沖縄が大好き!沖縄に住んでみたい!本気で沖縄移住も検討中!という方必見。

私がうちなんちゅと結婚し沖縄に移住して驚いたことを書いてみます。

スポンサーリンク

1.物件の下見

現代はインターネットや不動産情報誌である程度の情報を見る事は可能です。私たち夫婦が見つけた物件はペット可の3DKテラス付。

そのまま不動産屋へ連絡をし、内覧日程を決め沖縄へ。

いくつか物件をキープして頂いていましたが、すでに決まってしまった所や、鍵がなくて入れない!?なんてトラブルも…沖縄へ移住するために、仕事も辞めなければならず、無職の私たちに不動産屋はいい顔はしてくれませんでした。

ペット可の物件は増えてきているとはいえ、しつけのされている小型犬のみや、犬OK。というところばかり。我が家は猫。なかなか決まらなかったのですが、今住んでいるアパートの大家さんが猫好きという嬉しいめぐりあわせがありました。しかも、最初に見ていた3DKのテラス付物件、運命かも???

1週間の滞在で物件決定。契約。その後、下の階が雨漏りするということで、テラスの使用禁止にされてしまいましたが…

※もっとじっくり探したい方は、マンスリーマンションや格安宿を借りて、1~2ヶ月滞在して探してもいいと思います。

ゆいレール

2.入居日に入居出来ない?

飛行機のチケットも手配し、車もフェリーですでに沖縄へ行っています。入居日に日程を合わせて、全てのスケジュールを組んでいた矢先、不動産屋から連絡が…

「ハウスクリーニングが完了していないので、入居日を1日遅らせて下さい。」ここまできて、まさかのうちなータイム!?仕方ないので沖縄初日は、那覇のペット可ホテルで1泊。

そして、翌日入居になりました。

~いよいよ新居へ~

カギが開いてる…まだハウスクリーニング中でした。(しかも、半袖&半ズボンのおじさん)私たち、このおじさんのお掃除が終わるのを、予定ずらして待ってたの~?

「さすが沖縄!!!」

家

3.沖縄の家は浴槽がない

温暖な気候で、シャワーで十分!?という事なのか?古い物件は浴槽がないところが多いです。付いていても簡単なユニットバスや後付け工事されたところ、大家さんの手作り、なんて物件もあります。もちろん我が家も浴槽はありません。

洗面器で足湯が限界ですね(笑)友達の家は子供用のビニールプールを使っています。

はじめは抵抗がありましたが、冬場でもシャワーで充分な気がします。もし物件を探すなら内覧時に、できればシャワーの水圧チェックさせてもらった方がいいですね。沖縄は地域によって水圧が弱~~~い所がありますから。

浴室

4.洗濯機の置場が外

洗濯機が外…って聞いていましたが、やっぱり外でした。

沖縄は塩害が深刻で、外に家電なんて置きたくない…と思っていましたがそういう造りなので諦めました。エアコンの室外機も古いお宅はサビサビです。

ちなみに我が家は、洗濯機置場はありましたが、コンセントやアースが無く、電気屋さんに来てもらうことになりました。約束の時間になっても来ません。『うちなータイム』です。コンセント設置は1万円でした。ちなみに、友達が住むことになった洗濯機外付けの物件では、入居の際に、台風が来たら、ひもで縛って飛ばないようにしてくださいといわれたそうです。(笑)

5.電気関係

TVの配線をつなぎ、TVをつけると砂嵐でした。

見れたのはNHKのみ。なんと、屋上のアンテナがサビサビで電波が通っていませんでした。アンテナ交換は1万円でした。

冷蔵庫や電子レンジなど、キッチン関係もよく見るとコンセントにアースが付いていません。
電気屋さんに取り付けをお願いすると「沖縄の家はアースを付けているところはないはずよ~」「水道の蛇口に巻き付ければいいさ~」「雷も大丈夫だはずよ~」と、ゆる~い返事でした。

