沖縄在住の沖縄好きがお届けするガイドブックにも載っていないコアな沖縄情報をお届けします。沖縄で遊ぶならWe-Love沖縄をチェック!

沖縄県の情報サイトWe-Love沖縄

アクティビティー・体験

色々なアクティビティー・体験をご紹介します。

おすすめ記事一覧

久高島 1

神の島・久高島、「ケラマブルー」で世界に知られる慶良間諸島、沖縄の原風景を残す渡名喜島・・・いずれも、沖縄本島からフェリーや高速船で日帰りでも楽しめる島々です。   最新版・沖縄本島から車で ...

ニャティア洞入り口 2

国内有数の観光地として大人気の沖縄。美ら海水族館、首里城、国際通り、きれいなビーチ・・・有名スポットはもちろんですが、沖縄で見られる景色や体験できることは本当にたくさん。何があるの?何ができるの?を集 ...

ハブクラゲ

ハブクラゲ

沖縄の海はハブクラゲに注意!もしも刺されたらどうする?

沖縄は本土と違う温かい気候です。南国特有の天候はその憧れでもあるでしょう?しかし、環境が違えば常識も違ったりします。特に海には危険な生物がいますので事前に知識を得てからビーチに行くようにしましょう。 今回はもっとも身近で危険な生物ハブクラゲに刺された時どうするのか?ついてお伝えします。 また、参考までにハブクラゲってどんな生き物なのか?刺されるとどうなるのか?そんなことも記述しています。そして、ハブクラゲネットというハブクラゲ防御用のネットを設置している安全なビーチも沖縄全地域全て記載していますので、これ ...

琉球村

アクティビティー・体験

琉球文化たっぷり堪能!体験型テーマパーク・琉球村(恩納村・おんなそん)

100年前に作られた琉球の古民家が立ち並び、古き琉球をたっぷりと体験できるのが、西海岸の恩納村にある「琉球村」です。 琉球村内には、たくさんの体験型アトラクションがあり、紅型の着物を着たり、一緒にエイサーをおどったり、シーサーに色付けしたり、地元のスタッフさんとおしゃべりしたり、と一日中過ごせます。 琉球の歌と踊りの中、いくつかの旧家がたちならぶ琉球村内を散策すれば、気分はすっかり琉球王朝。 そんな琉球村をご紹介します。 【どういうところ?】琉球にタイムトリップ!琉球文化体験型テーマパーク   ...

海ぶどうアイス試食

アクティビティー・体験

空港から一番近い海ぶどう農園で海ぶどう摘み取り体験&海ぶどうアイス試食【動画あり】

沖縄のグルメといえば、海ぶどうが大好き!そんな方も多いかと思います。 今回は、那覇空港から一番近くにある海ぶどうの養殖場、沖縄から世界へ「海ぶどう」を届ける「UMINCHI農園」そして「UMINCHI農園」にある海ぶどう農園のお店「ぷちぷち」さんに、当サイト公式サポーターのタレントあゆかと伺って、海ぶどうの摘み取り体験をしてきました。 そしてさらに、沖縄から世界へ「海ぶどう」を届ける「UMINCHI農園」の山城由希さんにも色々とお話を伺いました。 また、海ぶどう農園のお店「ぷちぷち」さんには海ぶどうアイス ...

はての浜

ビーチ

ここは天国?360度海と空の広がるハテの浜(久米島・くめじま)

沖縄本島から、まっすぐ西、約100kmの海上にぽっかり浮かぶ、久米島。 その久米島の中でも絶景ポイントとして、沖縄の人気ランキングにも必ず上位に入るのが「ハテの浜」です。 果て、の名の通り、久米島の東にある無人島に広がる真っ白な砂浜が続く浜です。東洋一とも言われています。 今回は久米島に行くチャンスに恵まれた人には是非行ってほしい、ハテの浜をご紹介します。 【どういうところ?】360度海。久米島の絶景ポイント 那覇から飛行機で約35分。フェリーでも行ける、沖縄諸島のひとつ久米島は、那覇からのアクセスもよく ...

忠孝

工場見学 泡盛

甕(かめ)は全て手作り・こだわりの職人技が見られる忠孝酒造の工場見学(豊見城市・とみぐすくし)

沖縄へせっかく旅行に来たのだから、本場の泡盛を味わってみたい。 しかし、どこでどうやって自分好みの泡盛を見つけたら良いのか?わからない。とお悩みの方には、泡盛酒造の工場見学へ行くことをおすすめします。工場見学で楽しく泡盛について学ぶと、なぜだか泡盛の美味しさが増すんです。 そして工場見学の後は試飲コーナーへ。泡盛のプロに色々聞きながら試飲すれば、きっとお気に入りの泡盛が見つかるかと思います。 今回はラッキーなことに蔵長さんに色々と話を聞いて来ました。 空港から約10分と便利な立地にある「くぅーすの杜(もり ...

忠孝酒造

工場見学 泡盛

沖縄旅行の思い出に・忠孝酒造で泡盛の手作り体験をしよう!

