南国沖縄にも冬がやって来ました。

日照時間が短くなり、曇りのお天気が増え、雪が降るほどではないものの、海風がとても冷たく、体感温度が下がります。ところが、不思議なことにうちなーんちゅは冬になると外出傾向になります。

暑すぎる夏は外では遊ばず。冬になると外で遊ぶ…なるほど!(笑)冬になると海辺に行き語る。冬場のビーチは静かでとてもきれいです。冬の一大イベントのクリスマス。はたして、沖縄県民は何をして過ごすのでしょう?沖縄県民のクリスマスの過ごし方をご紹介します。

スポンサーリンク

クリスマスケーキはアイスケーキ

クリスマスのケーキと言えば、ブルーシールアイスクリームのアイスケーキで決まりです。

冬にアイス!?なんて思われるかも知れませんが、去年のクリスマスの日中気温24℃でした。半袖でも過ごせそうな陽気。特によく売れているのが、真っ白なホールケーキの上にサンタクロースとスノーマンがちょこんと乗っているもの。

雑なのがクリスマスツリーとCHRISTMASのロゴが差し込み式のぺらぺらの紙で出来ているところです。真っ白なケーキを切ると何味が当たるか分からず、家族で楽しんで食べられるところがいいんです。予約すればクリスマスに合わせて配送の注文も出来ますよ。

アイスケーキ1出典:ブルーシールアイス

外人住宅のイルミネーションがすごい

米軍基地所属のファミリー部隊のお家がすごいんです。

特に北中城のホテルコスタビスタ周辺の外人住宅が有名で、さすがアメリカ!みなさん気合いの入れ方が半端ないんです。庭でサンタクロースがトナカイのソリに乗っていたり、屋根の上から下までキラキラしていたり、年々すごさが増しています。カップルのドライブデートコースになっていて、クリスマスが近づくと軽自動車に乗った若者が増えるという現象が起きています。

外国人住宅イルミネーション1出典:全国郷土紙連合

西原町のおじさん家がすごい

知る人ぞ知る、西原町のおじさん家。クリスマスシーズンになるとおじさん自ら交通整理を始めるほどのすごいイルミネーションのお宅があります。夕方のニュースで取り上げられたことも。地元では超ーーー有名人らしく、今年はどんな風になっているのか、みんなが期待しています。(笑)

沖縄にも雪が降る!?

クリスマスイベントで降雪機を使い、雪を見たことのない沖縄県民に雪のプレゼントをしてくれる観光施設が増えています。

沖縄こどもの国、東南植物楽園、アウトレットモールあしびなーなど、初めて見る雪に地元の子供たちは大喜び♪ただ外気温が高すぎてすぐ溶けてしまったり、雪というよりアイスクラッシャーのようなシャリシャリの雪です。音楽を流しながら雪を降らしてくれるんですが、降雪機のゴ―――ッという音にかき消される始末。今年はどこで雪が降るでしょう?

沖縄の子供たちに本物のホワイトクリスマスを見せてあげたいです。私の主人は本土で初めて雪を見たとき食べたそうです。

沖縄県民大好きケンタッキー

クリスマス前にどこでチキンを買うか?主婦たちの間で話題になります。

もちろんケンタッキー♪ですが、予約でいっぱいであろうことが予測できるため11月後半ぐらいから悩みます。当日はケンタッキードライブスルー渋滞が起きる程です。

普段から人気のケンタッキーですが、クリスマスはまた格別なんですね~

ガーリックチキン

チキンの丸焼きが店頭でぐるぐる回っているブエノチキンや、Jimmyのガーリックチキンなどアメリカ風の豪快なチキンが人気です。

味付けも濃い目でアメリカ人向けですが、クリスマスの食卓に丸焼きチキンが並ぶお宅も多いようです。

ブエノチキン

菊ミネーション

読谷村や、恩納村の菊農家。国道58号線から少し側道に入ると、菊畑が一面に広がります。菊の成長を促すために取り付けられている照明がずらーっと並んで金色の畑のようになっているんです。

今年は赤も入れたらしくさらにクリスマスっぽくなっています。ただの菊畑なんですが・・・この時期だけはカップルのドライブデートコースになります。帰り道にはシーサイドドライブインでスープを飲む。これがお決まりコースです。

美ら海水族館のイルミネーションがすごい

普段はお花で飾られているお魚のモニュメントがクリスマスシーズンはイルミネーションに早変わり。観光地のため普段の美ら海水族館は観光客だらけですが、この時期だけはうちなーんちゅが増えます。美ら海水族館には入らず、公園のイルミネーションを楽しむ。うちなースタイルです。

海洋博公園イルミネーション

北谷周辺がすごい

アメリカンヴィレッジを中心にクリスマス一色になるのが、北谷町です。

美浜周辺は若者が増え、レストランで食事をしたり、お店で買い物をしたり、海沿いを歩いたり、夜遅くまでにぎやかです。ハンビー周辺はBarが軒を連ねて出ており、こちらは大人たちが増えます。オープンテラスでビールやワインを楽しんだり、永遠と語り合ったり、夜中まで?朝まで?にぎやかです。

北谷イルミネーション

糸満観光農園がすごい

糸満にある観光農園がクリスマスシーズンになるとイルミネーションと屋台を出します。

こちらは屋台目当ての家族連れが多く夜遅くまで子供が遊具で遊んでいる光景も珍しくありません。ACのCMで「沖縄は子供を夜連れ出さない」なんてフレーズが当たり前のように流れていますが、クリスマスは仕方ないですね~。

糸満イルミネーション出典:糸満市

2015年は12月12日(土)~2016年1月3日(日)18時~22時まで。入場料は以前は無料だったそうですが、今は大人前売り300円、当日400円(12月19日からは500円です。)

ローズガーデンでクリスマスディナー

どこのレストランもクリスマスは予約でいっぱいですが、ライカム沖縄のすぐ近くにある「ローズガーデン」は、すぐ予約でいっぱいになります。

今から予約を取りたいくらいです。普段はアメリカ人向けのレストランといった感じで、朝の開店前からアメリカ人が並んでいます。すごいボリュームのセットがあり小柄な日本人には食べきれないんじゃないか?というくらい満足&満腹のお店です。クリスマスになるとパイがホールのまま販売されていたり、伊勢海老の丸焼きやステーキなどディナーのメニューが大人気です。

クリスマスの勝負服

沖縄にだって冬服は売られています。可愛らしいファー付きのコートやモヘヤのニット、もこもこのブーツなど。女の子はクリスマスデートに来ていく服を買って用意するものです。

ですが、いざクリスマス当日…「暑い」結局、出番なくタンスの肥やしになってしまうという失敗談をよく聞きます。週間天気予報もあてにならない沖縄です。勝負服は直前までよく考えること。女の子の教訓です。

まとめ

沖縄県民のクリスマスの過ごし方は、ドライブ中心の雰囲気を楽しむパターンが多いようです。

行くところないからとりあえず車を走らせてイルミネーションを見に行く。12月になれば週替わりでいろんなイルミネーションを見て、イルミネーションをコンプリートする。(笑)

チャンプルー文化の沖縄ですから、アメリカンで本格的なクリスマスを味わえるんです。去年はアメリカンヴィレッジで買い物を楽しんだので、今年はイルミネーション散策に行きたいと思います♪