沖縄在住の沖縄好きがお届けするガイドブックにも載っていないコアな沖縄情報をお届けします。沖縄で遊ぶならWe-Love沖縄をチェック!

沖縄県の情報サイトWe-Love沖縄

沖縄本島北部近隣離島

沖縄本島北部近隣離島の記事を掲載しています。離島は伊江島(いえじま)、伊平屋島(いへやじま)、野甫島(のほじま)、伊是名島(いぜなじま)、屋那覇島(やなはじま)、具志川島(ぐしかわじま)、水納島(みんなじま)、宮城島(みやぐしくじま)の以上です。

離島 祭り・その他イベント

香り立つ純白のゆり100万輪!第24回伊江島ゆり祭り

各地のビーチで次々と海開きが行われ、沖縄がトップシーズンに向かう4月末~5月初旬。 沖縄本島北部の本部港からフェリーで30分の伊江島は、真っ白なテッポウユリに彩られます。一般には6月~8月頃に開花するゆりですが、温暖な気候の沖縄ではゴールデンウィーク前後がまさに見頃。澄んだ海と空の青に映える、真っ白な100万輪のテッポウユリのじゅうたんを一目見ようと、沖縄県内外、国外からもたくさんの観光客が訪れています。 フェリーで海を渡り、心地よい風と美しい景色を堪能できる初夏のお祭り。どうぞご覧ください。 伊江島ゆり ...

ホエールウォッチング

ホエールウォッチング

冬の沖縄を楽しむ・大きな生命を感じることのできるホエールウォッチング

沖縄に冬、ゴルフや卒業旅行・社員旅行などで来られる方も多いこの頃、よく耳にする会話というのが・・・ 「冬の沖縄で何をするの?」という会話。 確かに冬だと沖縄といえど海はまだ冷たいし、北風の強い日もあります。しかし、私は冬こそ沖縄の海アクティビティーをおすすめします。 5mmのウェットスーツを着て潜れば、夏より数倍澄んだ海中世界を満喫できますし、大きな身体に神秘的な雰囲気をまとった、優雅な生物もご覧になれます。 そう、今の時期はクジラたちの周遊時期なのです。 ホエールウォッチングとは? 沖縄でホエールウォッ ...

kourijima

離島 観光スポット

大人気!恋の島・古宇利島(こうりじま)(今帰仁村・なきじんそん)

沖縄本島から車で行ける離島、古宇利島。TVや雑誌の沖縄特集でも取り上げられることが多い人気の島です。 透明度の高いサンゴ礁の中を抜けて渡る古宇利大橋や、CMで人気に火が付いたハート岩、透明度が高く、手ぶらで行っても楽しめる古宇利ビーチ、その海を一望できる古宇利オーシャンタワーなど、人気のスポットがたくさんあります。 そんな古宇利島の見どころ、ご紹介していきます。 まずは、空からご一緒に古宇利大橋(こうりおおはし)を渡りましょう。 【どういうところ?】人気スポット満載の小さな島 美ら海水族館から車で約30分 ...

cyuraumi-iejima

ハブクラゲ

【沖縄県北部】ハブクラゲ防御ネット設置・安全なビーチ15ヶ所

沖縄県北部というと、誰もが思い浮かべるのが美ら海水族館ですが、その近辺のビーチでより安全に泳げるビーチを15ヶ所ご紹介します。 より安全に!というのが気になる方もいると思いますが…沖縄県は日本といっても亜熱帯の地域なので、本土では想像もつかない危険な生物がいます。 中でもハブクラゲは毎年、被害者が100名ぐらい出いていて、その中でも数人は亡くなっているという恐怖のクラゲです。浜に打ち上げられていても触手の毒は無くならないのでかなり危険です。 出典:沖縄県 しかし、そんなハブクラゲの被害を最大限減らそうと、 ...

kouri-beach

ビーチ 離島

橋のたもとで人気・古宇利ビーチ(こうりビーチ)(今帰仁村・なきじんそん)

美ら海水族館から車で約30分。透明度の高い美しい海が、その両側に広がることで人気の古宇利大橋のたもと、古宇利島の入り口に広がるのが古宇利ビーチです。 橋を渡ってすぐなので、気軽に立ち寄れて、透明度のとても高い天然ビーチということもあって、観光客からも地元の人からも人気の高いビーチです。 一度は訪れたい、古宇利ビーチのご紹介です。 【どういうところ?】観光でも地元の人からも人気のビーチ 古宇利ビーチは、古宇利島の入り口にある天然ビーチです。アクセスのしやすさで、古宇利島に数あるビーチのなかで、最も人気のある ...

