10月17日が沖縄そばの日というのはご存じですか?

私は沖縄に移住してはじめて知りました。しかし、なぜ沖縄そばの日なの?と興味を持つと、なるほどなと思ったわけです。ということで、今回は「沖縄そば」の話題です。

スポンサーリンク

「沖縄そば」とは?

なんこつソーキそば
沖縄そば」、「ソーキそば」って聞くけど何がどう違うの?

と聞かれますが、「沖縄そば」と「ソーキそば」はトッピングの違いです。次によく聞かれるのは、「麺は蕎麦なの?」と。それは違っていて、一般的に「かん水」を使って作られているので、ラーメンやうどんに近い麺です。

昭和30年頃までは「かん水」を使用していませんでした。「がじゅまる」などの木を燃やし作られた「木灰」を水に浸し、上澄みをすくい、そばの粉に「つなぎ」として混ぜていました。少数ながら「木灰の手打ち麺」で作るお店も残っています。

10月17日はなぜ「沖縄そばの日」?

1976年、麺の材料に、30%以上の「そば粉」が入っていない為「そば」の名称が使えないと、公正取引委員会よりクレームがつきました。

「沖縄そば」という名称が使用できなくなる危機におちいり、ピンチと思った沖縄生麺協同組合

組合さんの頑張りで、1978年10月17日、「本場沖縄そば」の表示が特殊名称として登録許可されました。これを期に、沖縄生麺協同組合が毎年10月17日を『沖縄そばの日』に制定したそうです。沖縄そばの日は、店舗やスーパーによっては、値段がちょっとお得になっていたりするところもあります。

沖縄そばの歴史

中国より「支那そば」が沖縄に伝来。当時、主材料の小麦は非常に手に入りにくく、高級なことから、「支那そば」は宮廷料理として出される程度でした。1900年頃に入ってから庶民に広がるようになりました。

まず、沖縄県内初の支那そば店「観海楼」が開業し、その後、「観海楼」から独立した比嘉牛が、支那そば店「比嘉店」をオープンさせます。このそばには、ヒラヤーチー(薄焼き玉子)がトッピングされていて、どんどん評判となり、「観海楼」よりも有名になっていきます。

その後は、「沖縄そば いしぐふー」がオープン。いしぐふーは、沖縄人が作った最初の沖縄そばと言われているそうです。かまぼこをのせた「ウシンマーそば」、白いスープを出しだ「ゆたか屋」、「井筒屋」、「万人屋」などの名店が続々登場します。

終戦後「国際通り」の周辺に「井筒屋」、「万人屋」、「三角屋」といった戦前の名店が店を再開していき、さらに、「ソーキそば」が誕生していきます。

沖縄そばの種類

一口に沖縄そばと言っても非常に多くの種類の沖縄そばがあります。

「沖縄そば」のトッピングでのっている三枚肉をスペアリブの肉に代えると「ソーキそば」になります。

山原そば
上に豚足がのると「てびちそば」、野菜がのると「野菜そば」、あおさがのると「アーサそば」となります。

最近では、変わり種のそばがたくさん増えました。

かわりだねそば

沖縄そばの麺の違い

沖縄そばの麺は一般的に「かん水」を使い作られていますが、昔ながらの製法で「がじゅまる」などの木を燃やし作られた「木灰」を使った「木灰(もくはい)そば」や、ヨモギを練りこんだ「ヨモギそば」イカ墨を練りこんだ「イカ墨そば」などもあります。道の駅などで手に入れることもできます。

もうひとつは、麺の太さに注目。沖縄本島の北部のほうは、麺が平たく、太いです。それが、南下していくと、麺はどんどん細くなります。

これが、離島に渡ると、丸麺になるのです。

つまり「名護そば」は平たく太い麺で、「八重山そば」「宮古そば」などは、丸麺ということです。

通常の沖縄そば やかそば

沖縄そばのツウな食べ方

沖縄県出身者のツウな食べ方をひとつご紹介します。

製麺所へ行き、麺を買ってきて、できたての麺は、レンジで数秒加熱して、醤油のみをかけて食べるそうです。麺に適度な油分?塩分?があるので、麺だけで充分美味しいのです。

私は製麺所まで買いに行くほどではなかったのですが、スーパーに売られている麺を同じように試したら結構イケましたよ。一度ご賞味を。(※見た目は・・・ごめんなさい。)

醤油かけたそば

沖縄そばを食べに行こう

沖縄そばといっても、お店によって、スープも麺も、バリエーション豊かです。ラーメンと同様、あっさり、こってりが選べるところもありますし、カツオダシが強いところ、豚ダシが強いところなど様々です。トッピングもいろいろ。贅沢に三枚肉、ソーキ、テビチがのっているそばもあります。

さて、どうするか・・。沖縄そばを食べ歩いて、自分好みの沖縄そばを探すしかありません。

すーまぬめえそば

香辛料を楽しもう

沖縄そば屋さんへ行くと、必ずといっていいほど、テーブルに置かれているものがあります。コーレーグス

これは、島とうがらしを泡盛につけたものです。少量でかなりホワッと辛いです。少量ずつ入れてください。

次に、八重山そば店では置いてある、ピパーツ。八重山地方で昔から使われている島胡椒です。一度ニオイをかいでみてください。沖縄そばのアクセントになりますよ。

沖縄そばを作ってみよう

スーパーに行くと、様々な麺が並んでいます。それにプラスして、沖縄そばのダシ、トッピングの三枚肉やソーキも売られています。

私は石垣島出身なので、お家のそばは、豚肉とかまぼこをいためた八重山そばです。沖縄に行く機会の多い人は、いろんな麺、スープを食べ比べてみるのがお勧めです。

自作八重山そば

まとめ

沖縄そばは、三枚肉ののったそばの名称。

トッピングの三枚肉が、スペアリブに変われば、ソーキそば、豚足に変わればテビチそばとなる。
麺は、北部の方は太く、南下すると細くなっていく。

八重山そばは、石垣島のそばで、麺は丸麺。トッピングには、豚肉とかまぼこを炒めた具がのる。宮古そばは、宮古島のそばで、麺は丸麺。トッピングは、麺の下に隠れている。

沖縄そばは、そば粉を使っていないけれど、そばと認証されたので、そばとなった。その認証された日がまさに

「沖縄そばの日」

沖縄そばといっても、トッピング、麺の太さ、こってり味、あっさり味といろいろあるので、好きな沖縄そばを見つけてくださいね。沖縄そばツウになれましたか?それではまた次回をお楽しみに〜♪