1泊2日・3万円で沖縄に行ける!としたら、あなたは沖縄に行ってみたいですか?

私は、沖縄の大自然、空気、雰囲気を味わいたい、その思いだけで沖縄に飛んだことが何度もあります。そこで今回は、短期間格安で行ける弾丸ツアーを紹介します。

時間とお金に余裕のある方は、この弾丸ツアーに観光スポットを増やし、滞在時間を増やして楽しんでみてください。

スポンサーリンク

激安で旅を成功させるポイント

軽装

持ち物は極力軽くして沖縄へ行ってみましょう。キャリーケースなどは必要ありません。機内持ち込み可能な10キロ以内で荷物をまとめて身軽に旅を楽しみましょう。天気の急変や、風が時折強く吹く沖縄の天候では、折り畳み傘や、薄手のジャンバーはとても重宝します。日差しも強いので、サングラス帽子もあるといいです。

体力

限られた時間の中で満喫するためには、寝ないで遊ぶぞーという無謀なチャレンジもアリです。必要なのは体力です。

飛行機はLCC

最近では、全国各地からLCCで沖縄便が出ています。前もって航空会社をチェックしておくと、キャンペーンなどで、片道3000円という破格で沖縄へ行ける時もあるのです。会員登録しておけば、キャンペーンのお知らせが来たりするので、是非登録しておいてください。

旅行会社のホテルパックプランも、時期によっては格安の場合もあります。私が過去、最安値で行けた事例をお伝えすると、2泊3日、ホテル1泊付きで3万以下というのがありました。

ピーチで沖縄

移動はレンタカー

沖縄のレンタカーは、競合が多いせいなのか、1日レンタルしても、数千円で済んでしまったりします。かしこくレンタカー屋さんを探して、旅のプランにぴったりのレンタカーを探してください。

例えば、午前中のフライトだったとしたら、昼から次の日の昼まで借りる24時間プランを選択してもいいと思います。午前中に着いたからと言って、2泊で借りると割高になってしまうこともあります。

あとは、ホテルの宿泊を考えるなら、駐車料金(1000円前後かな?)をとられてしまいますので注意してください。今回の旅の目的は、激安プランですので、安くできるところは、安くしましょう。

格安スカイレンタカー

事前予約をすべて済ませておく

旅のアクティビティは予約が必要ですか?行きたいお店は予約が必要ですか?宿は必要ですか?事前予約が必要なところは、すべて事前に済ませておきましょう。

宿泊なし、もしくはゲストハウス

沖縄をとことん楽しむなら、宿をとらずとも、飲み明かすという手段もあります。2日目の行動がやや体力的には厳しくなるかもしれませんが、限られた時間しかないのであれば、無理のない範囲でとことん満喫してしまってもいいでしょう。

どうしても眠りたいという方は、ゲストハウスがお勧めです。全国各地や海外から、沖縄ひとり旅を楽しみにやってくる人が多く利用しています。旅先での新たな出逢いもあるかもしれませんよ。

弾丸ツアー・1日目

午前中のフライトで、昼には沖縄に到着。早速レンタカー借りてドライブへGO。便利なのは、空港近くのレンタカーを借りておくことです。送迎付きのところがいいですね。

沖縄料理

まずは腹ごしらえ・・・沖縄そば屋大衆食堂は、ワンコインでお腹いっぱいになります。定食にしたとしても、1000円で十分おつりがくるでしょう。まずは、沖縄料理で腹ごしらえしましょう。

とびきりのボリュームで驚きたい方は、の野菜そばがお勧めです。沖縄そばの上に野菜炒めがのっています。以前取材させていただいたとき、重さをはからせてもらったのですが、1キロありました。

波布食堂野菜そば出典:てぃーだブログより

南部・ガンガラーの谷

鍾乳洞が崩壊してできた谷間に広がる自然豊かな森の中を専門ガイドと一緒に歩く、約1時間20分のツアーです。

お勧めの理由は、沖縄の大自然が楽しめること、洞窟へ入れるスリル、パワースポットという点かと思います。ツアーは時間が決まっているので事前予約が必要ですので、昼に空港に着いた方であれば、14:00のツアーを予約してください。

ガンガラ―の谷

CAVE CAFE

ガンガラ―の谷の入口にあるカフェです。ここで、ツアー開始までの時間、待機することができます。

14:00のツアーを予約された方は、ツアーが始まるまでの間、カフェでくつろぐことができます。もちろん、カフェの利用だけもできますので、14:00のツアーが満席になってしまっていても是非行ってほしいカフェです。

CAVECAFE外CAVECAFE中

ガンガラ―の谷の予約がいっぱいでとれなかったー(泣)という方は、ガンガラーの谷の向かいに、おきなわワールドというテーマパークがあります。ここも十分に楽しめるスポットです。

