良質なビーチが続く沖縄本島の西海岸にあって、自然を残していることで人気が高いのが、ニライビーチです。ビーチ周辺には、岩場やサンゴ礁が広がり、魚がいっぱい。さらに本島の中でも抜群の透明度の海と、キレイに整備された砂浜がそろっており、ウミガメも産卵にやってきます。

ビーチはホテル日航アリビラの真ん前にありますが、村営のため駐車場と入場料は無料。ビーチで楽しめるマリンアクティビティはホテルから提供されています。リゾートの楽しみであるマリンスポーツも存分に楽しめるニライビーチをご紹介します。

スポンサーリンク

【どういうところ?】海の生き物がたくさんいる天然ビーチ

niraibeach

沖縄本島中部、読谷村にあるニライビーチ。砂場も岩場もサンゴ礁もあるビーチです。ビーチの水質はAA(最高ランク)で、海の生き物が数多く生息しており、その数は県内有数と言われています。

干潮・満潮の水位の差が大きく、その差は最大2m。干潮時には、キノコ岩と呼ばれる岩の周辺に、サンゴ礁が出現、イノーと呼ばれる潮だまりになり、熱帯魚などを歩いて見る磯遊びも楽しめます。また真西に向いたビーチは、夕陽の名所としても有名です。

【何ができる?】ビーチの整備とマリンアクティビティが充実

yomitan-nirai-beach

海水浴シーズンになるとハブクラゲ防止ネットが設置され、監視員も常駐し、安全に海水浴を楽しむことができます。遊泳区域内でのシュノーケリングが可能です。

整備面も充実しており、ビーチの整備ほか、レンタル品やトイレや売店などもそろっています。

ビーチ目の前にあるホテル日航アリビラでは、豊富なマリンレジャーを提供しているので、ドラゴンボートやウェイクボード、アクアサイクルなどリゾートのマリンアクティビティや、カヌーやフィッシングなども楽しめます。

施設情報

施設名

ニライビーチ

住所

〒904-0327  沖縄県中頭郡 読谷村字儀間600

電話番号

098-982-9111(ホテル日航アリビラ)

098-982-9622(マリンハウス)

098-982-9216(読谷村役場商工観光課)

営業時間

遊泳期間:4月~10月

営業期間:通年

9:00~18:00(4/1~5/31)

9:00~18:30(6/1~7/15)

8:30~18:30(7/16~8/31)

9:00~18:00(9月)

9:00~17:00(10月)

9:00~16:30(11/1~3/31)

定休日

なし

入場料

無料

クーポン・割引

なし

所要時間

2時間~

施設設備

トイレ、シャワー、コインロッカー(有料200円)、売店、ハブクラゲ防止ネット(6~9月)、監視員(4~10月)

【レンタル品】

サンデッキ、パラソル(宿泊者無料)、ほか

【マリンスポーツ】

グラスボート、シュノーケリング、サーフィン、ウェイクボード、ジェットスキー、ドラゴンボード、アクアサイクル、トーニングチューブ、マーブル、カヌー、ペダルボード、釣り、ビーチコーミング(貝ひろい+フォトフレーム作り)

ホテル日航アリビラ・アクティビティ

アクセス

【車】

那覇空港から車で約60分

【路線バス】

那覇空港→ゆいレール「旭橋駅」下車、駅直結「那覇バスターミナル」にて 28番読谷村行 乗車→「大当(うふどー)」停留所、もしくは「読谷村バスターミナル」下車 →タクシーに乗り換え(約1000円)

【空港リムジンバス】

那覇空港 → ホテル日航アリビラ 直通

カーナビ設定

MAPCODE          33 881 331*17

※ホテル日航アリビラ

駐車場

無料 250台

地図

 

ストリートビューで見る

観光のポイント

イノーが出現する干潮を狙っての磯遊びがおすすめです。浅くなって水たまりになった中には、小さな熱帯魚などが泳ぐのが見られます。水質がきれいなので、水の上からでも見えます。

お客様の声・口コミ

ビーチにはVIPルームならぬ、有料エリアがありました。さすがはホテルだなと思いました。

海の自然を残しているというニライビーチの方針に感動しました。海に生息する生き物一覧の看板があって、子どもたちが喜んでみていました。熱帯魚がたくさんいます。

まとめ

無料で利用できるにもかかわらず、リゾートホテル管理の設備とマリンアクティビティが楽しめるニライビーチ。

那覇空港からも1時間と利用しやすい位置にあり、おすすめできるビーチです。

他の沖縄県中部地区のビーチの情報はこちらから

▶ 【沖縄県中部地方】ハブクラゲネット設置・安全なビーチ8選

また、こちらもチェックしてください。
▶ 沖縄のビーチで注意するべき危険海洋生物12選