沖縄に移住する前に、何度も沖縄を訪れていたのですが、沖縄旅行を満喫するために、コレがあればさらに満喫できたのに~と思ったアイテムや持ち物がいくつかあります。

今回は、そのアイテム&持ち物をランキングで紹介します。

ベスト5は持っていてよかったと思っていただける持ち物です。(なぜなら移住した私が常時携帯しているからです。)

スポンサーリンク

23.レンタカー

自動車渋滞
公共施設のみで移動すると、楽しさは半減です。沖縄は車社会。やはり移動の時はレンタカーが必須です。突然のスコールもあるので、夏だ、海だ、バイクだ!というのも悲しい結果にならないように、レンタカーをオススメします。

沖縄県は、南北に長いのです。観光で人気のスポット美ら海水族館は、那覇空港から高速を使っても、95.9kmあります。きっとレンタカーを借りてよかった と感じますよ。

沖縄県は運転代行も安いので、レンタカーがオススメです。沖縄は4キロまで(那覇空港~那覇市内ホテル程度)1000円程度。東京の場合は、4キロまでですと、3000円程度はかかるのではないでしょうか・・・。

22.カッパ

雨
台風の日は、カッパでないと危ないです。観光客で、猛烈な風が吹いているときに、傘をさしている人をよく見かけます。傘が折れ るだけでなく、手から離れてしまったら、他の人を怪我させてしまう危険性もありますので、台風の時はカッパを着てほしいです。

台風

関連記事▶ 驚愕!沖縄の台風。もしも台風が直撃したらどうする?

21.ジャンバー・ストール

「沖縄は風が強い」とよく言われます。確かに沖縄に住んでいる私も、冬は風が強いせいか、体感温度が下がり、寒いと感じたりしました。観光地で断崖絶壁のところだったり、城跡などの高台も風が強いです。風除けのジャンバー・ストールなどがあると防風対策にもなって便利ですよ 。

20.うちなーんちゅの友人

現地に友達がいたらとにかく心強いのです。道に迷うこともないでしょうし、渋滞も把握していたりする。美味しい お店も知っている、ぜひうちなーんちゅの友達を作ってください。

うちなーんちゅ友達

19.ガイドブック

旅にはかかせないガイドブック。持っていく人が多いと思います。we-love沖縄のサイトは、スマートフォンでも見やすくしています。気軽に携帯できるガイドブックを目指しています。 皆さんの旅のガイドブックになれるように、コアな沖縄情報をどんどん掲載していきます。また、LINE@では個別メッセージにもお答えしています。

スマホ

we-love沖縄公式LINE@
サイトに書けないコアな情報を配信しま~す。また、お得なクーポンなども準備中です。是非、お友達に追加してくださいね。

パソコンの方は下記のQRコードから


スマートフォンの方はコチラをタップ

友だち追加

18.うちなーぐちが聞き取れる耳

うちなーぐちが分からないと、外国にいって英語が話せないというくらい残念な気持ちになります。ちょっと でもうちなーぐちが分かっていると自然に聞き取れるようになります。そうすると楽しさは倍増します。

ちょっとだけでもうちなーぐちを身につけておいてください。
▶ うちなーぐち(沖縄方言)が聞きとれるようになったきっかけのウチナーグチ厳選30語
▶ 【沖縄方言】ウチナーグチ(うちなーぐち)挨拶・掛け声の言葉厳選33語
▶ 【沖縄方言】沖縄おじいが伝授、英語でマスター『うちなーぐち』(uchina-guchi)厳選50語

17.地名・人名が読める目

ナビに行き先を入れようにも・・・あれ?読めない。沖縄は変わった読み方をする地名が多いです。ビジネスで沖縄 を訪れた人も、名刺交換で名字が読めない、そんな冷や汗を書くような体験をする方もいるのでは?私も今のように地名や人名が読めるようになるまではかなり苦戦しました。知っておくといいですね。

▶ うちなーぐち・知っておくと便利【沖縄の珍名・珍地名】

16.年中行事の知識

旧盆のこよみで年中行事を行うことがある沖縄。年中行事を把握していないと、行きたかったお店が休みだったり、思わぬ 渋滞にはまったりします。旅行の期間に、大きな行事がないか把握しておくことは大切です。

伊江島 道じゅねー 4

15.歴史的な知識

観光地として有名な首里城、とりあえず行っておこう!それでは、せっかくの沖縄旅行がもったいないです。首里城の歴史を把握していくと楽しめます。私も歴史的に関心がなかった頃は、なんとなく友人と行っていたのですが、首里城の歴史を知り、かつ年中行事を知ってから、行くことが楽しくなりました。

首里城について
関連記事▶ 首里城の担当さんに聞いたガイドブックに載っていない首里城の15の魅力
関連記事▶ 【沖縄観光・首里城】歴史から見たココだけは押さえるべき7つのポイント

14.米軍基地の知識

米軍基地とともに発展をしてきた沖縄。基地問題は常にニュースにもなりますが、沖縄に生活している人それぞれの考え方 があります。旅行で沖縄を訪れたならば、米軍基地や、戦争のことなど、知識を持って沖縄へ。

分かりやすく解説していますので、こちらも参考にしてみてください。
関連記事▶ 中学生でもわかる!今さら聞けない「普天間(ふてんま)基地・辺野古(へのこ)移設問題」とは?

