沖縄県はきれいな海があり、熱帯地方特有の色とりどりな魚がいます。

県魚のグルクンをはじめイラブチャーやミーバイなど沖縄料理のお店では聞いたことがあるのではないでしょうか?実は、釣りガールの私。まだまだ美味しい魚もいっぱいいるのであろうと心躍らせ、沖縄県内の釣りスポットをいろいろ探し中です。

ちなみに、私の釣りスタイルは基本的にお金をかけない防波堤や漁港でのファミリーフィッシングスタイルです。大きい魚を狙うには船で沖まで出た方が確率が高いのですが、今回は地元の人が普段気楽に通う釣り場を紹介します。

ふーこ釣り
スポンサーリンク

どんな魚が釣れるの?

本土の海で釣れるものとは少し様子が違います。南下してきた回遊魚は型が大きく引きが強いのが特徴です。変な形の魚が多いです。平たい魚や細長い魚など、これは食べられるの?というようなものが多いです。漁港で釣果があがっているものは、グルクン・ウジュル・ガーラ・エーグヮー・ミーバイ・トゥカジャー・イラブチャー・タチヌイユなどなど。

方言で書いても何の魚か分からないですよね?後ほど紹介します。また、真鯛のようなよく知ってる魚は釣れません。スーパーでは見かけるものの販売されているものは養殖がほとんどです。釣りあげてビックリ、熱帯魚の登場です。都会の熱帯魚専門店に持って行ったら高く買ってもらえそうなカラフルなお魚も普通に釣れます。

沖縄の魚

私の釣果があった場所

  • 本部港(北部)
  • 名護漁港(北部)
  • 熱田漁港(中部)  ★今一番のお気に入り釣り場
  • 宜野湾新漁港(中部)
  • 牧港漁港(中部)
  • 牧港ヤマダ電機の裏(中部)
  • 馬天港(南部)
  • 与那原マリンタウン(南部)

人気の釣りスポット

・那覇一文字

遊漁船乗り場から、那覇一文字へ渡し舟で行きます。沖縄近海はサンゴ礁に囲まれている為、磯が少ないです。磯釣りを楽しむには最高のスポットです。初心者向けのカゴ釣りでグルクン。テトラ付近でミーバイ。フカセや大物仕掛けで大型回遊魚のガーラ・トカキン・カチューなどが釣れることもあります。常連のおじさんや女性の姿もあり、1年中楽しめるスポットです。

釣り人

運がいいとマグロ!?

私の経験談ですが、移住後初めて釣りに行った日の出来事です。熱田漁港で釣りをしていると、漁港に船が帰ってきました。

レジャーフィッシングで沖へ出ていたアメリカ人のグループで、大きな黒いごみ袋をドサッと下すと、こちらに向かって歩いてきました。どこかにごみを捨てると思いきや、ごみ袋の中から大きなマグロとカツオを取り出し「△◆※★♪¶?」何か言って置いて行きました。

プレゼント?と言っていたのでしょうか?初の沖縄での釣りで、しかも漁港でマグロにカツオの釣果!?刺身にして美味しくいただきました。

けんちゃん

魚の名前が覚えきれない

お魚の名前が方言すぎて、最初のうちは、さっぱり分かりませんでした。一般的な魚図鑑に載っている名前はほとんど使いません。しかも、何種類もあるはずの魚を勝手にひとくくりで読んでしまうという沖縄らしい感じがいいです。もちろんスーパーで売られている魚もパッケージの表記は方言名です。記事に書いた魚の名前を一部紹介します。

沖縄方言(うちなーぐち)和名
グルクンタカサゴ、ササムロ、ウメイロモドキなど8種類
イラブチャーブダイ科の魚
ミーバイハタ科の魚
ウジュルキス
ガーラオニヒラアジ、ギンガメアジなど平たいアジ
エーグヮーアイゴ
トゥカジャークロハギ、カンランハギなどニザダイ科の魚
タチヌイユ太刀魚
トカキン磯マグロ
カチューカツオ

魚

昼間と夜では釣れる魚の種類が変わる

石垣島の友人の釣法です。昼間は足の親指に投げた釣り糸を結び付けて横になり、当たりが来るまで寝て待つ。昼寝漁法。穏やかな波の音を聞きながらうたたねをする。ついでに夕食もGETする一石二鳥の釣法です。

ところが、夜になると海の様子が変わります。昼間の透きとおった沖縄の海では、大型の魚は人の姿を警戒して浅瀬には来ません。夜になると餌を求めて浅瀬に入って来ます。こんな時に昼間の昼寝釣法を行えば、大型の魚の強い引きに足の親指はちぎれて無くなることでしょう。仕掛け自体も大物仕掛けに変えて、釣り人も真剣勝負をします。海を知り尽くしていないとこんなこと出来ませんね~。