沖縄へ旅行に来たらおすすめしたいのは、泡盛酒造の工場見学です。 那覇市の南側、豊見城市にある忠孝酒造では年中無休で工場見学、試飲ができるのですが、一番のおすすめは泡盛の手作り体験ができること。とても貴重な体験なので良い思い出になるでしょう。 他にも木造の大きな蔵や、手作りの甕を作っている工房の見学は圧巻です。那覇空港から車で約15分と近く、工場見学は約1時間、泡盛づくり体験は約2時間の行程なので、那覇へ到着した初日や最終日などでも気軽に体験することができます。 歴史・伝統を守り、躍進していく忠孝酒造 忠孝 ...

よへなあじさい園

アクティビティー・体験

梅雨の沖縄を楽しめるスポット・花の楽園「よへなあじさい園(本部町・もとぶちょう)

梅雨の時期の沖縄旅行、皆さんはどのような予定を立てていますか?雨が降ったらちょっと残念だなぁと思う方がほとんどだと思いますが、雨の時期だからこそ楽しめる、そんなスポットをご存知ですか? 雨が似合う花と言えば、淡くやさしい色合いが素敵な紫陽花(あじさい)。 沖縄県北部にある本部(もとぶ)町の「よへなあじさい園」には約1万株ものあじさいをはじめとする沢山の花々が咲き乱れ、豪快なパノラマ景色を作り上げています。 このあじさい園の始まりは、たった2株のあじさいを植えたのがきっかけだったというのですから驚きです。今 ...

渡嘉敷島・阿波連ビーチ

シューノーケリング

これがケラマブルーの海・半日シュノーケルツアーで気軽に感動体験!

沖縄へ移住してきて4か月、初めての梅雨を体験中です。ところが梅雨入り当初の嵐はどこへやら、梅雨の晴れ間でここ数日はカラッとした良いお天気です。このギラギラした太陽を見ていたら、突然「シュノーケルしたい!」という発作が… 翌日の半日シュノーケルツアーを予約してしまいました。 「日程に余裕のない旅行だから無理かも」「シュノーケルに挑戦したいけど、初めてだからちょっと不安」と諦めてしまってはいませんか?シュノーケルを体験できるツアーは色々ありますが、本島周辺の離島で手軽に半日シュノーケルを楽しむこともできます。 ...

缶でグラス

BBQ

BBQでも活躍・ウチナンチュ直伝沖縄流缶グラスの作り方

皆さんは「外飲み」していますか?「外飲みって・・・BBQやキャンプの事じゃないの?」とお思いのあなた、沖縄での外飲みはひと味違うんです。 そして沖縄の男性たちが主に行う、これが出来たら格好いい!と言う実用的な技をお教えしちゃいます。この夏のBBQやキャンプでぜひ披露してみてください。ではその技伝授いたしましょう。 そもそも沖縄流の外飲みって? 先にも記載していたとおり。沖縄での「外飲み」は、内地ではなかなか見ない光景かも知れません。 もちろん沖縄にもBBQやキャンプはあります。 沖縄ではよく「ビーチパーテ ...

西表島星砂の浜

ビーチ

星の砂たくさんの美しいビーチ・星砂の浜(西表島・いりおもてじま)

沖縄のお土産として、小ビンに入った「星の砂」を貰った経験はありませんか?その星砂がビーチ一面にみられるのは、西表島にある、その名も、星砂の浜です。 星砂の元は、有孔虫という生き物の骨。星砂、という名前がついているんですが、砂ではないんです。 星砂は、海から打ち上げられて普通の砂に混在しています。骨というだけあって砂よりも白色になるので、砂浜はより白くなり、海や空の青がより美しく映えるようになります。 設備面でも充実し、ビーチとしても西表島一番人気、星砂の浜をご紹介します。 【どういうところ?】星の砂がある ...

与那国島海底遺跡

ダイビング

今も謎続行中・与那国島海底地形(よなぐにじま かいていちけい)(与那国島・よなぐにじま)

日本最西端の島、与那国島。石垣島から飛行機で約35分の場所に浮かぶ、周囲約30kmの小さな島です。 この島で人気のスポットとなっているのが「謎の海底遺跡」と呼ばれる「与那国島 海底地形」。 海の底に、遺跡?と思われるような部分が見られる大きな岩の地盤があり、これが人工物か、天然物かで活発な議論が行われています。 ロマンを掻き立ててやまないスポット、与那国島海底地形をご紹介します。 【どういうところ?】地元ダイバーが発見、今でも議論されている謎の海底地形 与那国島の南部、水深10~15mほどの場所にみられる ...

ゴールデンウィーク

マリンレジャー

沖縄のゴールデンウィークの気温は?海水浴は?何を着ていけば?

2017年、今年もゴールデンウィークの時期がやってきました。4/29~5/7まで、長い方で最大9日間のお休みの方もいらっしゃる様ですね。 毎年沖縄にも多くの方が訪れており、今年の計画を立てている方も多いのではないでしょうか? そんな皆様が気になるのが、沖縄にどんな服装で行こうかな・・・?いざ向こうといっても、海に入れるのかな?と言ったことじゃないでしょうか? 今回はGW(ゴールデンウィーク)シーズンの沖縄の気温や海水浴などに関する情報をお届けいたします。 沖縄のゴールデンウィーク・例年の平均気温 東京など ...