13.ドライビング時の知識

沖縄は片側三車線のところでも、左側が一番ゆっくりというわけではありません。その他、バスレーンなども存在し ます。特にバスレーンでは、レンタカーが警察につかまっていたりするので、旅行の前に知っておくべきことであると思います。

バスレーンについてはこちらを参考にしてみてください。
関連記事▶ 観光客は要注意!絶対知っておくべき、沖縄のバスレーンと交通情報

12.沖縄的ルールの知識

沖縄にだけ存在する独自のルールがあります。知っておけば、疑問に思うこともイライラすることもありません。むしろ楽しくなります。

沖縄的なルールを知りたい方は、こちらを参考にしてみてください。
関連記事▶ 沖縄でカルチャーショック】沖縄移住をして驚いた17のこと

11.ペットボトルの水1ℓ

海開き北部
海開きしている期間は、暑いとおもったらビーチへ。ちょっとの時間泳いでしまっても、海に足だけ浸かっても大丈夫。レンタカーに水を積んでいれば、足を洗ったりできますよ。当然、飲料水としても役立ちます。

沖縄旅行を満喫するために絶対必要だと感じたアイテムを紹介していますが、あれ?アイテム?なんてちょっと疑問をもたれたしまったかもしれません。次からは、まさに沖縄旅行の際に携帯してほしいアイテムばかりです。

沖縄旅行、あってよかったアイテム残り10アイテムです。

10.島ぞうり・ギョサン

島ぞうり
沖縄は4月には海開きします。海開きしたのならビーチへいきたいですよね。ですが、4月はまだまだ水着で海へとはいかない日もあります。そんな時でも、島ぞうりを履いていれば、足だけでも海に浸かれます。沖縄の海の透明度に感動できます。

島ぞうりは、スーパーやコンビニ、ドラッグストアなどどこでも売っています。ワンコインがあれば買えますよ。島ぞうりは、カラーもいろいろあるので、お土産にも最適です。より実用的なビーチサンダルと言えば、ギョサンです。漁協で働く人が愛用しているサンダルです。見かけたらこちらもオススメです。なぜなら足元が濡れている時も滑らないからです。

ギョサン

ギョサンについて知りたい方はこちらを参考にしてみてください。
関連記事▶ 沖縄観光・沖縄移住で驚いたことランキングベスト35

9.水着

ホテルのプールは水温が調節されていたり、海が見える温泉施設などもあり、海で泳ぐとまではいかなくても、水着になる機会はあると思います。沖縄旅行には水着は必須ですね。

8.タオル

水着と合わせて持っていたいアイテムですね。海だけでなく、プールや温泉施設などにもいけます。強い日差しに汗だくになってもタオルがあれば大丈夫ですね。

7.Tシャツ

やはり沖縄は年中暖かいので、薄着で過ごすことができます。Tシャツは余分にあると重宝します。

海に入る時も、日焼けがやけどにならないように、Tシャツをつけて入ることをオススメしますので、Tシャツは便利です。

冬に、Tシャツの上にダウンをはおるうちなーんちゅをみかけますが、なるほどなーと思いました。冬場にTシャツ1枚で過ごせるような日があったりするのですが、体感温度が低く感じる時があります。その時は、Tシャツの上からダウンをはおればOK。Tシャツはいろんな意味で余分に1枚持っていることをオススメします。

6.短パン

綺麗な海を見て足だけでも海に浸かりたいなんて思う方がほとんどです。私は夏場、短パンで出かけることが多いです。すぐ海遊びができます。

5.スニーカー

観光地は足場が悪いところがあります。私は城跡へ観光の際に、ヒールを履いて行ってしまい、相当苦戦しました。ガタガタの足場を歩くのが困難でした。靴も台無し・・・。

旅行で靴を持っていくのは、かさばるから嫌だなと思われる方は、やはり島ぞうりかギョサン(漁協サンダル)がオススメです。

4.帽子

日差しが強いので、頭を保護していないと倒れます。熱中症対策のためにも、是非持っておきたいアイテムです。

3.日傘

夏場は、日傘がないと歩いていてもふらふらします。沖縄は、日影は涼しいのですが、太陽が燦々と照りつける日なたはとにかく暑いです。日傘は本当に重宝します。

私は、雨傘としても使用できるタイプを常に携帯しています。

2.日焼け止め

年中日焼け止めを塗っていないと冬でも日焼けします。意外な盲点は、運転時やオーシャンビューの室内にいる時です。いつの間にか日焼けしていますよ。日焼けしたくないという方は、年中日焼け止めを塗っておきましょう。夏は、2時間おきに塗りなおすことをオススメします。

1.サングラス

おそらく沖縄で一番重宝しているアイテムです。日差しが強すぎて目が痛いのです。車の運転時、沖縄の道路は、異常に眩しく感じます。必須アイテムだと思います。

まとめ

沖縄旅行を満喫するために、コレがあればさらに満喫できたのに~と思ったアイテム&持ち物をご紹介しました。途中、アイテム?と疑問を感じたこともあったかもしれませんが、今回ご紹介したことは、旅を満喫するために是非知っておいてほしいことです。楽しい旅が出来ますように~。