猛毒注意

海には危険生物もたくさん潜んでいます。うっかりウミヘビが釣れてしまうことだってあります。そんな時は上手に針を外して、そっと逃がしてあげましょう。私の場合怖くて触れないと思います。(汗)

最近では、宜野湾新漁港で優雅に泳いでいるウミヘビを見かけましたよ。下手に刺激せず、ただただ通り過ぎるのを待ちました。他にも毒を持った魚もいます。

よく釣れるエーグヮーの背びれには毒腺があり、刺されると1日泣かなくてはいけないくらい痛いです。知らずに鷲つかみした人の手がグローブみたいに腫れ上がっているのを見たことがあります。

台風接近で魚は釣れる?

お魚たちも台風の接近は分かるようです。台風が近付くとサンゴや小石を食べお腹の中に重りを作り、潮に流されないように磯の陰に身を隠すそうです。台風前はお腹がいっぱいであまり釣れないという噂。逆に台風が通り過ぎるとサンゴや小石を吐き出し、お腹が空っぽになるから、よく釣れるという話です。昔の人が台風の時に海に近付かないように作った作り話という説もあります。

台風工場の沖縄では台風前からうねりが出てしまい全く釣りになりません。それでも釣りに行く人がいます。よく台風前後に釣りに行き高波にさらわれ行方不明…というニュースを見かけます。ライフジャケットの着用と危険な釣り場で釣りをしないことを徹底しないと海は恐いです。

潮時だけじゃない沖縄の釣り

沖縄は琉球王朝時代から、海に囲まれた海洋民族として貿易で船を使うなど海との繋がりが深いところです。潮の満ち引きで出港時間を決めていたこともあるようです。海釣りは潮を読め!とよく言います。大潮・中潮・小潮・若潮・長潮などカレンダーに書かれていますよね。今日の釣果もかなり潮に左右されます。ベテランの漁師(海人)は、今日の潮が海の臭いで分かると言います。すごいですね。釣りの言葉に「上がり七分に下がり三分」または「てっぺん狙え!」など潮に関することをよく耳にします。分かっていてもこのとおりになかなかいかないのが釣りの楽しいところです。

沖縄の釣りもうひとつの条件が、気圧です。「気圧が上がる日がよく釣れる」沖縄の天気はころころ変わります。週間天気予報はあてにならないし、今日は晴れ予報だったはずなのに大雨が降ったり…今は便利な雨雲レーダーアプリなどがありますので、スマホ片手に雨予報をすることが出来ます。雨あがりの太陽が顔を出した時こそが狙い目です。

おじぃ曰く、黄色いハイビスカスが満開になったらよく釣れるそうです。(笑) 黄色いハイビスカスは天気がいい日にしか咲かないそうです。おじぃ情報なので信じるか信じないかはあなた次第です。(笑)

夏場は人がいない

夏の沖縄は紫外線が強く、一日中屋外にいれば熱中症になります。特に昼間の漁港は静かで時々釣り人の姿を見かけるものの、早々に竿を片付けて帰っていきます。私も1度挑戦しましたが、日陰もない漁港で30分も過ごせば釣りどころではなくなります。夏は夜釣りがいいですね~。

釣った魚の食べ方

調理法は塩焼きや煮つけなどが多いですが、沖縄ではマース煮で食べることがあります。マース煮?マース=塩です。塩・昆布だし汁・泡盛(酒)で煮るだけのシンプルなもの。素材の味がそのまま味わえます。

私はミーバイのマース煮が大好きです。また、何かよく分からない種類の魚が釣れた時は、とりあえずフライか天ぷらにしちゃいます。地元の人曰く何でも揚げてしまえば大丈夫。らしいです。

自己責任でお願いしますね。

まとめ

私の父の実家は釣り道具屋さんです。そんな私の父は釣り吉で釣り歴約70年の筋金入りの釣りバカです。釣り道具屋さんは、今は叔父が経営していますが・・・。そんなわけで、幼い頃から父の影響で釣り好き女子になっています。嫁入り道具の中に釣り竿が無いなんて許さん!by父上。(笑) ということで、沖縄移住の荷物の中に釣り道具一式入れて来ました。

そして、現在、秋冬は休みになると夫婦で釣りに行きます。食料調達に行っているという噂も?釣れても釣れなくても海で釣り糸を垂らしているだけでリフレッシュになります。沖縄の青い海で釣りが出来る幸せ。

いつか大海原に出て船釣りで大物GETしてきたいと思っています。その時は必ず記事書きますのでどうぞお楽しみに。

また、魚でも危険な生物はたくさんいますのでこちらの記事も合わせてお読みください。

▶ 沖縄のビーチで注意するべき危険海洋生物13種類