沖縄在住の沖縄好きがお届けするガイドブックにも載っていないコアな沖縄情報をお届けします。沖縄で遊ぶならWe-Love沖縄をチェック!

沖縄県の情報サイトWe-Love沖縄

マリンレジャー

マリンレジャーについての記事を紹介しています。

おすすめ記事一覧

久高島 1

神の島・久高島、「ケラマブルー」で世界に知られる慶良間諸島、沖縄の原風景を残す渡名喜島・・・いずれも、沖縄本島からフェリーや高速船で日帰りでも楽しめる島々です。 今回は離島の船旅、特に1Dayトリップ ...

ニャティア洞入り口 2

国内有数の観光地として大人気の沖縄。美ら海水族館、首里城、国際通り、きれいなビーチ・・・有名スポットはもちろんですが、沖縄で見られる景色や体験できることは本当にたくさん。何があるの?何ができるの?を集 ...

marina

マリンレジャー 祭り・その他イベント

与那原マリーナ祭り(与那原町・よなばるちょう)

突然ですが、皆さんはマリーナに行ったことはありますか?ヨットやボートのオーナーでもない限り、なかなか縁がないという方がほとんどではないでしょうか。私もその一人で、いつも車で通りかかっては「海と船って本当に絵になる風景だなあ」と感心するばかりでした。 そんなマリーナで、お祭りが・・・しかも、普段は立ち入り禁止のセキュリティゾーンに入れるというおまけつき。釣り大会もあって花火も上がる。これは行かなければ!!ということで、与那原マリーナ祭りに行ってまいりましたリポートをお届けします。 タップすると大きくなります ...

渡嘉敷島・阿波連ビーチ

シューノーケリング

これがケラマブルーの海・半日シュノーケルツアーで気軽に感動体験!

沖縄へ移住してきて4か月、初めての梅雨を体験中です。ところが梅雨入り当初の嵐はどこへやら、梅雨の晴れ間でここ数日はカラッとした良いお天気です。このギラギラした太陽を見ていたら、突然「シュノーケルしたい!」という発作が… 翌日の半日シュノーケルツアーを予約してしまいました。 「日程に余裕のない旅行だから無理かも」「シュノーケルに挑戦したいけど、初めてだからちょっと不安」と諦めてしまってはいませんか?シュノーケルを体験できるツアーは色々ありますが、本島周辺の離島で手軽に半日シュノーケルを楽しむこともできます。 ...

与那国島海底遺跡

ダイビング

今も謎続行中・与那国島海底地形(よなぐにじま かいていちけい)(与那国島・よなぐにじま)

日本最西端の島、与那国島。石垣島から飛行機で約35分の場所に浮かぶ、周囲約30kmの小さな島です。 この島で人気のスポットとなっているのが「謎の海底遺跡」と呼ばれる「与那国島 海底地形」。 海の底に、遺跡?と思われるような部分が見られる大きな岩の地盤があり、これが人工物か、天然物かで活発な議論が行われています。 ロマンを掻き立ててやまないスポット、与那国島海底地形をご紹介します。 【どういうところ?】地元ダイバーが発見、今でも議論されている謎の海底地形 与那国島の南部、水深10~15mほどの場所にみられる ...

ゴールデンウィーク

マリンレジャー

沖縄のゴールデンウィークの気温は?海水浴は?何を着ていけば?

2017年、今年もゴールデンウィークの時期がやってきました。4/29~5/7まで、長い方で最大9日間のお休みの方もいらっしゃる様ですね。 毎年沖縄にも多くの方が訪れており、今年の計画を立てている方も多いのではないでしょうか? そんな皆様が気になるのが、沖縄にどんな服装で行こうかな・・・?いざ向こうといっても、海に入れるのかな?と言ったことじゃないでしょうか? 今回はGW(ゴールデンウィーク)シーズンの沖縄の気温や海水浴などに関する情報をお届けいたします。 沖縄のゴールデンウィーク・例年の平均気温 東京など ...

ウミガメ

シューノーケリング

宮古島で人気のアクティビティ・シュノーケリング入門

宮古島の人気マリンアクティビティのひとつ、シュノーケリング。 興味はあるものの、道具をそろえたり、どこのビーチに潜ればよいのか分からない…など、敷居が高いと感じていらっしゃる方も多いのではないでしょうか? そこで、シュノーケリングのはじめ方と宮古島のおすすめエントリーポイントをご紹介します。 シュノーケリングに必要な道具 水着 フィン(足ひれ) ゴーグル スノーケル ラッシュガード まず、1の水着は海に入るのですから当たり前ですね。ちなみに、どんな水着でも問題ありません。 そして、2~4がいわゆるシュノー ...

