沖縄在住の沖縄好きがお届けするガイドブックにも載っていないコアな沖縄情報をお届けします。沖縄で遊ぶならWe-Love沖縄をチェック!

沖縄県の情報サイトWe-Love沖縄

沖縄本島中部エリア

沖縄県中部エリアの情報になります。各市町村は下記の通りです。 うるま市(うるまし) 沖縄市(おきなわし) 宜野湾市(ぎのわんし) 浦添市(うらそえし) 中頭郡(なかがみぐん) 読谷村(よみたんそん) 嘉手納町(かでなちょう) 北谷町(ちゃたんちょう) 北中城村(きたなかぐすくそん) 中城村(なかぐすくそん) 西原町(にしはらちょう)

やちむんの里

ショッピング 歴史・文化

沖縄そのもののような素朴で優しい器が生まれる場所、やちむんの里

日本にはたくさんの陶器・磁器の生産地があります。 美濃焼(みのやき/岐阜県)や瀬戸焼(せとやき/愛知県)、益子焼(ましこやき/栃木県)、有田焼(ありたやき/佐賀県)、九谷焼(くたにやき/石川県)、清水焼(きよみずやき/京都)などの名前はあなたも耳にしたことがあるのではないでしょうか。その土地ならではの個性や雰囲気を持つ器たち。毎日の食卓やほっと一息入れるティータイムに、お気に入りの器を使っている方も多いと思います。 沖縄にも、17世紀初め頃から続く伝統を持ち、沖縄の土を使い、人の手と自然の力が生み出す陶器 ...

窯焚き編・焚き上げ

歴史・文化

読谷山焼・北窯の登り窯とやちむん作り【窯焚き編・焚き上げ】

前回までのおさらい 数か月にわたって沖縄県読谷村のやちむん(焼きもの/陶器)の里、読谷山焼・北窯にお邪魔し、土作りや登り窯の修繕作業などの取材記録をもとに、沖縄の生活になくてはならない日常の器に隠された物語をお伝えしている「読谷山焼・北窯の登り窯とやちむん作り」。 やちむんを手にしておられる方にも、これから出会う方にも、やちむんについて、そこに込められた思いや価値について、もっと知っていただけたら。そんな気持ちで書き進めています。 先日の記事では、登り窯への火入れまでの様子をご覧いただきました。 詳しくは ...

やちむんの里・北窯

歴史・文化

読谷山焼・北窯の登り窯とやちむん作り【窯焚き編・火入れ】

2018年11月27日。映像でしか見たことがなかった登り窯への火入れを初めて見たこの日から、やちむん(焼きもの/陶器)作りの現場にお邪魔させていただくこと数か月。やちむんの素材となる土作り、やちむんを焼き上げる登り窯の修繕作業など、貴重な過程に立ち会わせていただきました。 その様子を、これから一連の記事にまとめていきたいと思います。 次々と新しい技術が開発され、自然に触れることや自分の手で何かを作ることが日常から遠のきつつある現在にあって、自然の力を借り、人が手をかけ、時間をかけ、思いを込めて作っているも ...

yomitanmatsuri2018-1

祭り・その他イベント

2018年第44回読谷まつり

沖縄本島中部にある読谷村は、日本一人口の多い活気のある村。座喜味城跡や残波岬、やちむんの里など見どころも多く、沖縄屈指の人気観光地でもあります。 7月に以下の海と海人(うみんちゅ)のお祭り・都屋漁港のおさかなフェスタをお伝えしましたが、今回は読谷村をあげての大規模なお祭り「読谷まつり」にお邪魔してきました。 2018年第22回読谷村都屋(とや)漁港大感謝祭 おさかなフェスタ(読谷村・よみたんそん) こちらからご覧ください 2018年第22回読谷村都屋(とや)漁港大感謝祭 おさかなフェスタ(読谷村・よみたん ...

祭り・その他イベント

2018年第32回シーポートちゃたんカーニバル

風光明媚な西海岸に臨み、グルメやショッピング、エンタテインメントも充実したリゾートタウン、北谷町。町内の半分以上を米軍施設が占める土地柄もあり、異国情緒たっぷりの風景でも人気です。サーフィンやダイビングのポイントとして知られる宮城海岸、観覧車がランドマークの美浜アメリカンビレッジなど、沖縄の顔ともいえる観光スポットが集中しています。 そんな北谷町で2018年7月28日・29日に開催された、シーポートちゃたんカーニバル2日目の様子をお伝えしたいと思います。エイサー演舞、北谷町の顔・美ら浜大使コンテストの模様 ...

eisa-mamechishiki

エイサー

演舞を3倍楽しむために!知っておきたいエイサー豆知識

「イヤーサーサー」「ハイヤ」の掛け声と三線、太鼓の音色、鳴り響く指笛。今や沖縄を代表する伝統芸能がエイサーです。全島エイサーまつり、青年ふるさとエイサー祭り、一万人のエイサー踊り隊など、エイサーにちなんだイベントやお祭りもあちこちで開催され、沖縄県内外からファンが訪れています。創作エイサー団体も多く活動していて、県内各地にあるテーマパークではほとんど毎日その演舞を見ることができます。 今回は、沖縄に来たら一度は目にするであろうエイサーについて、知っておきたい楽しめる豆知識をお届けしたいと思います。 エイサ ...

