沖縄在住の沖縄好きがお届けするガイドブックにも載っていないコアな沖縄情報をお届けします。沖縄で遊ぶならWe-Love沖縄をチェック!

沖縄県の情報サイトWe-Love沖縄

糸満市

糸満市(いとまんし)は、沖縄本島で最南端に位置する市です。

ニャティア洞入り口

観光スポット

最新版・沖縄本島おすすめ観光スポット45選!

国内有数の観光地として大人気の沖縄。美ら海水族館、首里城、国際通り、きれいなビーチ・・・有名スポットはもちろんですが、沖縄で見られる景色や体験できることは本当にたくさん。何があるの?何ができるの?を集めてみたら、45か所にもなりました!旅の計画を練る前に、ざっくり沖縄を把握しちゃいましょう。まずは沖縄本島編、南からずずっと北上いたします。 1. 道の駅いとまん(糸満市) 新鮮な近海魚をリーズナブルに味わえるお魚センターや旬の実りがずらり並ぶファーマーズマーケットなどが人気で、地元客も足しげく通う道の駅。地 ...

itomanhare

ハーリー

2018年糸満ハーレー(糸満市・いとまんし)

旧暦4月27日に鳴らされるハーレー鉦に始まる初夏の風物詩、糸満ハーレー。 日曜開催となった2018年は約4万人の観客が訪れ、御願(ウグァン)バーレー、クンヌカセー(転覆競漕)、アガイスーブ、アヒル取り競争といったプログラムを楽しみました。 「御願(ウグァン)に始まり御願に終わる」。糸満の海人(ウミンチュ=漁師)たちが大切に受け継いできた祈りの姿にも心を動かされる、糸満ハーレーの様々な魅力。プログラムや2018年の結果、駐車場などの情報も交えてご紹介したいと思います。 糸満ハーレーって? 旧暦5月4日、ユッ ...

itoman-michinoeki

沖縄県産フルーツ&野菜

日本最南端の道の駅・道の駅いとまん(糸満市・いとまんし)

沖縄県7番目の道の駅として2009年に誕生した道の駅いとまん。 ここには、「お魚センター」「JAおきなわファーマーズマーケットいとまん うまんちゅ市場」など、地元客にも観光客にも大人気のスポットが揃っています。情報収集や休憩だけでなく、ランチやおやつ、お土産探し、沖縄の日常を味わう時間といった、様々な楽しみが待っている場所なのです。 知っておいて損はない見どころも5つご紹介していますので、ぜひご覧ください。 どんなところ? 日本最南端の道の駅。沖縄の情報・食・物産が大集合 「海人(うみんちゅ=漁師)のまち ...

海ぶどうアイス試食

アクティビティー・体験

空港から一番近い海ぶどう農園で海ぶどう摘み取り体験&海ぶどうアイス試食【動画あり】

沖縄のグルメといえば、海ぶどうが大好き!そんな方も多いかと思います。 今回は、那覇空港から一番近くにある海ぶどうの養殖場、沖縄から世界へ「海ぶどう」を届ける「UMINCHI農園」そして「UMINCHI農園」にある海ぶどう農園のお店「ぷちぷち」さんに、当サイト公式サポーターのタレントあゆかと伺って、海ぶどうの摘み取り体験をしてきました。 そしてさらに、沖縄から世界へ「海ぶどう」を届ける「UMINCHI農園」の山城由希さんにも色々とお話を伺いました。 また、海ぶどう農園のお店「ぷちぷち」さんには海ぶどうアイス ...

上原酒造

泡盛

泡盛業界での新たな試みに挑戦する糸満市の老舗・上原酒造(糸満市・いとまんし)

沖縄を代表するお酒と言えば泡盛。ですが、泡盛は好きだけど健康に気を使って飲酒を控えている、という方も多いのではないでしょうか? 今回は、沖縄県糸満市にある老舗酒造で、業界初の試みにより「体にやさしいお酒」を作っている上原酒造所をご紹介します。 歴史・豊かな水源に恵まれた土地での酒づくり 上原酒造は昭和22年創業の糸満市で最も古い酒造所で、創業当時は地元住民が利用する井戸の水を使用していました。その井戸はンブガー(神の泉)と呼ばれていたため、代表銘柄に「神泉」の名前がつけられました。 特徴・体に良いものを ...

