作業。数時間の短期決戦、どうぞご覧ください。

準備

ほうきとちりとり、バケツが用意された広場では、中央と右手にある槽の覆いを取り、中に残っている土を取り除く作業が始められました。

ほうきとちりとりバケツを用意

土はすべてきれいに取り出されバケツの中へ

乾燥しきってパリパリの状態になっているものも、底に残ったまだ水分を含んだものも、すべてきれいに取り出され、バケツの中へ。この土はまた攪拌を行う槽の中に戻され、再利用されます。

土出し

ほうきで丁寧に土出し

丁寧に土出し

手作業で土出し

土を撹拌する水槽に戻す

一方、水簸後の土が入った槽では、ポンプで上澄みを汲み上げていました。

ポンプで上澄みを汲み上げ

水簸後の土が入った槽

蓋を開けると、沈殿していた赤茶色のきめ細かな土が姿を現します。

蓋を開ける

赤茶色のきめ細かな土

そこへ幅の広い滑り台のような道具が運ばれて設置されました。

幅の広い滑り台のような道具

幅の広い滑り台のような道具

幅の広い滑り台のような道具

幅の広い滑り台のような道具

不純物を取り除き、土の層を均一にする

長靴から胸当てまでがひとつなぎになった作業着(「cなどと呼ばれる、渓流釣りや水田での作業など腰まで水につかるような作業のための防水素材で作られたアイテム)に着替えた陶工たちが、次々と土の海の中へ!いよいよ土出しの始まりです。

チェストハイウェーダー・胴長靴

土出し

土出し

ねっとりとまとわりつく土の海の中を、大きな歩幅で膝を持ち上げるようにして歩く陶工たち。

土出し

上の方には水分が多く、下に行けば行くほど粘度が高くなっているため、攪拌して均一に近づけているそうです。ざるで表面に浮いた不純物なども取り除きながら、15分ほどこの作業が続けられました。

攪拌

不純物取り除き

バケツで汲み出し、乾燥用の槽へ流し込む

攪拌作業が終わると、陶工たちがバケツを手に土を汲み出し、先ほどの滑り台状の道具を使って乾燥用の槽へ移していきます。木製スクレイパーで台に残った土を流すのは脇についている陶工の役目。

土出し

土出し作業

土出し作業続き

土出し作業

土出し作業

流し込まれた土は、両側に紐をつけた角材を移動させることで槽の中に均一にならされていきます。

土出し終盤へ

土出し手作業

土出し手作業電力や機械は一切使わない作業。

底に近づくにつれ、土は粘度を増してますます重く、流れにくくなっていくのが見ているだけでもわかるようでした。また、バケツで汲み上げられない量に減ってくると、奥から手前へ土を集めてくる作業も加わります。

土出し手作業

バケツで土出し作業

バケツでできない土出し作業

土出し、大詰め

土出し作業大詰め

時折水分補給を兼ねた休憩や役割交代をはさみつつ、1時間半ほどで土の海だった槽はこの状態に。

土出し作業、あと少しで終わり

乾燥用の槽にはなみなみと土がたたえられています。

土を乾燥用させる槽

土を乾燥させるための槽

壁面や底に残った土はちりとりや手で丁寧に集め、バケツに入れて直接運びます。槽の中に残された陶工たちの手の軌跡。限界まで土を集めた様子がおわかりいただけるでしょうか。

土をかき集める陶工たち

土をかき集める陶工たち

 

土出しの終わった槽

土出しの終わった槽土出しの終わった槽

乾燥・保存を経て、土練機(どれんき)へ

使われた道具や作業着は水簸場(すいひじょう)で洗います。無駄を出さない方法は水簸の時と同様です。

道具の洗浄水簸場で洗浄

土出し道具の洗浄

土出し道具の洗浄をする陶工たち道具の洗浄この後、前回の記事でお伝えした乾燥・保存の過程を経て、北窯の土づくりで初めて機械で行う作業が登場します。

土練機は、漢字の意味そのままに土を練る機械。むらをなくし均一に練るため、3回ほどは土練機を通すそうです。最後には土の中の空気を抜くため(空気が残っていると焼成の際に膨張して割れやひびの原因になるそうです)真空土練機にかけ、各工房へ。

土練機

土練機

土練機

土練機で出来上がった土

陶工の手で菊練り(きくねり/陶土の中の空気を抜き、粒子を一定の回転方向に向けて作品を作りやすくする土練り作業。菊の花びらのような模様ができることからこう呼ばれます)という最終段階を経て、ようやく陶土として完成します。

おわりに

土出し

土出し作業

土出し

土出しの様子、いかがだったでしょうか。

底に近づけば近づくほど密度が増し、汲み上げるバケツや道具、陶工たちの体にまとわりついていく土。水簸以上に、見ているだけなのが申し訳なく感じる作業です。みるみる土の色一色に染まっていく世界をカメラのファインダー越しに眺めながら、こんな過程の上に生まれるやちむんが受け継がれていること、それを日常生活で使えることの豊かさを改めて感じました。

これだけの作業が、準備と後片付けを含め何と約2時間で終了してしまうことにも驚くばかり。陶工たちのチームワークと集中力、モチベーションの高さには本当に頭の下がる思いです。

次回からは窯修理編へ。なかなか見ることのできない大規模な登り窯の修理の様子を7回にわたってまとめます。登り窯はどのように作られるのか、また、内部構造はどうなっているのか。袋と袋を仕切る壁、屋根のアーチの組み方まで、一からお目にかけたいと思います。どうぞお楽しみに。

週刊おきなわマガジン
毎週、沖縄県の情報をご紹介する「週刊 おきなわマガジン」創刊しました。サイトでは書けないウラ情報を満載します。是非、読者登録してくださいね!
We-Love沖縄公式LINE@

「We-Love沖縄公式LINE@」はじめました!こちらでも定期的に情報提供をしています。是非お友達に追加してくださいね!
スマホで読んでいる方はこちらから追加してください。
↓↓↓
友だち追加
YouTubeチャンネル
毎週、沖縄県の情報を動画でご紹介するWe-Love沖縄公式YouTubeチャンネルをはじめました。サイトだけでは伝えきれないことなどを動画でお伝えします。是非チャンネル登録してくださいね!
↓↓↓
youtube
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
きゅう

きゅう

言葉、文化、自然、習慣、その他諸々にカルチャーショックと感動を経験しつつ沖縄に住むことかれこれ20年超。すっかりなじんでいますが、一応九州産の移住者です。長く日常を過ごしているからこそ見える沖縄の素敵なもの、おもしろいものをご紹介していけたらと思っています。大好物はおいしいもの、歴史を感じるもの、旅行、取材。必要に迫られ、大の苦手だった英会話を勉強中です。

-歴史・文化
-,

Copyright© 沖縄県の情報サイトWe-Love沖縄 , 2019 All Rights Reserved.