https://we-love.okinawa

沖縄料理レシピ

ソーミン(ソーメン)チャンプルーの作り方・動画あり

執筆者 : せっきぃ

沖縄料理の定番、ソーミン(ソーメン)チャンプルー。ゴーヤーチャンプルー、ナーベラーチャンプルーに次いで定番のチャンプルーです。今回は移住者である私が少しテーゲーな感じ(テキトーな感じ)でソーミンチャンプルーを作りましたので、是非参考にしてください。

用意する材料

zairyou

  • ソーミン(ソーメン) 2束(今回は1束で作っています)
  • トゥーナー(ツナ缶) 1缶
  • ニラ         お好み
  • 塩     大さじ  1杯

※ 好みによっては、ニンジンの千切りやゴーヤーの薄切りなどを足すのも良いと思います。

手順

1. フライパンにお水を入れ温める

2. 温まってきたら、お塩を大さじ一杯程度入れる

salt

3. ニラを切る(いつも冷凍保存しているので今回は冷凍のものをそのまま使います)

4. ソーミン(ソーメン)をフライパンに入れて茹でる(ゆでる)

ダマにならないようにするのはここの時間がとても重要(茹で過ぎるとダマになります。)

boil

5. 茹でたらザルでお湯を切り水で滑りがなくなるまで洗う

wash

6. 水を切ったらトゥーナー(ツナ)を混ぜる

tuna

7. フライパンで炒める(この時油はひかない)

ツナ缶の油を使い炒める感じです。

stir-fry

8. ニラを入れて炒める(水分が少なくてもニラの水分があるのでお水は足さなくてOK)

nila

9. 完成

ソーミン(ソーメン)チャンプルーの作り方

コツ・ポイント

私はテーゲー(テキトー)ゆえにダマになりソーメンが塊と化してしまうことがありますが、茹でる時間を調整(思ったより少なめにする)ことで美味しくできあがります。

2束でいつも作りますが、沸騰してきたお湯に入れておおよそ30秒程度です。1束の場合は15秒程度で大丈夫だと思います。

また、ポークを入れたり、ゴーヤーを入れたり、ニンジンを入れたり、キャベツを入れたりと各家庭で色々とレシピがあるようですが、簡単に作れるってことで、この簡単レシピを公開しました。

物足りない方は色々と混ぜて見てください。ただし、その際に水分が変わるとダマになりやすいので茹で時間など微調整が必要だと思います。

沖縄おばぁ直伝のソーミンチャンプルーレシピはこちら

[blogcard url="https://we-love.okinawa/somin-cyanpuru/"]

まとめ

いかがでしたでしょうか?このソーミンチャンプルーもウチナンチュに教えていただき自分なりにアレンジしていますが、これで沖縄料理のレシピがまた1つ増えました。そして、今回ご紹介したソーミンチャンプルーは、沖縄県外でも作ることができますので是非沖縄気分を味わうのに作ってみてはいかがでしょうか?

ソーメンは2束なんで、1袋298円程度なので、おおそ100円、ツナ缶も1缶85円、ニラは1束70円でした。

おおよそ1食300円でサクッと作れるし、野菜類を切る手間が少なく(今回は無しでした。)20分程度で作れますからめちゃくちゃおすすめだと思います。

沖縄料理レシピの記事


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

せっきぃ

朝活で毎週セルフダイビングを妻と二人でする根っからのダイビング好きです。PADIのダイブマスターでもちろん、記事に写真を掲載したりする従事者なので潜水士資格もあります。

遊びの第一の目的は安全ということをモットーに沖縄での海遊びについても書いていこうと思います。

また、東京出身のナイチャーなのでその視点を活かし、沖縄県民が当たり前と思っている沖縄の良い所を取り上げたいと思います。特にグルメリポートやレシピ、遊び全般…歴史、などなど、そんな感じで!

そして、沖縄生まれ沖縄育ちの妻と結婚し完全永住することになりましたので、移住、永住についても書いていきます。ゆたしく、うにげーさびらー。

趣味はダイビング・シュノーケリングと仕事です。

-沖縄料理レシピ