スカイマークでは、10月末まで、早朝便、深夜便が増便されているのをご存じでしょうか?

「目ざましフライト、夜ふかしフライト」です。これを利用すると、弾丸の日帰り沖縄ツアーや、とことん時間を有効に使うことができます。

充実した沖縄旅行も夢ではありません。今回は、早朝、深夜の空港までのアクセスの方法や、空港の利用の仕方などについて、私の体験談も含め詳しくご紹介します。

夜ふかし目ざまし
スポンサーリンク

早朝便の利用の仕方【セントレア空港】

6時発セントレア空港から那覇空港行きのフライトを利用するためには、ちょっとアクセスの問題があります。空港まで車で行き、数日車を駐車しっぱなしにするというのもひとつ手段ではあるのですが、もうひとつ、私が体験したおすすめの行き方、深夜バスの利用をご紹介します。

名古屋駅で夜更かし

セントレア空港行きのバスが、名古屋駅の新幹線口、ビックカメラ前から出発します。それも、朝の4時です。それまで、名古屋駅周辺で夜更かししないといけません。

深夜遅く、はたまた24時間営業の居酒屋、ファミレスなどで待機です。ホテルをとって、眠ってしまうと、乗り過ごしてしまう可能性大、というか、3時にチェックアウトなんてもったいないです。とことん、夜更かししましょう。

※ホテル利用でも寝起きに自信のある方は、早い時間の就寝で大丈夫ですね。

早朝すぎるバスに乗る

深夜バス

名古屋駅の新幹線側(西口)ビックカメラ前あたりから出発のバスは、私が乗ろうとした時間よりかなり前から停車していた様子でした。

そして、私が早朝フライトを試みた日は、誰もこのバスを利用していませんでした。なんとVIP待遇~。貸し切り状態で空港へ。朝の4時10分発、そして5時5分到着です。このバスに乗るには、事前予約が必要です。「名古屋 セントレア 深夜バス」と検索して予約してみてください。片道大人は1500円です。

貸し切り

コンセントもあって快適~。

コンセント

空港到着

セントレア空港

空港は早朝にもかかわらず、人がけっこういましたが、当然のことながらお土産やさんや、ショップはほとんどオープンしていません

ですので、バスに乗り込む前に、近くのコンビニなどで食べるものなど調達しておいた方がいいかもしれません。

早朝フライト

6時にフライトなので、のんびりしている暇もありません。

搭乗手続きをスムーズにして、待機、そしてもうフライトです。利用者が多いことにびっくりしました。皆さん、どうやって空港に来たんですか?と聞いてみたかったです。

乗り口8時到着

8時台に那覇空港に到着です。なんだか清々しいです。眠たすぎますが、得した気分です。公共交通機関も動き、レンタカー会社もオープンしている時間なので、思いっきり楽しんでください。

1 2