沖縄花のカーニバルをご存知ですか?

1月からスタートして、ゴールデンウィークで終了。美しい花でおもてなしをしたい、そんなウチナーンチュのホスピタリティ期間中は県内で様々な花のイベントが開催されています。

このイベントのフィナーレは、100万輪のゆりなのです。そこで、ゴールデンウィークまで開催される 「伊江島ゆりまつり」を紹介します。

ゆり3

どんなイベントなの?

ゆりまつりの開催は2016年は423日(土)~55日(木)まで。期間中は様々なイベントが開催されます。伊江島へ行くフェリーは一日4便。ですが、期間中は増便されます。つまり、ゆりまつりの時期に行くのがオススメなんです。

スポンサーリンク

100万輪のゆり絨毯

20140427_124353

4月中旬~5月初旬まで伊江島のリリーフィールド公園には20万球・100万輪のテッポウユリが咲き誇り訪れる人を魅了します。

ゆり1ゆり3

誰が植えたの?

ゆり一面の景色はまさに純白の絨毯のよう。このゆりは11月ころに地元の小学生によって植えられます。

世界のゆりが見られる?

珍しいのは日本の原種ユリや世界の園芸品種を集めた世界のゆり花壇。

20140503_133634

期間中はイベント盛りだくさん

期間中は、沖縄のアーティストによるライヴ、村民による伝統芸能の村踊りなど様々なイベントも披露されます。

614A4829※第19回出演 きいやま商店

いつが見頃?

ゆりまつりの期間は半月以上ありますが、満開の時期に行くことをお勧めします。なぜなら咲きはじめは絨毯とまではいかないのです。実際はこんな感じです。

20140419_142022

また、花が風や雨の影響で散ってしまっても絨毯は見れないのでご注意を。

会場への行き方は??

会場へは港から無料のシャトルバスが出ています。15分ほどで会場に到着し、到着したところは、まさにゆり絨毯の目の前。帰りもフェリーの時間にあわせ、アナウンスをしてくれるので、ゆっくりゆりを鑑賞したり、ライブをたのしむことができます。

期間中にしか味わえない、マル秘情報

ちーいりちー

ゆりまつりの会場で、村民の方がお店を出店しています。オススメは、「ちーいりちー」
20140426_112438

これ、絶品です!これは、やぎの※※で炒めた沖縄北部の郷土料理・・・県内でも食べられる機会がすくないです。そして、伊江島には、この料理を美味しく作れる人がいます。

※※が何であるかは、島の人に聞いてくださいw

たばこの花

20140504_084745IMG_6039
たばこの花が見頃です。この時期しかみられません。たばこの花は放置しておくと、先端が重くなって茎が倒れてしまいます。倒れた茎に害虫がつくとだめなんです・・・

伊江島のアイドル

IMG_3382

4月から活躍 伊江島のニューキャラクター「タッちゅん」に会えます。「タッちゅん」は、島の特産物を背中にしょっています。それは会場で確認してくださいね。

面白い看板

IMG_6040

面白い看板に出会えます。w 病院の近くなので、村のおじーおばーがよくこの横断歩道を渡ります。

まとめ

ゆりまつりの期間は、伊江島の大自然に触れながら、白いゆりと、青い海のコントラストを楽しんでみてはいかがでしょうか?会場に着くと、とにかくゆりの香りがずーっと漂っています。咲き誇るゆりを眺めながらお散歩したり、レジャーシートもってピクニック気分を味わったり・・・

ステージイベントも盛りあがっていますので、早い時間からオリオンビールで乾杯!なんていうのもいいかもしれないですね♪