1. TOP
  2. 歴史と伝統のしみ込んだ甕(かめ)で生み出す芳醇な泡盛・石川酒造場

歴史と伝統のしみ込んだ甕(かめ)で生み出す芳醇な泡盛・石川酒造場

石川酒造
LINEで送る
Pocket

沖縄のお酒として知られている泡盛は、甕(かめ)で貯蔵することによって味がまろやかになって飲みやすくなるということをご存知ですか?

泡盛の香りや強い味が苦手だという方には甕(かめ)で熟成させた古酒(こしゅ・クゥースー)がおすすめなのですが、新酒の状態でも古酒のように飲みやすいものがあるんです。石川酒造場で作る泡盛は、仕込みの段階から甕(かめ)を使用することによって、数年寝かせた古酒のような味わいを楽しむことができるので、泡盛初心者の方にもおすすめです。

歴史・歴史深い首里の味を後世へ伝える石川酒造場

石川酒造

琉球王朝時代に、王府から唯一泡盛を作ることが許された「首里三箇(しゅりさんか)」という地域で育った石川酒造場の1代目は、泡盛づくりのノウハウを習得し、奄美大島や石垣島で技術指導をし、台湾でも酒造りに携わりました。

終戦後沖縄へ戻り、首里酒造所に勤務、1949年(昭和24年)に首里の寒川で操業。2代目が跡を継ぎ、1990年(平成2年)に工場拡大の為現在の西原町小那覇へ移転しました。現在では3代目が伝統を引き継ぎ、石川酒造場の味を守っています。

特徴・甕(かめ)仕込みによって生み出される旨み

石川酒造場の一番のこだわりは「甕仕込み」です。多くの酒造がステンレスタンクでもろみをアルコール発酵させている中、石川酒造場では仕込みの容器に一石甕(いっこくかめ)を使用し、もろみを発行させています。(一石甕・・・180ℓ入る甕)

1回の仕込みに使う甕の20本をひとつひとつ丁寧に水で洗浄し、仕込水と黒麹を入れていきます。もろみの甕は80個(4仕込み分)あり、毎日手作業で攪拌します。そして一旦蒸留の為に甕から出し蒸留させ、出来上がった酒は60本の甕へと移されます。甕で2、3か月貯蔵したあと、ステンレスタンクへと移し、本格的な貯蔵をします。

なぜこのような手間のかかる大変な作業をするのか?それは甕の性質に秘密があります。甕の持つ成分が泡盛の熟成を早める特性があり、みぃかじゃー(新しい匂い)を和らげる効果があるのです。

出来立ての泡盛には角があり独特な強い香りや味がしますが、甕で仕込み貯蔵することによって、より早く芳醇なものへと変化します。石川酒造場では熟練の職人によって365日休みなしでひと瓶ひと瓶が手作りされています。

受賞

泡盛鑑評会 県知事賞 2010,2013,2014年

銘柄

「うりずん」

度数25度~30度

「島風」

度数30度

「甕仕込み」

度数25度~43度

「玉友」

度数30度~44度

詳細情報

会社名

株式会社石川酒造場

住所

〒903-0103 沖縄県中頭群西原町字小那覇1438番地1

電話番号

098-945-3515

営業時間

9:00~17:00

  • 店舗販売 有り
  • 工場見学 有り(詳細は別途記載しています)

定休日

土日祝、年末年始

クーポン・割引

なし

アクセス

【車】

那覇空港から車で約40分

カーナビ設定

MAPCODE 33 228 533*88

駐車場

有り

【バス】

那覇空港「国内線旅客ターミナル」より系統99番天久新都心線(那覇空港経由)・宜野湾営業所行にて「県庁北口」下車約12分、系統30番泡瀬東線(美里高校経由)・泡瀬営業所行にて「伊集」下車約45分、石川酒造場まで徒歩約10分

※バスに関しては色々な経路がある中の一例です。

地図

ストリートビューで見る


ストリートビューでは石川酒造場まで行けません。

工場見学

  • 料金 無料
  • 開催時間 9:30~16:30
  • 定休日 土日祝、年末年始
  • 所要時間 1時間~1時間半

※1週間前までに予約が必要です。

予約電話番号 098-945-3515(月~金 9:00~17:00)

セールスポイント

石川酒造場で使用する甕は、廃業した酒造から不要になった甕をゆずってもらうなどして集めてきたもので、30年以上、中には60年以上に渡りずっと使いこんでいるものもあります。

そうやって使い続けている甕だからこそ出せる味は、他の酒造所には表現できません。新酒でもまろやかで飲みやすい石川酒造場の泡盛は、泡盛初心者の方にもおすすめです。

お客様の声・口コミ

他の泡盛にはないお米の香りと甘みがある

島風がとても飲みやすくて気に入りました

甕(かめ)仕込みの古酒は、まろやかで口当たりがよく上品です

 

まとめ

手間のかかる甕仕込み、新酒を甕で貯蔵することによって泡盛独特の香りや味をまろやかに仕上げる製法が、石川酒造場創業当時から引き継がれています。

甕にこだわる石川酒造場だからこそ作り出せる味。数十年使い込んだ甕には、泡盛の歴史と伝統がしみ込んでいます。その深い味わいを是非試してみてください。

LINE@はじめました! サイトに書けないコアな情報を配信しま~す。また、お得なクーポンなども準備中です。是非、お友達に追加してくださいね。 パソコンの方は下記のQRコードから
スマートフォンの方はコチラをクリック
友だち追加

\ SNSでシェアしよう! /

沖縄県の情報サイトWe-Love沖縄の注目記事を受け取ろう

石川酒造

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

沖縄県の情報サイトWe-Love沖縄の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

編集部として他企業さんとのジョイント企画など、色々と面白いネタ、旬なネタを取り上げます。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 泡盛業界での新たな試みに挑戦する糸満市の老舗・上原酒造

  • 泡盛造りにはドラマがある・伝統の技法と味を守り抜く神谷酒造所

  • 熟成にこだわり最高の古酒を作り上げる津波古酒造

  • 良質な酒にこだわり「幻の酒」と評される宮里酒造所の泡盛