2017年、今年もゴールデンウィークの時期がやってきました。4/29~5/7まで、長い方で最大9日間のお休みの方もいらっしゃる様ですね。

毎年沖縄にも多くの方が訪れており、今年の計画を立てている方も多いのではないでしょうか?

そんな皆様が気になるのが、沖縄にどんな服装で行こうかな・・・?いざ向こうといっても、海に入れるのかな?と言ったことじゃないでしょうか?

今回はGW(ゴールデンウィーク)シーズンの沖縄の気温や海水浴などに関する情報をお届けいたします。

スポンサーリンク

沖縄のゴールデンウィーク・例年の平均気温

東京などからお越しになられた方は、空港から出た瞬間「暑いなぁ・・・」と感じるのではないでしょうか?

それもそのはず。東京の5月の平均気温が18.8℃なのに対し、沖縄の平均気温は25.2℃とその差は大きく、お天気の良い日には日差しもあり、さらに暑く感じることでしょう。

ゴールデンウィークの時期って、半袖?長袖?

GW 沖縄

先にもお伝えしたとおり、5月の平均気温は25.2℃と暖かい気候のため、半袖半ズボンでも充分かと思います。

但し、朝晩ごく稀(まれ)に風の強い日もあるため、薄めの長袖を一枚持参されるのをお勧めいたします。

ホテル内や居酒屋など空調の効いた場所では室内の方が涼しく感じることもあるかと思いますので、羽織り物は大変重宝しますよ。

5月ですが、紫外線のことを考えていますか?

沖縄 紫外線

沖縄の日焼けに関しましては、筆者とても痛い目に遭ったことがあるため…声を大にしてお伝えしたい。

「沖縄の日差しを舐めちゃいかんです!」

私が沖縄へと引っ越してきてすぐの6月中旬、原付バイクにて2時間ほどブラブラと走っておりました。服装は、上は薄い長袖パーカー。下は短パン。下・・・なぜ長ズボンを履かなかったのかー!!

2日後には太ももとスネ全体に水ぶくれと激痛が。完璧に火傷でした。病院で処方された薬を塗りましたが、約1週間以上はお風呂の旅に悲鳴を上げておりました。

これは極端な例かもしれませんが、本年4月中旬に公園へと約1時間立ち寄っただけでもカットソー焼けを致しました。(懲りない…)

焼きたくない方はかなり入念な対策が必要かと思います。

主な日焼け対策

  • 日焼け止め

基本中の基本ですが、海に入られる方はウォータープルーフのものを!

山などに行かれる方は虫除け成分配合を。現在は実に多種多様な種類が出ており、アレルギーの方でも安心して使えるものもありますが、それを沖縄に着いてから探すのは大変です。来沖される前に準備される事をお勧めいたします。

最低でもSPF30-50はあった方が良いかもしれません。

  • 帽子

ファッションアイテムとしても使用できる帽子ですが、沖縄旅行ではマストアイテムと言えるでしょう。

日傘という手ももちろんあるのですが、観光地となると時期もあり混雑が予想されます。優雅に日傘を差す余裕がない可能性がありますので、少しつばの広めの帽子を被ってこられることをお勧めいたします。

※沖縄は時折強い風が吹きますので、飛ばされないようにご注意を。

  • ストール

盲点になりがちなのが首筋。また、色が戻りにくいと言われているのも首筋の日焼けです。

ストールだとそれほど荷物にもなりませんしぜひお持ちください。

  • 薄手の長袖

町歩きの方も、海に行かれる方も、ゴルフの方も。

長時間お外にいらっしゃる際には薄手の長袖を着て頂くのが一番良い予防かと思います。今では服事態にUV加工の施されているものもあるようですね。

せっかく沖縄に来たからには、日焼けをして帰りたいという方も中にはいらっしゃるかと思います。ですが、一気に日に当たってしまうと私のように大火傷!なんてことも…

日に焼けたい方は「サンオイル」を使用されることをお勧めいたします。サンオイルには日焼け止めのように日焼けによる炎症を起こしにくくする成分が入っております。そして、日焼け後のクールダウン(常温シャワーなど)と保湿は忘れずに。人によっては火照りがそのまま発熱になる方もいらっしゃいますので、要注意です。

さらに詳しくはこちらの記事も参考にしてください。
▶ 【沖縄の紫外線対策】沖縄のメイクさんに聞いた夏でも落ちないメイクの方法

沖縄といえども・・・この時期泳げるのか?

GW 沖縄泳げる

ずばり・・・泳げます。

沖縄は年中泳げるといわれておりますので、海開きの済んだこの時期はビーチも整備されており泳ぐことは可能です。

ただ、例年水温は平均22℃前後ですので、決して暖かい訳ではありません。

日差しの強い天気の良い日にはあまり気にならず泳げるかも知れませんが、曇りの日などはご自身の体調を考慮した上で泳がれることをお勧めいたします。

また、シュノーケリングやダイビングをダイビングショップで頼まれている方に関しましては、ウエットスーツを着用されますので、それほど寒さを心配される必要はないかと思います。

まとめ

梅雨入り前のこの時期、暑すぎることもなく沖縄では1年で一番過ごしやすい気候だといわれております。

ぜひ、沖縄を満喫していただくためにも事前準備をしっかりとし、ゴールデンウィーク限定イベントや各種レジャーを楽しんでください。

沖縄ゴールデンウィーク中のイベントはこちら

▶ 【2016年版】豊穣祈願と名誉のために舟を漕ぐ、GWの海上のイベント「那覇ハーリー」の魅力
▶ 検索 沖縄花のカーニバル フ 沖縄花のカーニバル・フィナーレは、伊江島で100万輪のゆり
▶ 沖縄最大級の食のイベント『OKINAWA FOOD FLEA』2016

また、梅雨入りはしないと思いますが…

参考までにこちらの記事も読んでいただけるといざという時、役に立つかと思います。

▶ 沖縄の梅雨入りは5月初旬、梅雨でも沖縄観光は楽しめる!