2017年は、7月15日〜8月31日まで開催します。

参加条件6才以上・料金3000円・所要時間2時間30分・完全予約制。

沖縄には大小合わせて600以上の鍾乳洞があり、その中でも最も大きい鍾乳洞が玉泉洞です。

約30万年の年月をかけて創られた玉泉洞は全長5,000m、鍾乳石は100万本以上と国内最多で鍾乳洞としては国内最大級の規模を誇っています。また天然記念物にもなっています。玉泉洞の最初の探検・調査はまだ沖縄がアメリカ統治だった1967年から7年という長い歳月をかけ愛媛大学学術探検部によって行われました。

そして、現在では、この巨大洞窟の全貌を明らかにされています。今現在、玉泉洞の観光洞エリアは890m、残りの4,000m以上は研究用に保存された未公開エリアとなっています。そして、今回はこの未公開部分に足を踏み入れて来ました。

※写真はレクチャーをするガイドの大城さん、とても爽やかなイケメンです。

ガイド 大城さん
スポンサーリンク

非公開エリアを期間限定で公開している

まず、凄いのはこの未公開部分を、期間限定とはいえ探検と称して公開しているということです。

しかも、後ほど詳しく解説しますが自然のままの状態で公開しているということです。今回のガイドさんの大城さんがおっしゃっていましたが、今年の沖縄の梅雨は雨が少なかったので、鍾乳洞内の水位がとても低くなっているとのこと。

実際に水位は低く、ちょっと物足りない感じもありましたが、私自身はここまで本格的な探検と思っていなかったので逆に助かりました。

6歳から参加できる

小学生以下は当然ながら保護者同伴ではありますが、親子で参加できるリアルな洞窟探検ですので、とても良い夏休みのイベントになると思います。

実際に私が参加した際にも親子で参加されている方もいらっしゃいました。そして、探検が終わってからの歓談では水位が深くなっている時にもう一度参加してみたい!そんな話もされていました。夏休みに親子で泥だらけになり、洞窟探検なんて意外と楽しいかも知れませんよ。親子の絆も深まります。

洞窟内は自然のままなのでとてもリアル

私は少しこの洞窟探検(Adventure Caving)を舐めていました。(笑)

おそらく、玉泉洞の観光で周る洞窟のイメージが強かったんでしょう。もう少し人の手が加わっていると思っていましたが、本当にリアルでした。洞窟内はところどころ電気があるのかと思えば、ヘルメットについている電灯の明かりだけですし、川の水位も時によってバラバラだそうです。今年は先ほども解説しましたが雨が少ないせいか、水は少なかったです。

また、ここ玉泉洞の鍾乳石は成長がめちゃくちゃ早いそうで、数年前までは繋がっていなかったものが、繋がっています。なんてお話しもされていました。お子さんと行って写真に収めておくと、お子さんが大きくなった時に再び訪れて写真を撮ったら繋がっている。そんな世代を越えた体験もできるかも知れません。本当にリアルで貴重な体験になります。

洞くつ探検洞窟探検

色々な鍾乳石が見られる

ここ玉泉洞はさまざまな鍾乳石を見ることができますが、その前にちょこっと、豆知識を。

鍾乳石は天井からつららのように下がって来るものと、地面から筍(たけのこ)のように上に伸びて行くものがあります。

天井から下がって来るものを「つらら石」と呼び、地面から上に伸びているものを「石筍(せきじゅん)」と呼びます。つららと筍、そのままですね。実に覚えやすい!(笑)

そして、この石筍は天井のつらら石から落ちて来るしずくによって成長していき、時と共に繋がり「石柱(せきちゅう)」が出来上がります。それが先ほど、ちょっと解説した世代を越えて見られるかもということになります。

ちなみに、ここ玉泉洞の鍾乳石は成長が早いと解説しましたが、具体的には3年間で1mmのスピードだそうです。これは、沖縄の気候が亜熱帯なので雨量が多かったり、土中微生物も活発に活動できる気候だったりと色々な条件が重なっているようです。

詳しくは、参加した際にガイドさんに聞いてくださいね。とても親切に教えてくれます。そして、色々な種類のとても綺麗な鍾乳石を見ることが出来ますので、感動すること間違いなしです。私が写した写真を見るよりも、ご自分の目で見ることがなによりも感動しますので是非参加してくださいネ。

鍾乳石鍾乳石を解説するガイドさん

地下40mまで行く

これは私もかなり驚いたのですが、地下40mまで行きます。

しかも、そこで参加者のヘルメットについている電気を消すという驚く体験をしました。本当に見たこともないくらい真っ暗です。見たことないですよね真っ暗なんだから。まあ、冗談はさておき、本当に目が慣れない暗さを体験できる上に、音も耳をすまして洞窟内の音を聞いてみる。なんて、五感が鍛えられるような、そんな体験ができます。

また、神秘的な感じも得られました。私は、都会の雑踏のことをすっかり忘れられました。体験することの大切さを改めて感じました。

2時間30分という長い時間の洞窟探検

洞窟探検そのものを2時間30分ではありませんが、かなりボリュームのある探検です。

人数にあわせてガイドさんが複数いるので、とても内容が濃くて楽しめます。途中、ここで半分ですとガイドさんに言われた時は少しワクワクしたのを今でも覚えています。これからまだ色々見られるんだな~なんて、まるで子供のようでした。

親子、カップルの方、共に楽しめると思いますよー。写真は無事地上に到着した時のものです。

洞窟探検

衣服はレンタル・洞くつ探検後はシャワーも浴びれる

水着は持って行かないといけませんが、それ以外はレンタルすることが出来ます。

参加するには予約が必要なのでその時に同時に頼んでしまうのが良いと思います。また、お子さんや女性は水着の上にラッシュガードなどを着た方が良いかもしれません。水位にもよりますが胸まで浸かる場合はかなり水が冷たいので、洞窟から出てきたら唇が真っ青なんてことにならないようにすることで、更に良い思い出になるかと思います。

まあ、それでも少しぐらい寒くても終わってからはしっかりと温水シャワーを浴びることも出来ますので、それはそれで安心です。しかもシャンプーとボディーソープが常備されているのも嬉しいですね。また、貴重品を預けるロッカーもあるので、流石おきなわワールドさん。という感じです。

洞くつ探検 シャワーおきなわワールド 大城さん

まとめ

沖縄というと、ビーチや離島、そして定番の水族館なんてプランが多いと思うのですが、ここしか出来ない貴重な体験ということではかなりオススメです。

また、アウトドア好きの方はマリンスポーツも良いですが、洞窟探検は是非参加しておきたいメニューのひとつだと思います。

特に私がオススメするのは親子で参加、という方や思い出作りにカップルで沖縄旅行に来る方ですね。普段は目にすることのない地中奥底の綺麗な鍾乳石を見て感動。そして、なんか地球って凄いな~なんてとても神秘的な貴重な体験ができます。

期間限定ということですので人気もかなりありますので、興味がある方は今すぐ電話して確認してくださいね。で、出来たらその際にWe-Love沖縄を見た!なんて言って頂けるととても嬉しいです。※最後の写真は今回お世話になったガイドのお二人です。たいへんお世話になりました。

<南の島の洞くつ探検>

料金:3000円
参加条件:6歳以上
申し込み方法:完全予約制
公開期間:7月中旬~9月末まで
予約・お問合わせ:098-949-7421
受付時間:9:00~18:00

おきなわワールド