沖縄の弁当には、かならずと言っていいほど、天ぷらが入っています。

理由は、やはり年中暑い沖縄、食べ物も腐りやすくなるからでしょう。

それに加えて、沖縄では、天ぷらは、おやつ感覚でいただくものとうちなーんちゅは思っています。では、そんな天ぷら、一体どんなものなのか?また、うちなーんちゅに愛される理由を調べてみました。

スポンサーリンク

沖縄の天ぷらとは?

沖縄天ぷら
天ぷら」というと、サクサク衣をイメージします。

しかし、初めて沖縄の天ぷらを食べた時、沖縄の天ぷらは衣の方が多くない??と感じました。

ですが、沖縄の天ぷらは、それがスタンダードだったんです。沖縄の天ぷらは天ぷら粉でサクサクに仕上げるのではなく、それこそ、ケーキミックス粉を使いました、といってもおかしくない感じのフワフワもちもち食感が特徴です。

そして、ちょっと衣に沖縄の塩を入れるので、衣自体が美味しいのも特徴なのです。

天ぷらの種類

沖縄県には、天ぷら屋さんが点在しています。

学校の帰り道、50円程度のあちこーこー(熱々の)天ぷらを食べながら帰る、そんなのが普通だったりします。

うちなーんちゅにとっては、おやつ感覚。さて、天ぷらの種類ですが、魚(マグロ、イカなど)、アーサー(あおさ)、もずく、島らっきょうなど、天ぷらの種類はとにかくたくさんあります。

島らっきょう天ぷら2

もずく天ぷらに思いをはせて作ってみた!

もずくの天ぷらと聞いて、イメージがわかない方もいるかもしれません。

私は個人的に、もずく天ぷらが大好きです。もずくの天然の塩加減。天ぷらにすると、もちもちした食感がたまりません。あるとき、もずく天ぷらを自宅で作ろうと挑戦してみました。が、大失敗・・・泣。もずく天ぷらを作る際は、水分を徹底的にキッチンペーパーなどでとらないと、高熱の油に入れたとたん、「バチバチ―」っと水分がはじけて、やけどしてしまうのです。

※ 危険です。

それ以来、もずく天ぷらを自宅で作ることをやめました・・・。もし、作られる方は、ご注意ください。

もずく天ぷら2

沖縄風天ぷら粉が売られている

自宅で沖縄天ぷら作りたいという方、ぜひ、沖縄のスーパーへ。

沖縄風天ぷら粉」という商品が売られております。こんな天ぷらができると分かりやすく写真が載っていて、水でとくだけでOKって書いてあります。これを使えば、ふわふわの沖縄天ぷらができますね。

この沖縄製粉さんの商品について、どんな説明がされてるのかと調べたところ「衣自体を美味しく召し上がっていただく工夫がされております」ですって。素晴らしい!ふわふわに仕上げることができるなら、これで、アメリカンドッグやパンケーキなどが作ればふわふわもちもち食感にできるんだなと分かりました。

沖縄製粉てんぷら粉出典:沖縄製粉

沖縄天ぷら用の魚が売られている

スーパーのお魚売り場、いろいろ見ていると、これまた親切。

天ぷら用に細長く切られたマグロなんかも売られています。天ぷら、できそうな気がするー。(笑)

コンドミニアムに宿泊なんて方は是非、トライしてみてください。

天ぷら用まぐろ

グルクンの天ぷらと唐揚げ

ぐるくんから揚げ
沖縄県魚でもあるグルクン(和名:たかさご)夏が旬のお魚です。

刺身はもちろん煮付けにしてもおいしく食べられますが、白身魚でクセがなく、あっさりしているので、「油」との相性が抜群。グルクンは、天ぷらとから揚げがお勧めです。

天ぷらは白身魚の天ぷらと似ています。一方、唐揚げはというと、グルクン唐揚げ豪快に姿揚げされて、出てきます。よく、本土の人は、頭としっぽを残しますが、私からすれば、もったいなーい!頭が一番美味しいです。バリバリボリボリ。うなぎボーンみたいな食感です。(笑)

一度ご賞味ください。もちろん、天ぷらも食べてくださいね。

サーターアンダギー

サータアンダギー
サーターアンダギー」は、方言で訳すと、サーター(砂糖)+アンダ(油)+アギー(揚げ)です。

天ぷらなの?と疑問を持たれた方、私の沖縄のオバアが、「サーターアンダギー」のことを「砂糖天ぷらだよー」と言っていたので、ご紹介しました。(笑)

外はカリっと中はふんわり。おやつに最高です。って、ちょっと脱線。

美味しい沖縄天ぷらを買いに行こう

沖縄天ぷらで昔から愛されているお店、奥武島の天ぷら屋さん2件中本鮮魚店大城てんぷら店をご紹介します。

どちらのお店も、平日でも、行列ができています。ここでいただく天ぷらは、どちらもボリュームがありますが、目の前の海を眺めながら青空のもと、さんぴん茶片手に食べてほしいです。

中本てんぷら店

もっちもちの天ぷらです。海を目の前にあちこーこー天ぷらが食べられます。猫ちゃんがたくさん寄ってきますのでご注意を。

中本鮮魚店外観
中本鮮魚店前

大城てんぷら店

もずく天ぷらはもちもち。アーサ天ぷらはパリパリで平ぺったい、顔サイズ。パリパリ食感の天ぷらは、沖縄では珍しいので、地元の人に人気です。

大城てんぷら店外観
大城てんぷら店もずく

まとめ

沖縄の天ぷらは、おやつ感覚で是非、食べてほしいです。

魚、もずく、アーサ、島らっきょうなどいろいろ種類がありますが、フリッターのようなふわふわボリュームのある衣の天ぷらには、ほのかな塩味がついていますので、ソースなどをつけずに、ぜひそのまま食べてみてください。

居酒屋などで出てくる天ぷらは、塩がついている場合もありますので、お好みで楽しんでくださいね。そして、最初にお伝えした「愛される理由」は?というご質問をいただきそうですが、まずは食べていただければその理由がわかると思います。