祭り・その他イベント

卓球で「沖縄から世界へ!」Tリーグ参戦の琉球アスティーダ開幕直前リポート

温泉上がりに遊んだ思い出、体育の授業中にまぐれで決まったスマッシュ、新垣結衣さん・瑛太さんW主演の映画「ミックス。」。そして、2016年リオデジャネイロオリンピックでの日本選手団の大活躍。 「卓球」という言葉で、これだけの記憶がぱっと頭に浮かびます。小さなスペースで気軽に楽しむことができ、とても身近にありながら、オリンピックの正式種目でもあるスポーツ。少しなりとも自分でラケットを握ったことがあるだけに、世界で戦う選手たちのハイレベルな打球には本当に圧倒されてしまいます。あなたはいかがでしょうか? 2018 ...

senagasima

離島

最新版・沖縄本島から車で行ける離島のおすすめ観光スポット11選!

行ってみたい沖縄の離島はどこかと聞かれたら、あなたはどの島を思い浮かべますか?宮古島や石垣島、それとも久高島でしょうか。沖縄本島周辺には、何と160もの有人・無人の島々があるのだそうです。その中には、沖縄本島と橋で結ばれ、車で気軽に渡れる離島もたくさん。今回は、フェリーや飛行機を使わず気軽に行ける離島にある、11の観光スポットをまとめてみました。島へ向かう橋そのものが絶景ポイントであることも多いので、本島内の観光にプラスして、ぜひ足をのばしてみてください。 最新版・沖縄本島おすすめ観光スポット45選! 先 ...

ニャティア洞入り口

観光スポット

最新版・沖縄本島おすすめ観光スポット45選!

国内有数の観光地として大人気の沖縄。美ら海水族館、首里城、国際通り、きれいなビーチ・・・有名スポットはもちろんですが、沖縄で見られる景色や体験できることは本当にたくさん。何があるの?何ができるの?を集めてみたら、45か所にもなりました!旅の計画を練る前に、ざっくり沖縄を把握しちゃいましょう。まずは沖縄本島編、南からずずっと北上いたします。 1. 道の駅いとまん(糸満市) 新鮮な近海魚をリーズナブルに味わえるお魚センターや旬の実りがずらり並ぶファーマーズマーケットなどが人気で、地元客も足しげく通う道の駅。地 ...

toya-osakanafesta

祭り・その他イベント

2018年第22回読谷村都屋(とや)漁港大感謝祭 おさかなフェスタ(読谷村・よみたんそん)

沖縄本島中部にある読谷村は、座喜味(ざきみ)城跡ややちむんの里、残波岬などで知られる観光地。日本一人口の多い村としても有名です。村魚はジンベエザメ。ご存知でしたか?美ら海水族館にいるジンベエザメ、実はここ読谷村都屋の大型定置網で捕獲されたものなんです。漁港沖の生簀(いけす)で飼育もされていて、ダイビングやシュノーケル、グラスボートなどジンベエザメと触れ合えるプログラムも行われているんです。 2018年7月15日、ジンベエザメもかかる定置網の見学やグラスボート体験もできる、ワクワクするようなお祭りが都屋漁港 ...

MV-22B

米軍基地イベント・フェス

【普天間基地】2018年普天間フライトライン・フェア(宜野湾市・ぎのわんし)

米軍基地のフェアはいくつかありますが、今回は、返還でいつも話題に上がる普天間基地の普天間フライトライン・フェア(宜野湾市・ぎのわんし)をご紹介します。 また、MV-22Bオスプレイも展示されていたので、こちらもリポートしています。毎年行われていますが、軍用機は毎回少し違う機体が展示されていたりするので、毎回ワクワクします。 どういうイベントなの? パスポートなしでアメリカに行った感じが味わえる米軍のイベントで、ここ普天間基地は密かにウチナンチュ(沖縄県民)に人気の高いイベントです。(嘉手納基地のイベントが ...

awamori-higa

泡盛

誰もが飲みやすい泡盛で幅広いファン層を確立する比嘉酒造

泡盛の「残波」という商品名を、沖縄県外でも聞いたことのある方がいらっしゃるのでしゃないでしょうか。沖縄のテレビでは、よくコマーシャルで流れています。残波は、沖縄県中部、読谷村の観光名所である残波岬から車で約10分のところにある比嘉酒造で作られている泡盛です。 誰もが飲みやすい泡盛、女性にも優しい泡盛づくりを目指しているだけあって、飲み口は爽やかですっきり。泡盛初心者の方におすすめの酒造です。 歴史・安全で美味しい泡盛づくりを続ける比嘉酒造 戦後の沖縄では物資の不足する中、泡盛の工場も破壊されお酒も不足して ...

