3月に入り、沖縄はだいぶ暖かくなってきました。少し遅れていた那覇市内の桜の開花も進み、ようやく見ごろを迎えています。

そんな春うららな沖縄の街中やスーパーを歩いていると、あちこちで可愛らしいピンクのパッケージのお菓子やケーキなどをよく見かけます。そう、ひな祭りです。

3月3日は女の子のすこやかな成長を願い、ひな人形を飾ってお祝いする日です。本土ではお雛様を飾ったりしてお祝いしますが、沖縄のひな祭りってどんな風にお祝いするのかな?と思い、移住してまだ間も無い私は、興味津々で、調べてみました。

スポンサーリンク

3月3日は「浜下り」(はまうり)の日

本土では、3月3日は「ひな祭り」や「桃の節句」としてひな人形を飾り、女の子の成長や健康をお祝いする日として知られていますが、沖縄や奄美大島などでは「浜下り」という風習があり、一般的なひな祭りの過ごし方とは少し違うようです。

旧暦の3月3日は春の大潮になる日で、潮が引き一面に広がった浜で女の子が身を清める日であるとされていて、女性のみで浜辺へ行き、持ち寄ったごちそうを食べたりして過ごすのだそうです。

この「浜下り」には、どのような由来があるのでしょうか?

蛇にまつわる怖~い伝説

日本の五節供(ごせっく)のひとつである「桃の節句」は現在では3日に固定されていますが、昔は3月の初めの巳の日に行われていたため、「上巳(じょうし)の節句」とも呼ばれています。「上巳」の「巳」は「蛇」の意味を持ち、その蛇にまつわる怖い伝説があります。

昔、家にいた女が美男に化けた蛇の子を身ごもってしまいました。それをなげいた女が潮水で身を洗い清め流し難を逃れた、というお話。

蛇の子を身ごもったなんて、想像しただけで鳥肌が立ちます。

そういった伝説の影響で、この上巳の節供の日には女の子は家にいてはいけない、家にいると蛇に襲われ蛇の子を産んでしまうと言い伝えられているのです。

沖縄でひな祭りは潮干狩りを楽しむ日

また、言い伝えでは浜で過ごす様子を男性に見られてはいけなかったそうですが、近年では家族そろって潮干狩りを楽しむ行事になっているようです。

古い風習に従って、女性だけで浜辺でお弁当を食べながら磯遊びをするというのも、なんだか女子会みたいで楽しそうですよね。

okinawa-hinamatsuri

本土でも最近はあまり見かけなくなった立派なひな人形ですが、小学生の児童たちの手でゆいレール「旭橋駅」に可愛らしいひな人形が飾られました。立派なひな壇ですね。

沖縄のおもちゃ屋さんでも沢山並んでいて、幼稚園などでもひな人形を飾り、桃の節句をお祝いしています。

沖縄の潮干狩りスポット

kaicyu-road

沖縄には、潮干狩りができるスポットがいくつかあるので紹介します。

貝やカニ、ときにはタコなども見つけることがあるようですので、色んな海の生き物と出会えるチャンスです。是非お子様とお出かけください。

海中道路

住所:沖縄県うるま市与那城屋平

時期:3月~4月上旬

取れる貝の種類:イトマキボラ貝、マガキ貝、カニ、エビ など

料金:無料

駐車場:無料

瀬長島

住所:沖縄県豊見城市瀬長字瀬長

時期:通年

取れる貝の種類:アサリ など

料金:無料

駐車場:無料

屋我地(やがじ)海岸

住所:沖縄県名護市屋我

時期:通年

取れる貝の種類:ハマグリ、二枚貝 など

料金:無料

駐車場:無料

泡瀬干潟(あわせひがた)

住所:沖縄県沖縄市泡瀬

時期:4月~8月

取れる貝の種類:アサリ、スエヒロガイ、リュウキュウサルボウ など

料金:無料

駐車場:無料(沖縄県総合運動場)

まとめ

今回沖縄の「ひな祭り」について調べてみて、こんな面白い風習があったなんてすごく驚きでした。先程のこわい伝説のことは忘れましょう(笑)。

私も潮干狩りに行きたくなりました。なんだか無心に掘り進めそうですよね。

ただし、気を付けないといけないのはケガです。干潟にはとがったサンゴや石、割れたビンなどもあるかもしれないので、潮干狩りへ行く時には靴底の厚いものを履いて行きましょうね。

これからどんどん暖かくなっていく季節、ピクニックも兼ねて潮干狩りに参加してみてはいかがでしょうか。

また、こちらは海で安全に過ごすために必ずチェックしてください。
▶ 沖縄のビーチで注意するべき危険海洋生物12選