琉球王国の時代から国王が参拝し国家行事が行われたという、琉球最高の聖地、斎場御嶽(せーふぁうたき)。

御嶽とは神が宿る場所・礼拝所を指す言葉。今でも、ここ斎場御嶽には、祈りをささげるために地元の人々が訪れています。

2000年に世界遺産に登録され、また最近ではパワースポットということで人気の高い場所です。訪れたほとんどの人が、敷地内に入ると凛とした空気感を肌で感じ取るようです。

植物の間からこぼれる太陽の光と神聖な空気が美しい、斎場御嶽をご紹介します。

斎場御嶽(せーふぁうたき)
スポンサーリンク

【どういうところ?】すべてに祈りが満ちている場所

斎場御嶽(せーふぁうたき)

斎場御嶽は、神の国ニライカナイからやってきた琉球開闢の祖アマミキヨが造った「国はじめの七御嶽」のひとつ、そして最高の聖地とされる場所です。

周囲の森一体が聖地なのですが、その中に6つのイビ(神域)があります。受付に当たる「緑の館セーファ」から入り、その神域を回ることができます。中でも大庫理(ウフグーイ)・寄満(ユインチ)・三庫理(サングーイ)は、いずれも首里城内にある建物や部屋と同じ名前をもっている聖域です。

そのうち斎場御嶽のシンボルとも呼べる岩でできた三角のトンネルあたりに来るとほかとは違う静謐な雰囲気を感じることでしょう。このトンネルをくぐり抜けた場所が、サングーイと呼ばれる聖域です。さらに奥にはニライカナイに最も近い聖なる島・久高島を望む久高島礼拝所があります。

どの聖域も今でも祈りが捧げられており、大切に守られています。

【何ができる?】琉球の神々を感じながらご挨拶

斎場御嶽(せーふぁうたき)

斎場御嶽を訪ねることは、神社参拝と同じ行為。神社のようなお社はありませんが、この広い森自体がお社に相当する祈りの場です。礼儀作法は、神社をお参りする時と同じです。鳥居をくぐる時に頭を下げて挨拶して入るように、斎場御嶽へもご挨拶して入りましょう。

斎場御嶽内は約1時間ほどで歩いて回ることができます。さらに斎場御嶽の歴史を感じながらゆっくりと巡りたい方は、ガイドツアーがお勧めです。

1日9回の定時ガイドツアーがあります。

また年に2回、場を休めるための休息日があり、この間は入場できません。旧暦の5/1~3、10/1~3に該当する日が休息日です。旧暦に対応する日付は毎年異なるので、南城市公式サイトで確認してから行きましょう。(詳細は下部参照ください)

施設情報

施設名

斎場御嶽(せーふぁうたき)

住所

〒 901-1511沖縄県南城市知念字久手堅539番地

電話番号

098-949-1899

営業時間

3-10月 9:00~18:00(最終チケット販売:17:15/入館17:30)

11-2月 9:00~17:30(最終チケット販売:16:45/入館17:00)

※チケットは南城市地域物産館で販売しています。

休館日

旧暦5/1~5/3(2017年は5/26~5/28)

旧暦10/1~10/3(2017年は11/18~11/20)

※毎年日付が違うので南城市公式サイトで確認してください。

※台風、悪天候時には閉館の場合もありますので、電話098-949-1899でご確認ください。

入館料

大人(高校生以上) 300円

小人(小・中学生) 150円

クーポン・割引

なし

所要時間

約1時間

施設設備

トイレはチケットを売る南城市地域物産館、または入場口手前をご利用ください

有料コインロッカーあり

チケット売り場は南城市地域物産館

案内ガイド(所要50分)定時/予約2タイプあり

【定時ガイド】

土日祝限定1名300円 1日9回出発

出発時間:9:30発・10:30発・11:30発・12:30発・13:30発・

14:00発・14:30発・15:30発・16:00発

【予約ガイド】

10名様まで1グループ2000円

予約:TEL098-949-1899 受付時間 9:00〜16:30

アクセス

【車】

那覇空港から車で約50分

南風原北ICから約25分

【路線バス】

那覇バスターミナルより38番、斎場御嶽前バス停下車、徒歩約10分

カーナビ設定

MAPCODE:232 594 764*58

駐車場

無料150台

※駐車場は南城市地域物産館の駐車場を利用します。

※駐車場から斎場御嶽まで8分程度(約500m)歩きます。

地図

ストリートビュ-で見る

観光のポイント

琉球王国の方々のようにニライカナイに思いを馳せならが、祈り継がれてきた場に敬意を払って静かにたたずめば、名前の付いた聖域ごとに異なる雰囲気を感じ取ることができるかもしれません。

なお、沖縄では昔からの言い伝えで、神聖な場所のものを持ち帰らないというルールがあります。敷き詰められた石を持ち帰ったり、岩や植物にむやみに触ることは控えましょう。

お客様の声・口コミ

普段鈍感でも、神秘的だと感じる場所だったし、空気の違いがわかりました。ガイドツアーは歴史的な背景を聞けて、実感が深まりよかったです。

岩場で急斜面もあり、サンダルでは危険。駐車場からも遠いし、足腰弱い人も少しきついかもと思います。バリアフリー対応はなかったです。

スコールのような天気雨もあり、足元が濡れると滑ります。

虫よけ、日よけ、タオル、飲み物必要です。夏は暑いですが、景色は夏がいいと思います。久高島までよく見えます。

まとめ

琉球の歴史に思いを馳せるのと同時に、この場所で祈ることといえば、「沖縄旅行に来ることができてありがとう」でしょうか。行った人は口ぐちに「神聖さを肌で感じた」との話。心なしか斎場御嶽の写真は、岩も植物も風景も、写り込む光が強い気がします。

南部を回らないとなかなか行けない場所ではあると思いますが、沖縄の原点的スポットでもあり、一度は訪れたい場所です。