おきなわワールドでは、沖縄の踊り、エイサーが見れたり、三線弾き、琉装体験など様々な体験ができます。ハブやコウモリも見れたりと、テーマパークで1日終わってしまいそうなほど、たくさんのアクティビティがあります。

おきなわワールド

奥武島の天ぷら

奥武島というと「天ぷらやー」が有名です。海んちゅの島とされる奥武島。売れ残りのさしみがもったいないというので天ぷらにしてみたところ、売れに売れちゃったみたいです。 まずは、奥武島の天ぷらの火付け役となった「中本鮮魚店」 ここのもずく天ぷらは美味です。

もちもちした食感で、食べ応え充分なボリュームです。けっこう行列をつくっていますが、極端に待つわけではないのでご安心ください。

こんな景色を眺めながら食べられます。もうひとつ、奥武島には、有名なてんぷら屋があります。「大城てんぷら店」は、地元の人で賑わう天ぷら屋。注文してから揚げるので、少々時間がかかったりします。ですが、美味しいです。

中本鮮魚店外観大城てんぷら店外観大城てんぷら店もずく

ニライカナイ橋

太平洋を一望できる、沖縄の新・ドライブ名所ともいえる橋。ジェットコースター気分で快走してください。

但し、くれぐれもスピードの出し過ぎにはご注意ください。また橋の途中で立ち止まって景色を撮影するのは危険なのでやめましょう。

ニライカナイ橋

海を眺められるカフェ

沖縄県の南部にはいくつか絶景のカフェがあります。目の前が海!というカフェにいくか、高台から眺めるカフェにいくか、これは好みですね。

南部カフェ
浜辺の茶屋は、
浜辺ぎりぎりに建っていますので、まさにオーシャンビューです。干潮の時は、かなり潮が干くので、浜辺で遊ぶこともできます。山の茶屋 楽水は、店内に岩があったり、傾斜を活かしたオーシャンビューが楽しめます。

カフェくるくまは、高台に建つカフェです。本格的なタイ料理や創作カレーが味わえます。テラス席でゆっくりドリンクも味わえます。カフェやぶさちも絶景のカフェです。ランチプレートがお勧めです。

斎場御嶽

琉球王国最高の聖地とされる斎場御嶽。御嶽の中には、六つのイビ(神域)がありますが、中でも大庫理(ウフグーイ)・寄満(ユインチ)・三庫理(サングーイ)は、いずれも首里城内にある建物や部屋と同じ名前をもっているそうです。

ガイドブックなどの写真でよくみられる、三角形の空間の場所(三庫理)、そこをくぐり抜けると、聖なる島といわれる久高島を望むことができます。

琉球国王や聞得大君の聖地巡拝の行事を今に伝える「東御廻り」(アガリウマーイ)の参拝地として、現在も多くの人々から崇拝されている場所であるため、パワースポットとして人気の観光地です。

斎場御嶽南城市HPより引用

美らSUNビーチ

斎場御嶽まで観光していると、すっかりあたりは暗くなってしまっているかもしれません。夕方、天気が良いならば、西海岸沿いでサンセットを見て癒されてほしいです。美らSUNビーチは、広いパーキングがありますし、ビーチも広いので、綺麗にサンセットが見えます。

美らSUNビーチサンセット

国際通り

とことん自然を満喫したあとは、レンタカーを国際通り付近のコインパーキングに泊めて、とことん国際通りを満喫しましょう。国際通りはお土産屋も遅くまで営業しています。民謡酒場や居酒屋もたくさんあります。

居酒屋で飲み放題

夜はとことんお酒を楽しみましょう。国際通り付近は、居酒屋がひしめきあっています。どのお店もお客さん獲得のために、様々なキャンペーンをしています。

飲み放題無制限というお店があったり、1時間飲み放題の値段も1000円以下と価格破壊です。居酒屋だけでなく、大衆食堂も朝までやっていたりするので、とことん朝まで楽しんでみましょう。

宴会

さて、2日目も大自然を満喫する弾丸ツアーをご紹介します。

初日は南部で遊び、最後に国際通りまで周りました。飲み明かして朝を迎えましたか?ゲストハウスに泊まりましたか?

