抽選で豪華景品が当たるメルマガ会員募集中!今すぐ登録!

神秘的な夏の大人気ダイビングスポット【宮古島】クロスホール

当ページのリンクには広告が含まれています。
クロスホール

宮古島で夏にダイビングをするなら、はずせないのが伊良部島周辺に数多くある地形ダイビングポイント。今回はその中でも夏の宮古島ダイビングの特集などでは必ずと言っていいほどランクインをしているクロスホールをご紹介いたします。

この記事を読んでいただくことで、クロスホールで潜る際のおすすめ時期、注意点、見どころ、持ち物に至るまで全てを知ることができます。

[st-minihukidashi fontawesome=”fa-hand-o-right” fontsize=”90″ fontweight=”bold” bgcolor=”#3F51B5″ color=”#fff” margin=”0 0 0 0″]ココがポイント[/st-minihukidashi]

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”” bgcolor=”#E8EAF6″ borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=””]

クロスホールでのダイビングを楽しむなら、アドバンスド・オープン・ウォーターダイバー以上か、ディープスペシャリティダイバー、もしくはそれと同等の資格を所持しているのが望ましいです。また、中性浮力や潜降、浮上スピードをきちんとコントロールできるレベルまでダイビングに慣れてから潜ることをおすすめします。

[/st-mybox]

その理由も、この記事を最後まで読んでいただければ把握することができます。

クロスホール内の神秘的な美しさは、行った人だけが味わえる特別感を与えてくれました。宮古島旅行で夏のダイビングポイントをお探しの方、地形ダイビングやワイドダイビングがお好きな方は必見です。

また、まとめではおすすめの時期やショップ選びのポイントなどもご紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

1 2

最新情報は、『週刊おきなわマガジン』で配信もしていますので、ぜひご登録ください。

記事の下にあるバナーより登録することができます

クロスホール

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

寝ても覚めても海が好き。47都道府県に飽き足らず、海外まで理想の海を探し求めて、とうとうたどり着いたのが沖縄の離島、宮古島。移住者だからこそ気付く島のディープな情報をのんびりお届けします。趣味は車の運転、ボディーボード、ダイビング。年間300日は海水に浸かってます。

コメント

コメントする