奥武山公園駅から徒歩数分の住宅街にある旧石器時代最古級の遺跡「山下町第一洞穴遺跡」に行ってみました。

というよりも以前からこの公園は何で入れないのだろうか?などと思ったりしていたんだけど、その公園が公開されたようなので行ってみた!ということです。

実はそのことに気付いたのは、NAHAマラソンの時にレンタルバイクを借りたのですが、そのレンタルバイク屋さんの通り沿いだったことがキッカケです。(笑)

その時の記事はこちら
▶︎ レンタルバイクで那覇(NAHA)マラソンの応援を!

そして、よくよく調べて見たらなんと凄い旧石器時代最古級の遺跡ということで、今回、記事にすることにしました。

山下町第一洞穴遺跡
スポンサーリンク

山下町第一洞穴遺跡とは?

そもそも、山下町第一洞穴遺跡とは?何なのか?なんてお話しを少々。

この那覇市山下町にある山下町第一洞穴遺跡は、1962(昭和37)年、那覇港に近い奥武山(おうのやま)の南側にある琉球石灰岩台地で発見されました。(何度もお伝えしますが、レンタルバイク屋さんのスグ側です。)この遺跡から出土した化石人骨がどうやら山下洞人(やましたどうじん)と呼ばれるようで、この遺跡からは3万2千年前の8歳ぐらいの女児の人骨などが発掘されており、1969年に琉球政府の史跡指定を受けました。琉球政府です。

そして、現在は沖縄県指定史跡に指定され、以前は一般市民の私有地内にあり遺跡保護が課題となっていましたが、那覇市が買い取りを終え昨年末に完成したようです。(実際には私が行った際には完成していないのか2台ある駐車場には鎖が掛かったままになっていました。)

山下町第一洞穴遺跡出土骨山下町第一洞穴遺跡説明
公園内にはこの写真のようにアニメちっくに解説しているものが2つあります。

山下町第一洞穴遺跡公園鎖のかけられた駐車場

どこにあるの?

沖縄県那覇市山下町にあります。番地はちょっとわかりませんので、地図を添付しておきます。ゆいレールの奥武山公園から徒歩3分ぐらいです。駅の横断歩道橋を上手に渡ってくださいね。

見どころはなに?

見どころは、というと女児の人骨のモニュメントというか実物大の模型というのか?が展示というか設置されています。(先ほどの写真を参考にしてください。)あと、この洞穴の小高い山というか丘に以前は金網が貼っていなかったようですが、現在は金網が貼ってあります。もちろん、立ち入り禁止です。洞穴遺跡の保護ということなのでしょう。これをどう見るのか?で感じ方は様々かも知れませんが、私はなんだかとっても大切にしているように感じました。中には当時の面影もない。なんて思う人もいるようですが…

ちょっと、話しが逸れましたが、見どころはこの他にはあまりないというか…考古学に興味のある方や学者の先生からは叱られそうですが、そんなイメージです。あとは、普通の公園のように色々な遊具があります。

山下町第一洞穴遺跡説明山下町第一洞穴遺跡公園山下町第一洞穴遺跡公園遊具山下町第一洞穴遺跡公園遊具

まとめ

ここ沖縄県は歴史的に色々と見どころがあるので、ちょっとモノ足りませんが、子供の教育の一環としてこういうものを見せるのも良いかもしれません。但し、実際に石器は出土していないようですので、その辺りのものは無かったりしますので、少女の骨を見て何を子供に伝えるのか?ちょっと、難しいですがね。(笑)

私なら、日本人のルーツ解明につながるともいわれていることから、日本人の祖先は南方から南西諸島をへて本土にたどりついたとする説もあるんだよ。日本人の起源を探る重要遺跡なんだよ。とでも話しますかね。何につけても貴重な遺跡がここにある。ということが何よりも重要なんだと思います。

また、詳しい情報が入手できましたら更新したいと思います。