美ら海水族館から約10分。沖縄本土からつながる瀬底大橋のたもとにある小さなビーチ、それがアンチ浜です。

瀬底島には人気の高いロングビーチ・瀬底ビーチがありますが、こちらのアンチ浜はコンパクトなつくりで、プライベート感たっぷり。地元の方に人気なので、観光的には穴場ビーチです。

瀬底ビーチ同様、透明度抜群の海では、シュノーケリングが楽しめます。内海にあたるので波も穏やか。熱帯魚にもたくさん出会えるアンチ浜をご紹介します。

スポンサーリンク

【どういうところ?】

anchihama

アンチ浜は地元の人に人気のビーチです。理由は…

  • ビーチの直前に駐車場があって、駐車場代が無料、橋からすぐで利便性もよい
  • 車をおりてすぐに海に飛び出せるコンパクトさ
  • 北部の離島ならではの透明度の高さ、白い砂の天然ビーチ
  • 遊泳区域や遊泳時間の制限がない自由さ ※ただし橋の下は流れが変わるので遊泳禁止
  • みんな瀬底ビーチに行くので、人が少なめでプライベート感がある

です。家族連れの方は、はぐれなくて、よいかもです。

【何ができる?】

anchi-hama

アンチ浜はシュノーケリングOKです。

さらに波が穏やかです。珊瑚もあり、熱帯魚もたくさんいます。海水浴とともに、シュノーケリングが楽しめます。

ただしハブクラゲ防止ネットがなく、監視員も不在なので、安全面にはご注意ください。

ビーチからは伊江島(いえじま)、そして沖縄本島が見えます。ビーチの隣には白浜食堂という休憩所がありますが、食事の提供をお休みしているそうです。(2016年9月)

夏には海の家がオープンし、バーベキューもできます。

施設情報

施設名

アンチ浜

住所

〒905-0227 沖縄県国頭郡本部町瀬底2631

電話番号

0980-47-2700

営業時間

遊泳期間:設定なし 24H入場可能

海の家:5月~11月、時間は朝~日没

定休日

海の家:12月~4月は閉店

入場料

無料

クーポン・割引

マリンスポーツは、ネットからの事前申し込みで割引

沖縄マリンスタジオ瀬底島

所要時間

2時間~

施設設備

白浜食堂、海の家(夏季)、シャワー大人250円 小人150円

トイレ、更衣室

【レンタル品】

※白浜食堂

パラソル&チェアー2,500円 パラソル1,000円、浮き輪500円、シュノーケル1,000円、水中眼鏡200円、マリンシューズ1,500円

【マリンスポーツ】

※沖縄マリンスタジオ

バナナボート1,800円、マリンジェット3,000円、パラセーリング7,000円など各種コースあり。メニューが随時増えているようなので、詳細はHPをご覧ください。

問い合わせ:沖縄マリンスタジオ(0980-47-7355

沖縄マリンスタジオ瀬底島

【バーベキュー】

バーベキューは夏季のみ 問い合わせ:沖縄マリンスタジオ(0980-47-7355

アクセス

※アクセスは車が便利です

【車】

那覇空港から車で約2時間弱

カーナビ設定

住所「沖縄県国頭郡本部町瀬底2631」にて検索ください。

駐車場

無料 20~30台

地図

ストリートビューで見る

観光のポイント

普段は波が静かですが、フェリーが通ると、波が来ます。橋の下には日陰ができますが、橋の下は遊泳禁止などで、泳ぎたい方は橋とは逆側のビーチに陣取ると便利です。

また、ハブクラゲネットの設置がないので海水浴やシュノーケリングをする場合、危険生物についてこちらを参考にしてください。

沖縄のビーチで注意するべき危険海洋生物12選

お客様の声・口コミ

シュノーケルは感動。透明の海に、熱帯魚がいます。ただ、足場はサンゴなのでマリンシューズは必須です

ビーチもですが、駐車場もコンパクト。でも駐車場無料は、すごく嬉しい!ほんとに駐車場の目の前がビーチです。

まとめ

シュノーケリングやダイビングを提供する業者さんの間では、地元の方だけが使う穴場中の穴場というお勧めが目立っていました。業者さん自体も、他の人気で広いビーチを利用する人が多いのだそうです。

ですが、最近少しずつ人気出て、整備が進み始めている様子です。沖縄本島から車で行ける中では、1・2を争う透明度といわれる瀬底島のビーチ。美ら海水族館帰りに立ち寄れる気軽さも魅力です。