まさひろ酒造

泡盛

古い歴史を持ちながらも親しみやすいまさひろ酒造(糸満市・いとまんし)

皆さんは、一升瓶を頭に載せて踊る泡盛のCMを見たことがありますか? 内地の方はたぶん無いですよね〜!すみません。 沖縄ではテレビCMでちょっと変わった一升瓶を頭に載せて踊る泡盛のCMをやっているのですが、それが今回ご紹介する沖縄県糸満市にあるまさひろ酒造です。 沖縄に来た際には是非、テレビCMをチェックしてみてください。余談ですが、私も移住して最初にこれを見た時は、変わってるCMだなぁ〜と。そしてさらに本物を見た時は「テレビで見た!」と感動したものです。 私のお話はさておき、まさひろ酒造は、創業が明治16 ...

まさひろ酒造

沖縄移住

路線バスで糸満市へ・移住して2ヵ月【バス旅・泡盛デビュー編】

先日、沖縄市にあるFMコザさんにご挨拶におじゃましたときに、当サイトのフォトライターでパーソナリティの喜納さんと、2016年の「泡盛の女王」でパーソナリティの中石さんとお会いしました。 そこで泡盛の話題になり、「泡盛をまだ飲んだことがないんです」と話すと私が住んでいる「沖縄南部にも酒造が何ヵ所かあって、工場見学も出来るよ」と教えてくださいました。 (左:元泡盛女王中石さん 右:We-Love沖縄フォトライターkinaccoさん) 泡盛の奥深い話を聞いて興味を持ったので調べてみると、糸満市にある「まさひろ酒 ...

bibibeachitoman

ビーチ

旅行者に嬉しいビーチ・美々ビーチいとまん(びびびーちいとまん)(糸満市・いとまんし)

那覇空港から車で20分、美々ビーチいとまんは、人工整備されたコンパクトなビーチながら、ビーチに欲しい設備は網羅しているという、旅行者におすすめのビーチ。 最新マリンスポーツが体験できたり、手ぶらでバーベキューを当日申し込みできる、旅行者に嬉しい配慮がいっぱい。 展望台もついていて、サンセットも見ることができ、デートスポットとしても人気の「美々ビーチいとまん」をご紹介します。 【どういうところ?】旅行者が手軽に利用できるビーチ 美々ビーチいとまんは、2006年オープンで、ホテル「サザンビーチホテル&リゾート ...

ひめゆりの塔

沖縄戦

花を手向けに・ひめゆりの塔・ひめゆり平和祈念資料館(糸満市・いとまんし)

ひめゆりの塔・ひめゆり平和祈念館は、沖縄本島のほぼ南端にあります。 沖縄戦の激しかった南部の地で、看護要員として女学生と教師で編成された「ひめゆり学徒隊」。陸軍病院での過酷な任務に当たったことで多く命を失った、ひめゆり学徒隊員の鎮魂のため終戦の翌年に建てられたのがひめゆりの塔です。 その隣には、悲しい事実を風化させることなく、平和への思いを次世代に繋ぐために建てられたひめゆり平和祈念資料館があります。 祈り継ぐことは最大の供養と言われますが、私達にも献花ができる場所、ひめゆりの塔、ひめゆり平和祈念館をご紹 ...

