フライトの際の本当に辛かった出来事です。

飛行機に乗った際、割れるような頭痛と耳の痛さに襲われました。

花粉症の方、鼻炎の方は是非知っておいてほしい、今回はそんな話題です。

スポンサーリンク

飛行機の中で耳が痛い

hikouki

機内で耳がキーンとしたり詰まった感じになったりすることがよくあります。

これは、気圧の変化によるものです。地上は一気圧ですが、上空に行けば、気圧は低くなります。上昇と下降で圧の変化が耳の中で起こり、うまく機能しないと、塞がった感じや、痛みを感じたりすることになります。

風邪をひいている小さなお子さん、赤ちゃんの鼻が詰まっている場合は、本当に注意してください。

乗るたびに繰り返し起こす人や治りにくい場合は、もともと耳管機能に問題があることが多く、その原因としては副鼻腔炎などの感染症や、花粉症などのアレルギー性疾患がある場合が考えられます。

飛行機フライト2

航空性中耳炎

キャビンアテンダントの友人に、症状を伝えたところ、キャビンアテンダントがよく悩まされる病気だと知りました。飛行機の中で発症する中耳炎です。

飛行機以外でも、高層ビルのエレベーター、高山でのドライブなど急激な圧変化にさらされた時に、同様の症状が生じることがあります。

耳管(じかん)は、鼻の奥にある上咽頭(じょういんとう)の側面から中耳までを連絡する管で、中耳と外界の圧のバランスをとっています。機内で耳管機能がうまく働いていない状態で、中耳の圧調整が急速に起きた場合に生じるさまざまな耳の障害を「航空性中耳炎」と呼んでいます。

症状の現れ方

激しい耳痛(じつう)、耳の詰まった感じ、難聴(なんちょう)、耳鳴り、頭痛などです。急な圧変動で内耳まで影響が及び、めまいが生じることもあります。

航空性副鼻腔炎

飛行機に乗ったときにおこる副鼻腔炎で、急激な気圧変化で発症します。鼻が詰まっていると副鼻腔の圧調整がうまくできないことで炎症をひき起こします

症状の現れ方

頭の重たい状態。頭痛と顔面痛(眉間・眼の奥・頬)が主な症状です。私は、着陸体制に入ったころ、鼻がボンッと音がしたと思ったら、その後、猛烈な耳の痛みと頭痛、さらには、片側だけでしたが頬までの痛みを発しました。

検査と診断

機内で症状が出たら、すぐに耳鼻咽喉科へ行くことをお勧めします。私は、飛行機を降りた時は、あまりの頭の割れるような痛さに、意識がもうろうとしていました。片耳も聞こえなくなっていました。ずっと耳がボンボンなるような感覚を繰り返していました。

何度も唾を飲み込んだりあくびを試みたりしたのですが、一向に変化がなかったので、すぐに耳鼻咽喉科へ向かいました。その際に、飛行機で・・・と伝えたら、すぐにお医者様はわかってくれました。

予防と対処

体の抵抗力が低下している時に発症しやすいので、疲れを抜いて体調を整えることが大切です。アレルギーや風邪による鼻炎(鼻水、鼻詰まり)の諸症状がある方は、飛行機に乗る前に、耳鼻科を受することをお勧めします。乗ってからでは、遅いです。

乗った後は、ならないように予防するしかありません。予防法は鼻をかんで鼻の通りを良くしておく、着陸体制に入ったら眠らない、耳抜きをする、アメなどを舐める、これらのことを、意識的にやらないと、辛いです。

その他・フライト時に起こる症状

空酔い(吐き気・嘔吐)

船や車と同様に、飛行機でも乗り物酔いになります。飛行機旅行中に気分が悪くなり、吐いてしまうような状態を空酔い(そらよい)といいます。気流の悪いところを通過する場合などに起りやすくなります。

おなかが張る・おなかが痛い

私たちの胃腸の中の空気は飛行機が上昇すると膨張するため、便秘の人やガスを多く含んだ飲み物を多くとると、おなかが張ったり腹痛を起すことがあります。

歯が痛い

飛行機が上昇・下降する際に歯が痛くなることがあります。原因は虫歯や処置中の歯の中に含まれている空気が膨張・収縮するためです。飛行中に歯が痛んだ場合は、そのまま放置せず、到着後すみやかに歯科医を受診してください。

のどが渇く、眼が痛い

機内は乾燥しているため、適度な水分を取っていないと体内の水分が足りなくなり、のどが渇いたり、眼が痛いなどの症状がでてきます。

まとめ

花粉症の方が多い時期は、特に気を付けたいですね。

せっかくの旅行が台無しになってしまいます。もし、どうしても乗らなければならないという方は、事前に病院に行き、相談することをお勧めします。本土と沖縄の気温差で旅先で体調をくずしてしまった方は、帰りの飛行機で症状が出ないように注意してくださいね。