青の洞窟 手

シューノーケリング

神秘の青に包まれる大人気スポット・青の洞窟(恩納村・おんなそん)

日本の中にはたくさんの「青の洞窟」がありますが、沖縄中部、恩納村・真栄田岬にある青の洞窟は、大人気のシュノーケル&ダイビングスポットです。 光の屈折により、洞窟内の海面が青く光って見えるため、神秘的なアクアブルーに包まれるという、ここ青の洞窟。 魚やサンゴもいっぱい、シュノーケルやダイビングをする方なら一度は訪れたい、青の洞窟をご紹介します。 【どういうところ?】言葉を失うほど「美しい青」が体験できる 那覇空港から車で約60分。沖縄の中でも、肥沃な海岸地帯のために有名リゾートが並ぶ西海岸。その中にあるのが ...

ホエールウォッチング

ホエールウォッチング

冬の沖縄を楽しむ・大きな生命を感じることのできるホエールウォッチング

沖縄に冬、ゴルフや卒業旅行・社員旅行などで来られる方も多いこの頃、よく耳にする会話というのが・・・ 「冬の沖縄で何をするの?」という会話。 確かに冬だと沖縄といえど海はまだ冷たいし、北風の強い日もあります。しかし、私は冬こそ沖縄の海アクティビティーをおすすめします。 5mmのウェットスーツを着て潜れば、夏より数倍澄んだ海中世界を満喫できますし、大きな身体に神秘的な雰囲気をまとった、優雅な生物もご覧になれます。 そう、今の時期はクジラたちの周遊時期なのです。 ホエールウォッチングとは? 沖縄でホエールウォッ ...

ホエールウォッチング2

ホエールウォッチング

那覇から約20分でクジラに出会えるホエールウォッチングツアーに参加した結果

沖縄といえば「夏の海」が真っ先に思い浮かびますが、実は冬の海も結構楽しめるんですよ。そのひとつにホエールウォッチングがあります。 沖縄へ移住してきてまだ間もない私は、冬のこんな時期でも「沖縄を満喫したい!」と思い、2月末にホエールウオッチングのツアーに参加してきました。 ホエールウオッチングというと、海外の海で何日も乗船してようやく発見!みたいなイメージだったのですが、沖縄のホエールウオッチングは手軽に参加でき、しかも簡単にクジラに会うことができるんです。 クジラを観察できる場所 沖縄の近海で見られるクジ ...

見つけたハート

ダイビング

【沖縄・宮古島】冬のダイビングを楽むこつとダイビングポイント

宮古島は沖縄本島から南西に290km、太平洋と東シナ海の間にある島です。宮古島・池間島・大神島・伊良部島・下地島・来間島・多良間島・水納島を合わせて宮古列島と呼ばれています。 今回は冬のシーズンならではのダイビングポイントに潜ってきました。石灰岩と言う土壌のおかげ?で浸食からできた洞窟が数多く点在する地形。さて、海の中はどうなっているんでしょうか?!映像もあわせてお楽しみください。 冬のダイビング 今回は、風の影響で下地島付近のポイントで潜る事になったのですが、その付近には「魔王の宮殿」をはじめとする人気 ...

青の洞窟

シューノーケリング

沖縄本島人気スポット!「恩納村・青の洞窟」ってどう楽しむのがおすすめ?マリンショップの人に聞いてみた!

編集部 観光客に人気の恩納村にある「青の洞窟」あまりの人気に、「青の洞窟渋滞」というのが起きてしまうほど。 せっかくなら行く前にどう楽しめるのか知っておきたい! という人のために、恩納村のマリンショップの方に、楽しみ方を聞いてみました。天候が悪い時、予約はどうなるの?そんな疑問にもお答えいただきました。 編集部 マハエさん今日はよろしくお願いします。  マハエ よろしくお願いします。 編集部 ちなみに、マハエさんは、1年間にどのくらい青の洞窟ツアーを開催しているのですか?  マハエ 青の洞窟ツアーの開催回 ...

サンゴ1

マリンレジャー

【沖縄のサンゴ】白化現象はどこまで深刻なの?実際に見に行ってみた(2016年8月)

石垣島と西表島の間に広がる日本最大のサンゴ礁「石西礁湖」や名蔵湾などで、サンゴの白化現象が進んでいることが深刻な問題になっています。 白化現象とはいうけれど、いったいどんな状態になっているんだろう?と気になり、沖縄本島でもサンゴ礁が綺麗と言われる北部のスポットに潜って、見てきました。 2016年8月のことです。 サンゴとは サンゴは動物です。サンゴはイソギンチャクやクラゲの仲間で、刺胞動物(腔腸動物)に含まれます。サンゴ礁を作る造礁サンゴ(イシサンゴ)と宝石サンゴは、ともに刺胞動物といわれていますが、違う ...

マハエ

SUP

シンプルな楽しさが魅力・沖縄でSUP(スタンドアップパドルサーフィン)を楽しむ5つのポイント

サーフボードよりもサイズの大きいボードに立って乗り、 パドルを漕ぐことで水上を進む新しいスポーツ、スタンドアップパドルサーフィン。もともとワイキキのビーチでカヌーに乗る観光客を写真に撮るために大きめのロングボードに立って一緒に波にのることからスタートしたのがはじまりだと言われています。 数年前からハワイのローカル達の間で少しずつ行なわれるようになり今ではサーフィンとならぶ人気のスポーツとなりました。安定性が高いため、始めての方でもすぐに立って遊ぶことができます。ちょっとうまくなれば波乗り・サーフィンを楽し ...