anchi-beach

ビーチ

プライベート感のある穴場ビーチ・アンチ浜(本部町・もとぶちょう)

美ら海水族館から約10分。沖縄本土からつながる瀬底大橋のたもとにある小さなビーチ、それがアンチ浜です。 瀬底島には人気の高いロングビーチ・瀬底ビーチがありますが、こちらのアンチ浜はコンパクトなつくりで、プライベート感たっぷり。地元の方に人気なので、観光的には穴場ビーチです。 瀬底ビーチ同様、透明度抜群の海では、シュノーケリングが楽しめます。内海にあたるので波も穏やか。熱帯魚にもたくさん出会えるアンチ浜をご紹介します。 【どういうところ?】 アンチ浜は地元の人に人気のビーチです。理由は… ビーチの直前に駐車 ...

sesokobeach

ビーチ

抜群の透明度と白砂の天然ロングビーチ・瀬底ビーチ(本部町・もとぶちょう)

瀬底ビーチは、美ら海水族館の近くにある離島、瀬底島にあります。沖縄本島とは、瀬底大橋で結ばれているので、車で行くことができます。 瀬底ビーチの特徴は、なんといってもその透明度の高さ。沖縄本島から車で行ける中ではトップクラスといわれています。その透明な海に、白い砂浜が続く、美しい天然ビーチは、グラビア撮影にもよく使われるとか。 遊泳ビーチには珍しく、シュノーケリングも可能なので、大変人気のビーチです。 目の前には伊江島が見えて、サンセットの名所としても有名。 ロケーションまでばっちりの、瀬底ビーチをご紹介し ...

パワースポット

子だから岩のあるニャティア洞(にゃてぃあがま)伊江島(伊江村・いえそん)

沖縄本島から近い多くの島が橋で繋がっているのに対して、沖縄美ら海水族館からも見える神秘の島・伊江島は、本部港からフェリーで、渡航時間わずか30分で行くという島です。沖縄本島よりも美しい海と絶景に出会える神秘の島とも言われています。今回はその伊江島にあるニャティア洞という洞窟に行って来たのでご紹介します。 ニャティア洞ってなに? 島の西側のきれいな海に面した洞窟で、こちらが駐車場です。数台駐められるスペースとトイレがあります。 駐車場から階段を降りると、入り口はこのようなところです。 中に入ると少し暗いので ...

城山 たっちゅー

登山 離島

たった15分で頂上を目指せる伊江島・城山(ぐすくやま)登山(伊江村・いえそん)

本島から近い多くの島が橋で繋がっているのに対して、沖縄美ら海水族館から見える伊江島は、真ん中に烏帽子のような山があり、本部港からフェリーで行くという島です。渡航時間はわずか30分という短時間で本島より美しい海と絶景に出会える神秘の島です。 今回はその神秘の島、伊江島のシンボル城山(ぐすくやま)別名タッチューの山頂までの登山を体験して来たのでご紹介します。 伊江島・城山(ぐすくやま)はこんな山 沖縄本島や東シナ海の海上から伊江島を眺めたときに、真ん中に烏帽子のような独特な形に突き出した標高172.2mの山が ...

伊江島本部から

離島

美ら海水族館から見える沖縄・伊江島で味わえる23の感動体験

美ら海水族館から見えるとんがった山が特徴的な島、伊江島。遠くのほうに見えて、実は本部からフェリーで30分で行ける島なのです。 一体どんな島なのだろう?と思われている方のために、私が伊江島で体験したこと、感動したことをご紹介します。 1.伊江島を日帰りで楽しむ 伊江島は本部港からフェリーが出ています。特に夏のシーズンや、島の大きなイベントの時は、増便(通常4便が8便まで増便)するため、気軽に行ける島なのです。※最後にフェリーの時刻表があります。 そして、遠いように見えて、実は、フェリーで30分で行けてしまう ...

ふるさと納税

ふるさと納税

中学生でもわかる!今さら聞けない「ふるさと納税」とは?