「さすが沖縄!!!」

6.ガス関係

ガスを新規契約するためにガス屋さんに来てもらいました。

約束の時間になっても来ません。「うちなータイム」です。なんと、外に取り付けてあるガスメーターがサビサビで動きませんでした。ガスメーター交換1万円でした。ガス警報器が古いものしか付いてなくて、大丈夫ですか?と確認したところ「ランプがついてるから大丈夫だはずよ~」と、またまたゆる~い返事でした。

「さすが沖縄!!!」

ガスメーター

7.水道関係

水道は大丈夫だろうと思っていたら、キッチンのシンク下が水漏れ…

今度は水道屋さんか…と思い不動産屋に連絡をすると、担当の方が来てくれて工具を取り出し自ら修理し始めました。「これくらいなら僕が直せるはずよ~」「アイッ!部品が足りないさ~これからメイクマン行って買って来ましょうね~」と言って彼は出かけて行きました。約束の時間になっても戻って来ません。「うちなータイム」です。

結局、水漏れを直すのに半日かかってしまいました。

「さすが沖縄!!!」

※沖縄の水は硬水で石灰成分が多く含まれています。引っ越した時、シンクは真っ白に水垢が付いていました。専門のハウスクリーニング業者もありますが、私はクエン酸を使い、自らピカピカになるまで磨き上げました。

水道

8.カビ対策

私の天敵はカビです。沖縄は海に囲まれた島です。

そして亜熱帯地方です。生ぬるい潮風が年中吹いています。沖縄の家はコンクリートジャングルです。油断してはいけません!引っ越してきて購入したばかりのインテリアがカビました凹。

カラーボックス、カゴ、エスニックインテリア、レザー小物、ブーツ、カバン、ルイヴィトンまでも…凹特に梅雨時は除湿器フル活用します。(我が家はシャープのプラズマクラスター搭載除湿器を購入しました)

ホームセンターの除湿グッズコーナーはたくさんの商品が並べられています。最近判明したことが1つ。クローゼット用の水が溜まっていくタイプの除湿剤は、その吸収して出た水からカビます。(笑) 主婦の知恵として、クローゼットの中に片付けた物の隙間に新聞紙を丸めて入れておくと湿気を吸ってくれますのでその方が良いですね。

カビ湿気取り

9.ダニ対策

沖縄は生き物が元気です。湿気やほこりを好んでやってくる害虫といえばダニです。

天日干しはもちろん、ダニアース。除湿剤の活用。ダニの嫌いなハーブを置く。など対策を行って下さい。布団は防ダニ仕様の空気圧縮袋に入れて保管します。

10.ヤモリ

沖縄の方言で「ヤ~ル~」「ヤモリは家守りだから追い出してはいけないさ~」

夜になると「キッキッキッキッキー」と鳴き声がします。たまーに天井から降ってきます。

我が家の食物連鎖。シロアリ→ヤモリ→猫となっています。ちぎれた尻尾が床でピクピクしていたら、悲鳴あげますよ。家にヤモリは付き物なので爬虫類苦手な人は要注意ですね~。

でも「ヤモリは家守りだから追い出してはいけないさ~」

やーるー

まとめ

ただの偶然かも知れませんが、業者の工賃1万円ポッキリ制度は、笑えました。

(こちらは後日、不動産屋と大家さんが負担してくれました)

トラブル続きの我が家の引越しでしたが、今では居心地のいい住まいとなっております。ヤモリも平気だし(笑)沖縄の日常会話で聞こえてくる「○○だはずよ~」というフレーズ。はじめは、何てはっきりしないんだろう?大丈夫なら大丈夫です!ときっぱり言ってくれればいいのに!と思いました。返事がすべていい加減に聞こえました。約束の時間になっても来ない。イライライライラしました。

それが、当たり前のようになってしまうのが不思議です。車の走るスピード。人の歩くスピード。ゆる~い会話。沖縄はすべてがゆっくりです。『よ~んな、よ~んな』(ゆっくり、ゆっくり)です。主人のお姉さん曰く、『いい加減が良い加減』だそうです。沖縄の方言に『て~げ~』という言葉があります。いい加減な人をて~げ~だなー。と言ったりしますが、『いい加減が良い加減』なんです。

私も良い加減に居心地のいい沖縄ライフを過ごしたいと思います。

あなたの移住の参考になれば幸いです。