2日目は車で北上します。帰りの飛行機が最終便の場合を想定して、中部までドライブします。

弾丸ツアー・2日目

大自然を満喫するなら、海、高台の景色、それを満たしてくれるのは、海中道路までのドライブでしょう。 浜比嘉島、伊計島めざしてドライブしましょう。

キングタコス

海中道路までいく途中、キングタコス長田店タコライスを買いましょう。キングタコス長田店は、以前はイートインスペースもあったのですが、テイクアウト専門になりました。

これは、ドライブの途中に楽しむためのお弁当です。メニューはトッピングで値段が違います。お勧めは、タコス、チーズ、レタスが全てのっているタコライスチーズ野菜がお勧めです。

タコライスといえば、金武町が有名です。金武町はタコライス発祥の地と言われています。どうしても本場のタコライスが食べたいという方は、次回ゆっくり周遊する沖縄ツアーを企画してください。テイクアウトは、本来の量がぎゅーっとパックに詰められるので、あふれ出るほどの量です。見た目重視の方にはちょっとお勧めできません。

キングタコス外観 タコステイクアウト

勝連城跡

沖縄のパワースポットは各地にあります。県内に点在する城跡もパワースポットとされています。

大自然と開放的な景色を見るなら、勝連城跡がお勧めです。上まで登れば、中城湾を見下ろすことができます。城跡は、高台にあったり、足場が悪かったりするので、スニーカーで散策しましょう。最後まで登りきると、360度大パノラマが待っています。

勝連城址上

海中道路

両サイド海を眺めながらドライブ。ここも途中車を止めるのは危険ですが、後続車がいなければスロー運転はありですね。

浜比嘉島平安座島宮城島伊計島を渡ってグルグルドライブしてみてください。

海中道路上

北谷・アメリカンビレッジ

フライトの時間に余裕がある場合は、北谷のアメリカンビレッジというエリアでショッピングも楽しいです。米軍払下げの品物や、衣料品、アクセサリー、沖縄土産、いろいろなジャンルの店舗があります。

北谷にはもうひとつの楽しみ方があります。実は、北谷は、ドライブスルー天国です。カレー、寿司、長崎ちゃんぽん、薬局…沖縄県民は歩かない?と思われてしまうほどドライブスルーがたくさんあります。

ドライブスルーについては、こちらの記事を参考にしてください。
▶︎ 沖縄はこんなものまでドライブスルー16店舗

ブルーシールアイス牧港本店

ドライブの帰り道、甘いのが欲しくなったのなら、浦添市にある、ブルーシールアイス牧港本店へ。

ブルーシールアイスクリームは県内のあちこちに店舗がありますが、ブルーシールの第1号店が、牧港本店です。1963年から50年以上現在の場所にあります。店内にも怪しいお兄さんが…。アイスのフレーバーもかなり豊富で、どれにしようか迷ってしまいます。期間限定のフレーバーもあります。

ブルーシール本店

ジャッキーステーキハウス

創業60年以上にはなる老舗のステーキ店です。雰囲気もアメリカン。肉のサイズもアメリカンです。

沖縄県民がこよなく愛するA1ソースをかけて豪快に肉をいただきましょう。テンダーロインステーキが一番「肉」を感じることが出来お勧めですが、Sサイズで2100円です。おっとここで予算超えでしょうか・・・。

ジャッキーステーキハウス外観昼

奥武島・ウミカジテラス

フライトの時間までは、空港から15分ほどで行ける、ウミカジテラスがお勧めです。飛行機の離発着が間近で見られること、白い砂浜で遊べること、小さな店舗が立ち並ぶ商業施設で時間まで目いっぱい楽しむことができると思います。

ウミカジテラス入口

まとめ

今回は、激安で旅を成功させるポイントも含め、是非行ってほしいスポットをご紹介しました。全部まわっていては、飛行機に乗り遅れてしまいますので、以下のコースを参考にしてくださいね。

1日目

①波布食堂 → ガンガラーの谷    → CAVE CAFE → ニライカナイ橋       → 奥武島の天ぷら    → 美らSUNビーチ → 国際通り

②波布食堂 → おきなわワールド → ニライカナイ橋  → 奥武島の天ぷら    → 南部の絶景カフェ → 美らSUNビーチ → 国際通り

③波布食堂 → ガンガラーの谷    → CAVE CAFE    → ニライカナイ橋       → 南部の絶景カフェ → 美らSUNビーチ → 国際通り

④波布食堂 → おきなわワールド → ニライカナイ橋        → 南部の絶景カフェ → 美らSUNビーチ   → 国際通り

➄波布食堂 → おきなわワールド → ニライカナイ橋        → 奥武島の天ぷら    → 斎場御嶽      → 国際通り

2日目

①キングタコス → 海中道路 → 勝連城跡 → 北谷・アメリカンビレッジ・ドライブスルー →ブルーシールアイス牧港本店 → 瀬長島・ウミカジテラス

②キングタコス → 海中道路 → 勝連城跡 → 北谷・アメリカンビレッジ・ドライブスルー →ジャッキーステーキハウス     → 瀬長島・ウミカジテラス