ダイビングメガネゴンベ

ダイビング

ダイビングスポット「チービシ」で、気軽に日帰りダイビング

本島で一日予定がポッカリ空いてしまい、どこか潜りに行きたくてポイントを探してみたら、こんな素敵な所がありました。 那覇からのアクセスが抜群 今回のガイドさんと待ち合わせしたのは『宜野湾港マリーナ』 宿泊先の那覇市内から車で約20分の道のり。 しかし、朝の通勤時間帯の国道58号線は有名な渋滞ポイント。少し早目にホテルを出発する事をお勧めします。宜野湾港付近には、コンビニエンスストアーやファミリーレストラン、ファーストフード店が多数あるので、それらで朝食を取るくらい時間に余裕を持った方が良いと思います。 いざ ...

ホエールウォッチング4

ホエールウォッチング

沖縄で水中ホエールウォッチングに挑戦したら、クジラのスケールに驚愕!

冬の沖縄の海と言えばクジラ! 世界最大の哺乳類。その大きな身体を間近で見る事ができるとなるとダイバーでなくてもホエールウォッチグに行きたいと思うのではないでしょうか? 沖縄でのホエールウォッチングと言えば久米島や石垣島が有名ですが、本島でもクジラのダイナミックな姿を見る事ができます。今回は、水中でホエールウォッチングの動画撮影に挑戦してきました。 沖縄で出会えるクジラ 沖縄のホエールウォッチングで最もポピュラーなクジラはザトウクジラです。ザトウクジラは、夏の間シベリアなどの海で生活し、日本が冬を迎えるこの ...

マンタ2

ダイビング

冬の石垣島ダイビング・大誤算マンタに遭遇したものの…その裏側で起こった出来事が…

マンタのベストシーズンと言えば9月〜11月なのですが、その時期は大勢のダイバーさんでマンタポイントは大賑わいの状態です。 「数は少ないけど冬でもマンタが出ているよ」と言う沖縄からの情報を受けて、今回は石垣島の海にマンタを求めて、冬の石垣島の海に潜って来ました。 マンタは見れたものの、この時期ならではの、壮絶な出来事が待っていたのです。 石垣島のシーズナリティ 先にも書きましたが、マンタのベストシーズンは9月〜11月なのですが、12月〜2月の間も個体数は少ないものの遭遇できる可能性は以外と高い時期なのです。 ...

サーフィン5

サーフィン

【冬の沖縄サーフィン】ツウな楽しみ方

私は、サーフィンを一年中したくて、沖縄移住を決めました。 沖縄でサーフィンします〜って言うと、「できるの?波あるの?珊瑚だらけでしょ?」とかまず良く聞かれます。沖縄で冬にサーフィンするということが大きくアピールされていないから、そのイメージは強いかもしれないですが、沖縄は一年中サーフィンできる環境です。 エメラルドグリーンの、透き通る海で波に乗ったときの感動は、それはもう、鳥肌もの!今回は、冬の沖縄サーフィンについて、そして、私が良く行くポイントをご紹介します。 気候 沖縄の冬の平均気温は15度を下回るこ ...

潜水機材-3

ダイビング

【沖縄旅行】ダイビング器材を格安で運ぶ方法

皆さんはダイビングツアーに行く時、荷物ってどうしていますか? 重たい荷物を持って空港への道のり・・・結構つらいですよね。 私は、水中撮影をするので、業務用の器材などを運ぶため相当な量の荷物となってしまいます。さて、その重たい器材をどのように運んでいるかを今回はプロの水中カメラマンの私がご紹介いたします。 荷物 水中撮影をする為には、撮影機材とダイビング器材が必要になります。 私は、ダイビング器材はホイールバッグに、カメラ機材はアルミのハードケースに収納します。最低でもこの2個の大きな荷物が必要なのですが、 ...

恩納村ホエールウォッチング協会より

ホエールウォッチング

遭遇率98%・沖縄のホエールウォッチングに参加するポイント

12月下旬から4月上旬までの沖縄。 期間限定のアクティビティと言えば、ホエールウォッチングです。 シベリア海域に生息しているザトウクジラが 、出産と子育てのために沖縄のあたたかい海にやってきます。 ホエールウォッチングの見どころは、"クジラのダイナミックなパフォーマンス"です。4階建てのビルに匹敵する15mの体長と、大型バス3台分に相当する30トンの巨体を間近で見れたときの感動は忘れられない思い出になると思います。 そこで今回は、たくさんありすぎてわからない沖縄ホエールウォッチングツアー、どれを選ぶべき、 ...

Copyright© 沖縄県の情報サイトWe-Love沖縄 , 2019 All Rights Reserved.