沖縄のコンビニエンスストアは、最近とても面白いです。

沖縄のソウルフードがいっぱいだと感じます。コンビニエンスストアに行くだけで、沖縄の食文化に触れることができるんです。

まさに「コンビニエンスストア=便利なお店」ですね。以前も、沖縄のコンビニエンスストアに売っている便利な商品をご紹介しましたが、今回は、沖縄のソウルフード中心にご紹介します。

スポンサーリンク

おにコロ

昔、沖縄にもまちやぐわー(駄菓子屋・小売り店)が多かった頃、部活の帰り、売店などでジューシーおにぎりとコロッケを買い、同時に食べるのが定番でした。そして、今でも学生に愛されるメニューとしてコンビニエンスストアでも、定番のように売られています。

本土の人から見たら、なぜ「おにコロ」というネーミングなのって思うかもしれないですね。うちなーんちゅにとっては、この組み合わせは、「おにぎり&コロッケ」、略しておにコロとして、昔から愛されている青春の味です。

おにコロ

おにから

コロッケじゃなく、唐揚げを合わせるところがまた上手い。ほか弁のからあげ弁当って男性人気ですものね。この組み合わせ、弁当は食べづらい、ぱぱっと食べられるのがいいという方には、ありがたい組み合わせですね。

おにカラ

朝すば

お酒をとことん楽しんで、朝になってしまった。でも締めで、沖縄そば、ステーキを食べる、そんなうちなーんちゅのハートをつかんだ商品。

ネーミングが沖縄そばじゃなく、朝すばというのがなんともユニーク

私も無性に朝から沖縄そばが食べたいという時は、弁当屋さんに100円そば買いにいっていました。コンビニでも買えるとわかってうれしいです。

朝すば

レンジ沖縄そば

沖縄そばを食べた人なら、おおーっと思うクオリティの高さです。

自宅で沖縄そばを作ろうとすると、難点は、スーパーに売られているそばは、ほとんどが500グラム。一人暮らしの私は、一度そばを作ったら、3食分くらいになってしまいます。では、沖縄そばやさんへ行こうとなるんですが、おひとりさまの沖縄そばもなんだか・・・

一人でお家で沖縄そばが食べたいという方には、とっても便利です。

レンジ沖縄そば

ポーク玉子

どんどん種類が増えています。昔のイメージは、マヨネーズだけだったのに。そこからあんだんすー味が出て・・・。

バリエーションがどこまで増えていくのか楽しみです。

ポーク玉子

にぎり寿司・刺身

最近では、にぎり寿司や刺身など、生モノまで売っていますね。場所によっては、スーパーに売っていそうなお刺身が並んでいたりもします。

寿司盛り合わせ

島とうふ

コンビニに豆腐が売っているのは、当たり前になっていますが、沖縄では、島とうふも売っています。島とうふは、本土の木綿豆腐より固いです。

固い理由は、作り方に違いがあるのですが、それ以外に、にがりの代わりに海水を入れて固めていることから、ふんわり塩の風味を感じられます。島とうふならやはり豆腐屋さんとかスーパーで、あちこーこーの豆腐を買ってほしいですが、どうしてもの場合は、コンビニエンスストアに島とうふがあるのはうれしいですね。

コンビニとうふ

復刻パン

私の母は、沖縄出身なのですが、幼い頃からピーナツバターを良く食べていたそうです。

復刻ピーナツパンなるものを発見しましたが、うちなーんちゅにとっては、ソウルフードなんでしょうね。母は同じくピーナツバター味の、ゼブラパンも大好きです。

復刻ピーナツパン

でっかいパン

なぜか沖縄のパンは、とにかく大きい、と移住して思いました。おおきい○○○パンでっかい○○○パン、とにかく種類が多いです。

一説によると、沖縄は、兄弟が多いから、みんなで分けあいましょうね、といったこともあるようですが、菓子パン好きにはたまらないほど食べ応えのあるパンだと思います。私のチラリと見える手で大きさが分かっていただけたらと思います。

でっかいシリーズは他にも、メロンパンとかもあって、どれだけ種類が増えていくのかも楽しみです。

おっきいくりーむぱん

945mlのパック

本土では1リットルなのですが、沖縄では、アメリカのガロン単位のなごりから、945mlと表記されている1リットルのパック

実は、ラインナップも豊富で、かつ売れ行きもかなりの好調なんだとか。なぜかというと、やはり、暑い沖縄では、水分補給はかかせませんものね。ユニークな商品を目にします。例えば、沖縄の花笠食堂のアイスティー、花笠食堂という昔からある食堂に行った人なら、あー、わかるわかると納得の味です。砂糖が入った甘いアイスティーです。

さて、945mlのパックを買うと、長いストローがもらえたりします

部活帰りの学生さんが、945mlを片手に歩いている光景をよく目にします。パックのまま飲むには、この長いストローは大活躍です。私もランニングの帰りに、ランニング姿でパックを買った時は、長いストローがついていました。

945mlパック

沖縄フード

やはり、タコライスやゴーヤーチャンプルなどは、定番のごとく並んでいます。短い期間で沖縄観光に来て、食べる機会がなかったという方は、最後に、コンビニエンスストアで、沖縄フードをゲットするのもいいですね。

沖縄フード

番外編・ホッカイロ

これからの時期は、ホッカイロが売っています。

沖縄でホッカイロは必要ないでしょ?などと思うかもしれませんが、海のレジャーで身体が冷えると欲しくなること、観光で意外と薄着で来てしまって寒いと感じること、これから本土へ行く人が、寒い地方に行き、空港を降りて極寒、すぐに温まりたいというニーズがあるということ、いろんな要素がかさなり、沖縄のコンビニでは当たり前のようにカイロが置いてあります。

逆に、コンビニエンスストアに行けばカイロも売っていると覚えておくのもいいですね。

ホッカイロ

まとめ

コンビニエンスストアは、どんどん沖縄限定の商品が増えています。

コンビニエンスストアにこんな商品あったらいいなというお客様の声を聞いて、開発しているからなのでしょうか、どんどんユニークな商品が生まれているように感じます。もっと面白い商品を発見したら、また次回ご紹介できたらと思います。

コンビニエンスストアによって、商品のラインナップも違うので、ぜひ、コンビニエンスストア巡りもしてみてください。