S沖縄に住んで、沖縄の自動販売機が面白いなと思いました。

本土とは違って、個性的です。

そこで今回は沖縄の自動販売機に迫ってみたいと思います。そして、またまた、ランキング形式です。

スポンサーリンク

9.ほぼアイスのみ

沖縄はやはり南国です!と言わんばかりに、ずらりとアイスしか並んでいません

海風が吹いてちょっと肌寒い冬でも、ホットのコーナーはごくわずか。ずらりと並んだアイスには驚きます。

全部アイス2

8.価格が安い

本土の自動販売機がいくらだっけ?と忘れそうになってしまうほど、沖縄の自販機は価格が安いです。

いろいろ見ていくと、50円という価格のものもあります。

50円ジュース

7.ペットボトル100円

自動販売機の業者さんを心配するわけではないですが、ペットボトルで100円って・・・。

原価いくらなんだろうなんて、購入する私が心配してしまいます。それだけ沖縄では自販機の需要があるわけですね。

ストレートティー

6.うちなーぐち自販機

明るい声で「ハイサーイ!めんそーれ!」うちなーぐちでしゃべる自販機があります

ちょっと買うのが恥ずかしい。(笑)でも明るい声が聞きたくなるそんな衝動にかられます。見つけたら是非ジュースを買ってみてください。

うちなーぐち自販機

5.「?」の自販機

昔、農連市場があったところに、「?」の自販機がありました。

「?甘いものいろいろ出ます」「?コーヒーいろいろ出ます」どういうことだ?と思って、「?甘いものいろいろ出ます」を購入してみました。すると、種類の異なった外国産のソーダが出てきました。

スーパーに行くと50円以下で売っている例のソーダーです。売れ残ったものいろいろいれているのかな?とも思いましたが・・・。

いろいろ出ます出典:MEMOUK

4.ホットさんぴん茶

寒い冬にホットさんぴん茶を見つけて、とても美味しかった記憶があり、冬に探し回ったことがあります。

沖縄は冬でもアイスしか置いていない自販機が多いので、ホットさんぴん茶はレア商品です。是非一度、飲んでみてほしいです。

3.デザインが沖縄

自販機自体が沖縄チック。沖縄らしいラッピングがされた自販機があります。

エイサー自販機出典:ti-danet

2.甘いブラックコーヒー

ブラックコーヒーは砂糖が入っていないからブラックなのでは?とおもうのですが、ほんのり甘いゼロカロリーだそうです。逆にインパクトがありますね。

ザ・沖縄ブラック

1.沖縄限定が多すぎる

私が見つけた沖縄限定のドリンクを色々とご紹介します。

1 2