行ってみたい沖縄の離島はどこかと聞かれたら、あなたはどの島を思い浮かべますか?宮古島や石垣島、それとも久高島でしょうか。沖縄本島周辺には、何と160もの有人・無人の島々があるのだそうです。その中には、沖縄本島と橋で結ばれ、車で気軽に渡れる離島もたくさん。今回は、フェリーや飛行機を使わず気軽に行ける離島にある、11の観光スポットをまとめてみました。島へ向かう橋そのものが絶景ポイントであることも多いので、本島内の観光にプラスして、ぜひ足をのばしてみてください。

2018年最新版・沖縄本島おすすめ観光スポット45選!

先日ご紹介したこちら↑の記事にならって、南から北への順でお目にかけます。

スポンサーリンク

大人気の沖縄天ぷら3店・奥武島(おうじま)(南城市・なんじょうし)

沖縄県南部の南城市にあるこの島の名物は沖縄天ぷら。橋から一番近い「中本鮮魚天ぷら店」が有名で、橋を背に右手に進むとある「大城てんぷら店」、左手の「テルちゃん いまいゆ市場」も負けず劣らずの味わいです。旧暦5月4日に行われる豪快な奥武島海神祭も見どころのひとつ。

奥武島と橋から飛び込む豪快な海神祭(ハーリー)(南城市・なんじょうし)

瀬長島ウミカジテラス・瀬長島(せながじま)(豊見城市・とみぐすくし)

那覇空港から車で約15分、航空機を間近で見られることでも人気の離島。2015年オープンの「瀬長島ウミカジテラス」は沖縄ならではのグルメやスイーツ、クラフトなど様々な個性派ショップが立ち並び、西海岸の絶好のロケーションも楽しめる大人気スポットです。

空港から15分で行ける神の島・瀬長島ウミカジテラスへ行こう

子宝岩(イシイリー)瀬長島(せながじま)(豊見城市・とみぐすくし)

瀬長島を左回りに進むと海岸沿いに見えてくる大岩。上下に小さな穴が開いており、男の子が欲しければ上の穴に、女の子が欲しければ下の穴に小石を投げ入れて願掛けをしたと言われています。戦禍で失われた岩を再現したレプリカですが、人気のパワースポットです。

那覇空港から一番近い離島・瀬長島(せながじま)(豊見城市・とみぐすくし)

シルミチュー・浜比嘉島(はまひがじま)(うるま市)

海中道路を通って向かう、琉球開闢(かいびゃく/始まりの意味)の地として知られる浜比嘉島の比嘉漁港近くにある聖域。祖神シネリキヨ(シルミチュー)とアマミキヨ(アマミチュー)が子どもをもうけた場所と伝えられ、子宝を授かる霊場としても崇拝されています。

shirumichushirumichu1shirumichu2

アマミチュー・浜比嘉島(はまひがじま)(うるま市)

アマンジと呼ばれる岩屋の小島にある、洞穴を囲い込んだお墓。シルミチュー、アマミチューをはじめ数柱の神が祀られていると言われています。豊穣・無病息災・子孫繁昌を願い、島内はもちろん全国から参拝者が多く訪れている霊場です。マナーを守って行動を。

amamichuamamichu1amamichu2

ぬちまーす観光製塩ファクトリー ぬちうなー・宮城島(みやぎじま)(うるま市)

特許取得の「常温瞬間空中結晶製塩法」で、沖縄の海水ミネラルをそのまま結晶化する「ぬちまーす」の無料工場見学ができます。ぬち=命、まーす=塩。命の塩を使ったメニューや様々なオリジナル商品を扱うレストラン・ショップも併設。絶景ポイント・果報(かふう)バンタも至近です。

ぬちまーす観光製塩ファクトリーぬちうなー

伊計ビーチ・伊計島(いけいじま)(うるま市)

沖縄本島から東に10km、海中道路の終点に当たる伊計島の入口にあるビーチ。離島ならではの透明度の高さと穏やかな波で人気を集めています。各種マリンアクティビティやグラスボート、BBQなども充実していて、手ぶらで訪れてもたっぷり遊べます。

海中道路の東の果て・伊計ビーチ(いけいビーチ)(伊計島・いけいじま)

瀬底ビーチ・瀬底島(せそこじま)(本部町・もとぶちょう)

沖縄本島から車で行けるビーチの中ではトップクラスと言われる透明度の高さを誇る天然ビーチ。真っ白な砂浜は800mにわたります。水納島や伊江島を望み、美しい夕日を眺められるスポットとしても人気。監視員とハブクラゲ防止ネットも完備されていて安心です。

抜群の透明度と白砂の天然ロングビーチ・瀬底ビーチ(本部町・もとぶちょう)

屋我地ビーチ・屋我地島(やがじしま)(名護市・なごし)

名護側を屋我地大橋、今帰仁側をワルミ大橋で結ばれた屋我地島。屋我地大橋近くにある屋我地ビーチはキス釣り・潮干狩りスポットとして有名です。干潮時のみ現れる、沖に見える小さな離島へ続く「ピュア・ロード」は縁結びの道とされ、カップルにもおすすめ。

屋我地ビーチ

古宇利オーシャンタワー・古宇利島(こうりじま)(今帰仁村・なきじんそん)

全長1960mの古宇利大橋で沖縄本島と結ばれた、周囲約8kmの古宇利島。2013年にオープンしたこちらは、海抜82mから島の心ときめく絶景を大パノラマで堪能できる展望台をはじめ、かわいらしいシェルミュージアムやロケーション抜群のレストランでも話題です。

古宇利島(こうりじま)で絶対行ってほしい5つのスポット(今帰仁村・なきじんそん)

ティーヌ浜のハートロック、古宇利島(こうりじま)(今帰仁村・なきじんそん)

ふたつの岩が重なるときれいなハートの形に見える「ハートロック」。沖縄版アダムとイヴともされる伝説が残り、「恋島(くいじま)」と呼ばれる古宇利島ならではのロマンチックなパワースポットです。明るいうちはもちろん、夕日を背景に眺めるハートロックもまた格別。

古宇利島(こうりじま)で絶対行ってほしい5つのスポット(今帰仁村・なきじんそん)

まとめ

思い立ったらすぐにでも渡れる沖縄本島周辺の離島から、おすすめの観光スポット11選をお届けしました。フェリーの時間を気にせず、海が荒れて戻れなくなるといった心配もなく、寄り道感覚で行けるのも陸路だからこそ。

美しいビーチや聖なる霊場、絶景など、それぞれの島ならではの魅力をたっぷり味わいに出かけてみてください。本島内とは少し違う風のにおい、時間の流れも感じられると思います。