ふるさと納税って最近よく聞くけど…あれで沖縄の特産品とかもらえるの?でもなんだか面倒くさそうだけど… そんな方のために中学生でもわかるように、ふるさと納税について解説します。 特に下記のようなことを思ってるあなたにおすすめです。 そもそもふるさと納税って何なの? 何がお得でどんな仕組みなの? 確定申告が必要で面倒なんじゃないの? ところで何で特産品がもらえるの? そんなことで何で地域に貢献できるの? 高そうな特産品なんてあげたら税金が減っちゃうんじゃないの? 沖縄県のふるさと納税はどんな特産品がもらえるの ...

ハートロック2

離島 おすすめコース

古宇利島(こうりじま)で絶対行ってほしい5つのスポット(今帰仁村・なきじんそん)

古宇利島は観光客に人気です。なぜ人気なのか?その理由は、きれいな海と、気軽に行ける離島であることだと思います。 「沖縄本島できれいな海が見られるスポットは?」と聞かれたら、是非おすすめしたいスポットのひとつです。 じっくりまわれば見どころはたくさんありますが、北部を旅するなら、美ら海水族館も行きたい、今帰仁城も行きたいという方が多いと思います。 そんな方のために、時間に限りがあっても、絶対に古宇利島で行ってほしい5つのスポットを紹介します。 古宇利島(こうりじま)とは 沖縄本島北部の今帰仁村にある古宇利島 ...

恩納村ホエールウォッチング協会より

ホエールウォッチング

遭遇率98%・沖縄のホエールウォッチングに参加するポイント

12月下旬から4月上旬までの沖縄。 期間限定のアクティビティと言えば、ホエールウォッチングです。 シベリア海域に生息しているザトウクジラが 、出産と子育てのために沖縄のあたたかい海にやってきます。 ホエールウォッチングの見どころは、"クジラのダイナミックなパフォーマンス"です。4階建てのビルに匹敵する15mの体長と、大型バス3台分に相当する30トンの巨体を間近で見れたときの感動は忘れられない思い出になると思います。 そこで今回は、たくさんありすぎてわからない沖縄ホエールウォッチングツアー、どれを選ぶべき、 ...

のーリー太平洋戦争と伊江島資料より引用

沖縄戦

沖縄戦体験者が語る衝撃の事実

主人のお父さん(のーりーおじい)は戦争体験者です。 昭和20年4月16日米軍が伊江島に上陸した、その時おじぃはまだ10歳。。。 母親を早くに亡くしたため、家族は父親と、てる14歳、ヒロ12歳、の~り~10歳、ちぃ8歳、よしこ7歳、たけ3歳、大人1名、子供6名の7人家族。 子供ながらに感じたこと、貴重な話をたくさん聞けました。今では想像できないような、ちょっと気分が悪くなってしまうようなお話しかもしれません。体験談は、やはり、真実なのです。なので、後世に伝えていきたいと思います。 伊江島空港 出典:沖縄公文 ...

1泊2日

1泊2日 弾丸ツアー・沖縄美ら海水族館は外せない編

沖縄に行くならやっぱり沖縄美ら海水族館には行きたいな!といわれるほど根強い人気。なぜならば沖縄美ら海水族館は、一度行ったことのある人も、初めて行く人も楽しめるヒミツがあるんです。そんなことも含め、1泊2日でも、沖縄美ら海水族館中心でまわる沖縄旅行のモデルプランを紹介します。 1泊2日 滞在時間はどのくらい必要? 沖縄は最低2泊3日、欲を言えば3泊4日は欲しい。やはりリゾート地はゆっくり滞在した方が楽しめます。 でも、今回は週末1泊2日でも問題なしのプランの紹介です、お父さんや彼に頑張って運転してもらいまし ...

離島 祭り・その他イベント

沖縄花のカーニバル・フィナーレは、伊江島で100万輪のゆり

沖縄花のカーニバルをご存知ですか? 1月からスタートして、ゴールデンウィークで終了。美しい花でおもてなしをしたい、そんなウチナーンチュのホスピタリティ期間中は県内で様々な花のイベントが開催されています。 このイベントのフィナーレは、100万輪のゆりなのです。そこで、ゴールデンウィークまで開催される 「伊江島ゆりまつり」を紹介します。 どんなイベントなの? ゆりまつりの開催は2016年は4月23日(土)~5月5日(木)まで。期間中は様々なイベントが開催されます。伊江島へ行くフェリーは一日4便。ですが、期間中 ...

Copyright© 沖縄県の情報サイトWe-Love沖縄 , 2019 All Rights Reserved.