空港から15分で行ける観光スポットとして人気なのが、瀬長島

飛行機の離発着が真下で見れる島として、ドライブコースとしても人気です。

その瀬長島に、オシャレなスポットがあります。フライトの時間をもてあましてしまった方のために、瀬長島ウミカジテラスをご紹介します。

スポンサーリンク

瀬長島とは

沖縄の伝説によると、豊見城においてはじめて集落が形成されたのは、瀬長島であるといわれています

戦前は、神の島、信仰の島として。多くの人が訪れたそうです。夜は、若者が浜辺で唄い遊び、愛をはぐくんだそうです。

ウミカジテラス全景

瀬長島ウミカジテラスとは

「瀬長島ウミカジテラス」とは、瀬長島の西海岸に隣接した傾斜地に展開する商業施設です。小規模な店舗が立ち並んでいます。

南イタリアのギリシャの海沿いの街をイメージコンセプトとしています。

ウミカジテラス入口

肉バル、イタリアン、カフェバー、アイスクリン、ジュエリー、革製品、ヘッドスパなど、いろいろなお店が点在していて、「買う」「食べる」「学ぶ」を体感することのできる施設です。

ウミカジテラス風景3

行き方

空港から来ると、豊崎の方に右折するところがあります。右折は2車線あるのですが、瀬長島に行きたい場合は、一番右側にいたほうがいいです。

この右折レーンは、大変事故が多い場所です。というのも、右から2番目のレーンで右折すると、豊崎へ行きたい人は強引に左車線に入り、瀬長島に行きたい人は、右折に入るからです。

シャトルバス

モノレールの赤嶺駅と、久茂地前駅から無料のシャトルバスが出ています

運行状況など知りたい場合は、お問合せ番号:098-857-8133

営業時間

店舗によって異なりますが、10時~22時年中無休です。

オススメ店舗

沖縄でしか味わえないソウルフード、タコライスなんかもオススメです。

ウミカジテラス風景 ウミカジテラスタコライス

ちまたの噂によりますと、うちなーんちゅに人気のお店は、旭川ラーメンらしいです。北海道への憧れからでしょうか?

「旭川ラーメン 梅光軒 沖縄店」旭川で40年以上も愛される老舗で、なんと東京以西では初出店だそうです。旭川を代表する味は、やはり醤油ラーメンでしょう。

「YONAR’S GARDEN」お肉とワインとクロワッサンがメインで石垣牛をリーズナブルに味わえるお店です。ランチの方がリーズナブルに石垣牛味わえるそうです。

マニアには、フライトシュミレーター体験ができるトライエアがオススメです。行っては見たものの、ボタンがありすぎてさっぱり。

次回は、機長さんをお連れしてみようと思っています。

ウミカジテラスフライトシュミレーター

サンセットLIVE開催

ウミカジテラス風景4
毎日野外LIVEが開催されています。JAZZ,フラダンス、ラテンミュージック、フラメンコなど、LIVEていると、奥に見える穏やかな海、ゆったりとした時の流れを感じ、南国気分~です。

注意したいのは、雨が降るとLIVEは中止になります。雨除けのないステージでの開催なので、仕方がないですよね。

サンセットが綺麗

美しいサンセットが眺められます。私も、サンセットが見たいと、何度もタイミングを見計らって車を走らせています。なかなかみられない貴重な夕陽を撮影したポイントとして、テレビ、新聞でも紹介されていました。

天気のいい日は、慶良間(ケラマ)諸島まで見渡せます。

ウミカジテラス目の前海

風の強い日と雨の日は要注意

目の前が海といった立地に建っているので、風が強い日は店舗を散策するのがとっても大変です。それと、店舗が立ち並んでいるのですが、アーケードなどはないので、雨が降ると店舗への移動は常に傘をささなければなりません。

飛行機の離発着

空港の滑走路誘導灯の真下に行けます。待機していると、大迫力の飛行機が真上を通過します。

隠れスポット・子宝岩の碑

瀬長島には、子宝を授かる聖地と言われていたそうです。その理由は、戦前、瀬長島には高さ数メートルの岩がありました。その岩の頂上付近にある上下二つの穴めがけて石を投げ、上の穴に入れば男子、下の穴ならば女子を授かるといわれていました。「イシイリー」(石入れ)または「子宝岩」とよびました。現在は、石碑とともに再建されています。

シーサーイズマモリガミブログ2 シーサーイズマモリガミブログ1出典:シーサーブログ

温泉

もともと、湯船につかる風習がないうちなーんちゅにとっては、瀬長島に温泉ができた!と大変話題になりました。ですが、誰しも疲れをとるならやっぱり温泉でしょう。日帰り入浴も可能なので、是非立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

日帰り温泉の利用について

営業時間 6:00~(23:00入館)24:00閉館
料金:大人(中学生以上)/平日1,330円 土日祝1,540円 小人(小学生)/720円 幼児/無料
※料金には入湯税及び消費税も含まれております。(入浴税非課税対象者/12歳未満、修学旅行生、身体障害者)

まとめ

はじめて行った時は、白を基調とした、オシャレな商業施設だなと思いました。目の前が海ですし、まさに、南イタリアのギリシャの海沿いの街へ来たような、なんとも言えない雰囲気を味わうことができます。昼からアルコールを楽しむこともできますので、海を眺めながらフライトまでの待ち時間を満喫するのもいいですね。

瀬名島の場所はこちらになります。