海開き

残波ビーチ海開きイベントのむシリカBEACH・FES(読谷村よみたんそん・残波ビーチざんぱびーち)

2018年4月1日、読谷村残波ビーチの海開きイベントのご紹介です。 のむシリカBEACH・FES どんなイベントなの? 残波ビーチの海開きとドッキングした、沖縄初のビーチサッカーと音楽のコラボイベント。ビーチサッカーは、多数の日本代表メンバーを率いる東京ヴェルディBSチームが来沖、沖縄からは琉球エリスリナが迎え撃つ! 音楽は沖縄地元代表G+okinawa(ジープラス沖縄)のDJ陣、そしてステージをWHAT'S UP AKEMI DANCE SCHOOL(ワッツアップアケミダンススクール )、HumanBe ...

石川酒造

泡盛

歴史と伝統のしみ込んだ甕(かめ)で生み出す芳醇な泡盛・石川酒造場(西原町・にしはらちょう)

沖縄のお酒として知られている泡盛は、甕(かめ)で貯蔵することによって味がまろやかになって飲みやすくなるということをご存知ですか? 泡盛の香りや強い味が苦手だという方には甕(かめ)で熟成させた古酒(こしゅ・クゥースー)がおすすめなのですが、新酒の状態でも古酒のように飲みやすいものがあるんです。石川酒造場で作る泡盛は、仕込みの段階から甕(かめ)を使用することによって、数年寝かせた古酒のような味わいを楽しむことができるので、泡盛初心者の方にもおすすめです。 歴史・歴史深い首里の味を後世へ伝える石川酒造場 琉球王 ...

エイ坊ポスト

エイサー

沖縄に来たら手紙を出そう!エイサーのまち沖縄市

最近は旅先から友人や家族へ絵ハガキを出す。なんてこともあまりされなくなってしまいましたが… 絵ハガキは、どんなお土産よりも安上がりで、気持ちのこもったモノだったりするのではないでしょうか?お土産を渡すまでいかないけど、昔お世話になった恩師に元気でいることを知らせたりするにも良い方法だったりしますね。 沖縄旅行に来たら、エイ坊ポストから あの人へ手紙を出してみませんか? エイサーのまち沖縄市 まずは沖縄市のご紹介です。 エイサーの起源は諸説ありますが、1603年から1606年にかけて浄土宗の袋中上人(たいち ...

GW 沖縄泳げる

おすすめコース

沖縄本島でゴールデンウィークを楽しむ15スポット

もう直ぐゴールデンウィーク!沖縄では過ごしやすい気候となり、各地でイベントも開催されます。 数あるイベントの中でも、フォトライターSHOおすすめのイベントや、この時期だからこそ楽しめるスポットなどをご紹介したいと思います。 ぜひゴールデンウィークの計画を立てる際の参考になさってください。 1.沖縄で最大規模のハーリー大会「那覇ハーリー」 沖縄でも最大規模のハーリー大会である「那覇ハーリー」。 ハーリーとは、豊漁や海の安全を祈願する為のお祭りで、中国にある爬龍船をまねて作った船にて速さを競うものになります。 ...

アメリカンビレッジ

アクティビティー・体験

美浜アメリカンビレッジ(北谷町・ちゃたんちょう)

那覇空港から車で約40分。沖縄本島中部にある「美浜アメリカンビレッジ」は、名前の通り、アメリカ西海岸の街並みを再現したひとつの街。外国気分が楽しめるたくさんのショップ、アミューズメント施設、ホテル、ビーチなどがそろった人気のエリアです。 東京ドーム5個分という広さのビレッジ内は、1998年頃からオープンしてなお建設中のホテルがあるなど、まだまだ開発が進んでいます。 観覧車が目印、観光にも地元の人にも人気の美浜アメリカンビレッジをご紹介します。 【どういうところ?】まるでアメリカの雰囲気を味わえる 「美浜ア ...

ビオスの丘

アクティビティー・体験

沖縄本来の森と水に癒される・ビオスの丘(うるま市)

那覇空港から1時間。沖縄本島の中ほど、うるま市に位置する「ビオスの丘」。 7万5千坪という広大な敷地をもつビオスの丘は、10年以上の年月をかけて、沖縄本来の自然を再生したという、亜熱帯の自然テーマパークになっています。 園内には3つの池と湖を有し、水牛車や、カヌーなどの水遊びができます。亜熱帯の森で水遊び。そんな楽しみ方ができる、ビオスの丘をご紹介します。 【どういうところ?】沖縄本来の自然を再生した広大な庭 沖縄の森といえば、北部のやんばる(山原)が有名ですが、中部にあるビオスの丘にも沖縄ならではの亜熱 ...

Copyright© 沖縄県の情報サイトWe-Love沖縄 , 2019 All Rights Reserved.