楽しみにしていた沖縄旅行。しかし、台風が発生。さて、強行突破で沖縄に行きますか?それともキャンセルしますか?もしも台風発生時に沖縄にいたら、どう過ごせばいいのか?大型台風直撃の際に台風の状況撮影に出ていて、経験した出来事も踏まえお伝えします。

台風に慣れたうちなーんちゅ(沖縄県民)のように行動できる方はいいのですが・・・はじめての沖縄旅行が台風なんて旅の参考にしてください。

スポンサーリンク

沖縄旅行計画 どうする?

観光客の方には、沖縄で台風を経験するのはお勧めしません。日程を変更できるのであれば、変更をお勧めします。なぜなら、ホテルがとれなかったり、停電したり、交通機関のマヒで、移動もできないからです。

それと沖縄の台風は、本土を通過する台風とは状況が違います。台風発生からかなり強いままの状況で上陸して来るのでとにかく激しい風や雨です。できるだけ避けましょう。

台風 高波

沖縄の台風って?

沖縄を直撃する台風は、本土の台風とは違います。台風の強さ、早さなど異なる点があります。私が過去経験した台風を例に挙げると、台風の目を経験しやすい!とにかく勢力が強い!台風が遅い!一度通過したはずの台風が戻ってくる!などです。

本土へ上陸するときは、偏西風の影響などで、スピードが速いです。夜寝ている間に台風が通過するなんて経験が多かったような気がします。ですが、沖縄の台風はひどいとまる2日居座ることもあります。ずっと、ひどい風の音を聞きながらでは眠るにも眠れません。本土から見たらケタ違い。そんな台風です。

驚愕!風速50メートル級台風の被害

天気図

海岸沿いの危険

高い波が押し寄せる海岸沿いの様子をみたい。興味本位で近づくと波にのまれる可能性があります。実際に私ものまれそうになる経験をしました。

台風 海

写真のような高波がみえる海岸線に近づいてみました。海岸沿いで大丈夫だろうと車を停止していたら、波の様子がおかしい・・・。あわててバックでさがりました。

台風の目

沖縄に住んでいる人は一度は経験しているであろう台風の目。私も経験しました。2014年の大型台風が直撃したとき、真夜中だったのですが、急に風が止み、月明かりが…。1時間ほどするとまた徐々に風が吹きはじめました。

台風 月
実は、台風の目が過ぎ去った後がコワいのです。よく、吹き返しがコワいなんてきいたことありませんか?台風は上から見て反時計回りに強い風が吹きこんでいます。

台風が過ぎ去った後の景色

木が根元から折れる、電線は切れる、ガードレールは倒れる・・・
カーブミラー

街路樹
場所によっては、信号機も復旧していない場合があったり、飛ばされた木の葉が排水溝をふさぎ、水没しているエリアなどもあります。外出は完全に復旧が終わってからが安心です。

台風の際の準備

  1. お風呂に水をためる。
  2. 早い段階で食料調達(2,3日分)
  3. 懐中電灯の用意・最近では、100均でも懐中電灯は充実しています。
  4. 外の側溝や排水口の掃除・側溝がつまると浸水の被害の原因となります。
  5. カーテンは絶対に閉める、さらに、シャッターがない窓に関しては、段ボールとガムテープで窓を補強する
  6. サッシのところに新聞紙を丸めてはさむ。あまりに強風だと窓やドアの隙間から雨水が入ってきます。
  7. 傘は絶対にささない、カッパなどを着る

台風のエキスパート うちなーんちゅの行動 ※真似すると危険なことも…

  • 大量のアルコール、スナック菓子、保存食を購入 → 沖縄の台風は丸2日間続くこともあります。家が一番安全なので家で過ごすためです。スーパーやコンビニはごっそりモノがなくなりますので、早めに購入をしましょう。
コンビニコンビニ棚コンビニ 棚品なし

 

  • 海に行く → 荒れ狂う海にワクワクするそうです。実際にスクープしました。危険なので絶対に真似をしないようにお願いします。
荒れ狂う海 沖縄台風
  • レンタルビデオ、ファストフード店へ行く → レンタルビデオはわかりますが、ファストフード店はあまり心理がつかめていません。
  • ライカム沖縄へ行くであろう → 室内でも充分たのしめる大型施設へ
  • 居酒屋に行く → みんなでいればコワくない。楽しく飲んでいれば台風も過ぎる。

まとめ

本州にも稀に大型の台風が上陸しますが、もしかしたら、沖縄で台風に遭遇した方が安全なのかも?なんて思います。

なぜなら、沖縄の人は、台風に慣れているせいか、台風が来る前にいろいろと対策をして、準備するからです。例えば、浸水する個所は事前にお知らせがあったりして、そのお知らせを聞いた人は車を移動したいりもします。さらに、砂利の駐車場の場合は、石が飛ぶこともあり、台風が強いとボディーに傷がついたりします。なので、移動する。なんてこともあるのです。

そして、東京などが台風に直撃された時など、テレビで良く見ますが、沖縄では台風の日に傘をさす人なんていません。あおられて転倒するからです。

ですので、色々なことを想定して、安全な場所で台風が過ぎるのを待つのが一番良いのです。

沖縄に来て、台風に遭遇した場合は、まわりのうちなーんちゅをよーく見てください。そして、室内でも楽しめる場所で楽しんでください。私は、台風の時は以外と居酒屋がおすすめだと思います。