沖縄へ移住して、地元のスーパーに行く機会が増えました。

地元というのは、沖縄県内にしか店舗を構えていないスーパーです。サンエー、ユニオン、かねひで、丸大、りうぼうなどです。これらの沖縄県内にしかないスーパーは、置いてある品物が県民の食卓寄りなのです。

沖縄県以外のスーパーでは見られない光景、サービスなどをまとめてみました。

スポンサーリンク

かつお節の陳列が凄い

かつお節
大袋やお徳用のかつお節がずらりと並びます。沖縄県はかつお節消費量が日本一です。

琉球王朝時代、中国との貿易も盛んに行われており、中国に昔から伝わる薬膳料理にかつお節が使われていた事がルーツのようです。特に沖縄のカツオは本土で獲れるカツオより脂身が少なくかつお節に最適なカツオが獲れるそうです。

沖縄には、インスタント味噌汁が世に出回る前から親しまれている「かちゅゆー」かちゅ(カツオ)ゆー(湯)があります。

作り方は簡単。かつお節をひと掴みお椀に入れます。けっこうたっぷりと。お味噌をスプーンに1杯。お湯を注いでかき混ぜるだけ。おじぃも大好物です。沖縄の水は硬水の為、出汁が出にくいので、普通より多めに使う家庭もあります。

出汁の素の陳列が凄い

ほんだし
かつお節同様、出汁の素のコーナーが広々と設置されています。

沖縄の料理には出汁をよく使います。法事の料理は煮しめにすることが多く、ゴボウ、大根、昆布、こんにゃくなどを煮る時に使います。また、ゴーヤチャンプルーやニンジンシリシリ(にんじんを炒った料理)の隠し味に使うこともあります。沖縄へ来て、出汁の素の出番が増えました。

ゴーヤーが意外と高い

ゴーヤー価格ゴーヤー安い
沖縄=ゴーヤーチャンプルーと連想する方も多いでしょう。

沖縄は温暖な気候だから、年中ゴーヤが収穫できる。と思っていませんか?旬の時期は、特売セールなどで1本99円という表示をみることもあります。ゴーヤーも時期を過ぎれば沖縄でも高級品。年中一般家庭で作ることはありません。(笑) ゴーヤは普通の野菜と比べて長期冷凍保存が効くので、我が家は夏場の安い時期に購入し、スライスして冷凍庫に入れて保管しています。

沖縄そばは地域色がアツイ

スーパーにずらりと並ぶ沖縄そば。1袋500グラムが標準ですが、パックでキロ単位のものもあります。

そばだしもそのまま売られています。面白いのが、そばの種類。南部の方の地元スーパーには糸満そば、北部の方の地元スーパーには、名護そばが並びます。お好みの麺の太さに合わせて、スーパーへいきましょう。(笑)

沖縄そばスーパー

アメリカンなお菓子が豊富

スーパー外国お菓子
本土では輸入品を扱っているお店にしか売っていないような海外のお菓子が普通に販売されています。

基地で働く軍人さんも来店することから、アメリカ人向けの商品もたくさん置いています。巨大なアップルパイ、変なキャラクター商品やすごい色のグミ、味の濃いお菓子が手に入ります。

本日のドルレート表示

ドルレート
ドルが使えるお店が多く存在します。壁に「本日のドル○○円」なんて書かれています。

法事用の重箱

沖縄では法事に重箱を用意する文化があります。

常に法事用の食材が揃えれるように販売されています。基本は9品(最近は7品の地域も増えています)昆布、こんにゃく、ゴボウ、魚の天ぷら、かまぼこ、カステラかまぼこ、三枚肉、大根(地域によっては田芋)、揚げだし豆腐、中でも、ゴボウや魚の切り身は重箱サイズにカットされていて、使いやすいです。あんなに四角く切られた魚は本土で見たことないです。

天ぷらコーナー

天ぷらは沖縄県民のおやつです。

お惣菜コーナーの中に天ぷらコーナーが広々とあります。かき揚げや野菜の天ぷら。もずくや魚の天ぷら。沖縄の天ぷらは衣が多く、1個で充分お腹が膨れる気がするのですが、みなさんバイキング形式でどんどん袋に詰めています。セール中は人だかりが出来ていることもありますよ。

豆腐は温かい

ゆしどうふ
毎日届く時間が決まっているお豆腐。豆腐売り場には、時間が書かれていたりします。

袋の上から手の甲をチョンと付けて温度チェックをします。あちこーこー(熱々)の豆腐を買い求めて、みなさん必ず触ります。ちなみに私も触ります。(笑)

どうせ家で温めなおすのですが、せっかく買うなら新鮮な豆腐がいいですよね。島どうふは一丁が1キロ。半丁でも結構なボリュームです。そして、ゆしどうふも売っていますが、数が少ないので、すぐに売り切れてしまいます。

特設コーナーができる

法事の時期が近付くと必ず特設コーナーができます。

お正月、旧盆、清明祭、旧暦に合わせた食材(カーサームーチーやふちゃぎなど)重箱料理はもちろん、お仏壇にお供えする品物を入り口付近の特設コーナーに置くスーパーが多く見られます。私もスーパーに行ってから思い出し、慌てて購入したことがあります。

お仏壇のお菓子でよく使われるのがレモンケーキ。主人は昔からよく食べていた懐かしい味のようです。最近ではレモンケーキアイスが発売され、お仏壇の御供え物とは一味違うひんやりレモンケーキが食べられますよ。

袋詰めしてくれる

お買い物袋はお持ちですか?と尋ねられ、レジ担当の人に渡すと袋詰めしてくれます。

とても丁寧に、豆腐・お肉・お魚・アイスクリームなどは透明の小袋に入れてからお買い物袋に詰めてくれます。急いでいるときは、その丁寧さが逆にレジ渋滞の原因となり、イライラする時もあります。

最近ではセルフレジに並んでしまった時、あ~袋に入れてもらえないんだ…とがっかりするようになりました。(笑)

まとめ

文化が違えば食材も違う。これは当たり前のことですが、沖縄のスーパーは独特すぎておもしろいです。

これはどうやって食べるの?と不思議に思う野菜やフルーツがあったり、カラフルなお魚があったり、豚の顔や足が置いてあったり…私は、まだまだ沖縄料理の勉強をしないといけないみたいです。もし、沖縄のスーパーに立ち寄ることがあれば、いろいろ観察してみてくださいね。