オルカ号

アクティビティー・体験

那覇港発・大型水中観光船オルカ号で沖縄の海の中をのぞいて見た!

今回は、沖縄へ到着したその足で、または沖縄旅行の最終日に気軽に行ける観光スポットの紹介です。 那覇空港から車で約15分の場所にある那覇港から水中観光船が出港していて、船底のパノラマのガラス窓から沖縄の海の中を見ることが出来るんです。 しかも、出港してからわずか15分の場所で海の中をのぞくことが出来るということで、以前からずっと気になっていたんです。今日は天気が良さそうだったので、癒しを求めて参加してみることにしました。 那覇ふ頭船客待合所へ 集合場所は那覇港にある「那覇ふ頭船客待合所」です。中に入って左手 ...

ウミガメ

シューノーケリング

宮古島で人気のアクティビティ・シュノーケリング入門

宮古島の人気マリンアクティビティのひとつ、シュノーケリング。 興味はあるものの、道具をそろえたり、どこのビーチに潜ればよいのか分からない…など、敷居が高いと感じていらっしゃる方も多いのではないでしょうか? そこで、シュノーケリングのはじめ方と宮古島のおすすめエントリーポイントをご紹介します。 シュノーケリングに必要な道具 水着 フィン(足ひれ) ゴーグル スノーケル ラッシュガード まず、1の水着は海に入るのですから当たり前ですね。ちなみに、どんな水着でも問題ありません。 そして、2~4がいわゆるシュノー ...

青の洞窟 手

シューノーケリング

神秘の青に包まれる大人気スポット・青の洞窟(恩納村・おんなそん)

日本の中にはたくさんの「青の洞窟」がありますが、沖縄中部、恩納村・真栄田岬にある青の洞窟は、大人気のシュノーケル&ダイビングスポットです。 光の屈折により、洞窟内の海面が青く光って見えるため、神秘的なアクアブルーに包まれるという、ここ青の洞窟。 魚やサンゴもいっぱい、シュノーケルやダイビングをする方なら一度は訪れたい、青の洞窟をご紹介します。 【どういうところ?】言葉を失うほど「美しい青」が体験できる 那覇空港から車で約60分。沖縄の中でも、肥沃な海岸地帯のために有名リゾートが並ぶ西海岸。その中にあるのが ...

ホエールウォッチング

ホエールウォッチング

冬の沖縄を楽しむ・大きな生命を感じることのできるホエールウォッチング

沖縄に冬、ゴルフや卒業旅行・社員旅行などで来られる方も多いこの頃、よく耳にする会話というのが・・・ 「冬の沖縄で何をするの?」という会話。 確かに冬だと沖縄といえど海はまだ冷たいし、北風の強い日もあります。しかし、私は冬こそ沖縄の海アクティビティーをおすすめします。 5mmのウェットスーツを着て潜れば、夏より数倍澄んだ海中世界を満喫できますし、大きな身体に神秘的な雰囲気をまとった、優雅な生物もご覧になれます。 そう、今の時期はクジラたちの周遊時期なのです。 ホエールウォッチングとは? 沖縄でホエールウォッ ...

琉球村

アクティビティー・体験

琉球の文化と伝統の魅力が詰まった琉球村(恩納村・おんなそん)

那覇空港から約1時間、沖縄県恩納村にある「琉球村」へ行ってきました。 琉球村の園内には移築してきた赤瓦の古民家などが立ち並び、のどかな昔の沖縄の雰囲気を再現しています。映画のロケにも使われるほど本格的な作りになっていて、園内へ一歩入れば昔の沖縄へタイムスリップしたような気分になれます。 また、エイサーなどのイベントや沖縄の伝統工芸の体験コーナーなどがあり、子供から大人まで楽しめるテーマパークになっています。今回は、沖縄の魅力にたっぷり楽しめる琉球村を紹介します。 沖縄の駅ちゃんぷるー 入口の門をくぐると「 ...

幸喜ビーチ

ビーチ

キャンプができる天然ロングビーチ・幸喜ビーチ(こうきビーチ)(旧: 名護市民ビーチ)(名護市・なごし)

沖縄本島の北部の入り口、名護市の幸喜公園の中にある幸喜ビーチ。 ここはエメラルドグリーンの海に白い砂浜が900m続く、天然ロングビーチなのですが、さらに、地続きに喜瀬ビーチ、幸喜北ビーチが続くとあって、とにかく広い海が満喫できる場所です。 全体は幸喜公園となっていて、公園内にはキャンプ場とバーベキューができる場所が併設されているのが魅力です。 沖縄の自然を満喫したいアウトドア派に最適な、幸喜ビーチをご紹介します。 【どういうところ?】自然あふれる900mの天然ロングビーチ 以前は名護市民ビーチと呼ばれてい ...

Copyright© 沖縄県の情報サイトWe-Love沖縄 , 2019 All Rights Reserved.