大度浜海岸

ビーチ

シュノーケリングの穴場・大度浜海岸(ジョン万ビーチ)(糸満市・いとまんし)

沖縄本島南部、海が真南に向かって開けている大度浜海岸(おおどはまかいがん)。通称ジョン万ビーチとよばれるこの浜は、ジョン万次郎が上陸したビーチで有名な場所で本島南部絶好のシュノーケリングの穴場です。 周囲がサンゴ礁(リーフ)に囲まれていて、潮が引くと浅瀬の海が出現。ここが絶好のシュノーケリングポイントになります。海をのぞき込むと、たくさんの美しい熱帯魚や小さな魚の大群に感動! 青い海にサンゴと熱帯魚が広がる、ジョン万ビーチをご紹介します。 ※ 最後に注意事項も書いておきますので必ずご覧ください。 【どうい ...

琉球ガラス村

アクティビティー・体験

琉球ガラス村(糸満市・いとまんし)

琉球ガラスがふんだんに散りばめられたカラフルな外観が、目にも楽しい琉球ガラス村。 沖縄県内で最大のガラス工房を併設しているから、作品数も圧巻でショップに並ぶ作品の数は県内屈指。アウトレットショップや美術館も併設、色鮮やかな琉球ガラスを心ゆくまで楽しめます。お気に入りが見つかるかも? 琉球ガラスってどんなガラスなの? その前に、琉球ガラスってどんなガラスなの?そんなお話を。 琉球ガラスと聞いてなんとなく想像できる人もいるかも知れませんが、本来、琉球ガラスとはどんなものなのか?少々解説しておきます。 琉球ガラ ...

沖縄県平和祈念資料館(糸満市)

沖縄戦

平和の尊さを体験する沖縄県平和祈念資料館(糸満市・いとまんし)

世界の人々に沖縄のこころを伝える 沖縄戦の歴史と恒久平和を学ぶ資料館。 沖縄県の南部にある糸満市、沖縄戦終盤特に酷かったエリアですが、そのエリアにある県営平和記念公園の敷地内に建設されている平和記念資料館をご紹介します。 沖縄県平和祈念資料館はどういうところ? 沖縄最大の戦跡であり沖縄戦終焉の地、沖縄本島 南端部「沖縄戦跡国定公園」の中に建てられて いる、沖縄県平和祈念資料館。 世界の恒久平和を祈念するこの聖地は、沖縄県内の方も訪れる方が多いと言われる場所であり、日本 人のみならず、海外の方も多く訪れ ...

ハーレー舟2

ハーリー

【2016年糸満ハーレー】糸満の海人(漁師)たちの一大行事に大興奮(糸満市・いとまんし)

糸満市といえば海人のまち。 昔から水産業を生業として、漁港も市場も町も海産物を取り扱い、地域ぐるみで支えあい栄えてきた糸満には、海人の文化があります。 糸満ハーレーとは、海人たちの一大行事です。 今回は、私が鳥肌がたつほど興奮した、糸満ハーレーを紹介します。 ハーレーとは ハーレーは約600年前に中国から伝わったとされていて、海上で爬竜船(はりゅうせん)を漕ぎ競い合うことで、航海の安全や豊漁を祈願するものです。 沖縄では、旧暦5月4日に行われる舟こぎ競漕のことを一般的にハーリーといい、糸満ではハーレーと呼 ...

ホットぜんざい

沖縄郷土料理

「沖縄ぜんざい」はなぜ冷たい?老舗の3店舗を徹底調査

沖縄に行くと、うちなーんちゅは皆、「夏はぜんざいがお勧めさ~」と言います。 「え?ぜんざいって小豆の?食べるの冬でしょ?」と思われる方がいると思います。沖縄では、ぜんざいは冷たいのが常識です。「なんでなんで??」と思われた方のために、昔からうちなーんちゅにも大人気の沖縄ぜんざいやを調査してきました。 沖縄ぜんざいは、どこのお店でも冷たい ぜんざいやさんでなくとも、飲食店や街などで「沖縄ぜんざい」の文字を見かけた方、勇気をふりしぼって、注文の前に聞いてみてください。「冷たいですよね?」と。きっと、どこの沖縄 ...

Copyright© 沖縄県の情報サイトWe-Love沖縄 , 2019 All Rights Reserved.