国際通り、市場本通りむつみ橋交差点から第一牧志公設市場方面へ入ったところが、むつみ橋通りです。

むつみ通りは市場中央通りのお店の裏口になっているところが多く、雰囲気は少しディープな印象です。

現在はシャッター通りになりつつありますが、昔ながらのお店も多く、いろいろな発見もあります。

リトルアジア沖縄を感じて散策してみてはいかがでしょうか?

むつみ橋地図2

スポンサーリンク

通りの歴史・沿革

むつみ橋出典:てくてく通信

ガーブ川水上店舗街のうち国際通りに面した第一街区。

 

商店街の名に冠された「むつみ橋」は、1954年(昭和29年)の公募により那覇市の市歌の一節「むつみ親しむわが那覇市」にちなんで命名。

 

地元客の生活に寄り添い、愛され続けている老舗が多く残っており、落ち着いた雰囲気の通りとなっている。
11月中旬~1月中旬にはイルミネーションが灯され、懐かしく温もりあるマチグヮーを包み込む。

出典:那覇のマチグヮー

戦後長く県民に親しまれてきたガーブ川水上店舗を撤去し、その上に商業モールができました。今では、むつみ橋通りの入口におや?この形はという名残があるだけです。

イルミネーションの時期に歩きましたが、今はそこまで盛大に飾り付けしてある感じではありませんでした。各SHOPが店頭をほっこり飾ってあるのがかわいらしかったりします。

島唄ライブ 鳩間島

島唄と島酒・島料理のお店です。店舗は2F。八重山古典民謡を中心に、ポップスや島唄ライブを聞くことができます。

いちゃりばちょーでーが合言葉。吉川忠尋先生のライブが毎日2ステージ開催されています。

おいしい料理を食べながら、泡盛片手に盛り上がってください。

鳩間島

沖縄まんまるカフェ

自家製アイスクリームと自家製パンが食べられるカフェです。にぎやかな通りからほっと一息入れたいときにぴったりな落ち着いた雰囲気のカフェ。

持ち帰り商品も人気で、まんまるカフェオリジナル、まんまるちんすこう・パインまーる。パッケージもかわいくてお土産にぴったりです。

まんまるカフェ

沖縄居酒家 すん。

泡盛の、のぼり旗と大きなやーるー(ヤモリ)が目印の居酒家すん。

やーるーの足としっぽちぎれていて、ちょっとキモかったです。(笑)

たくさんののぼり旗があるだけのことはあって、泡盛の種類はお店の人も分からないくらいたくさんあります。メニューに載ってない泡盛もあるとのことなので、是非店員さんに声を掛けてみてくださいね。

すん

中国

突然中国のお店があります。あきらかに雰囲気が違うのですぐ分かります。

財運金運開運!宝くじを買う前にこちらのお店に立ち寄りたいです。店内には中国茶や乾物、大量の春雨なんかが置いてありました。中国の香辛料なども置いてありましたので、中華料理を作る方は、一度のぞいてみてはいかがでしょうか?

中国店

三線のかんざし

民謡歌手や三線を弾いている人が時々衣装で付けているのを見てかわいいなぁ~と思っていたのがこのかんざし。職人の手作りで仕上げている為、すべてが1点ものです。これ以上写真を撮らせてもらえなかったのですが、三線型のネクタイピンなんかもあってとってもおしゃれでした。

沖縄好きな方はぜひ日頃のファッションに取り入れてみてくださいね。

三線のかんざし

下着専門問屋

女性の下着が山積みで置かれています。3枚1000円。店番がおじさんっていうのもなんだか笑えます。

この近辺には他にも同じような下着専門問屋さんが数軒あり、昔ながらの市場問屋街の沖縄へ来た感じがします。

下着屋

シャッターには落書きだらけ

シャッター街になりつつあるこの通りですが、シャッターにはスプレーで落書きされています。

この落書きを見ていると、なぜかアメリカを連想させます。夜になるとシャッターが開いて、BARのようになるはずよ~と、道行くおばぁが言っていました。本当でしょうか?

シャッター

かわいいテーブルでゆんたく(井戸端会議)

以前は普通のテーブルに椅子が置いてありましたが、最近かわいらしくペイントされて通りを行く人の休憩スポットになっています。

沖縄は店先に長椅子が置いてあったり、道端に休憩できる場所があったり、こういうところが多いです。こちらでゆんたく(おしゃべり)をしてもいいですよーということです。沖縄の井戸端会議は誰とでもすぐに話してしまう、おもしろい文化です。沖縄の方と出逢い語り合うには、このような場所へ行ってみるといいと思います。

テーブル

輪屋

こちらのお店は、沖縄吉本芸人さんの行きつけのお店。運が良ければ、芸能人に出会えるかも?

出番前の芸人さんや、沖縄吉本新喜劇のステージを終えた芸人さん達が普通に軒先で飲んでいたりします。芸能人の多い沖縄と言われていますが、那覇空港よりもここで座っていた方が遭遇確立高めかも知れません。

輪

まとめ

以前、平和通りの記事を書きましたが、もっとディープなむつみ橋通りでした。

初めてだと、道が細くなっているし、シャッター閉まっているところも多いし、通るのに少し勇気がいるかも知れませんが、行ってみると楽しいところですよ。最近、沖縄はリトルアジアとか呼ばれて何がアジア?と思ってましたが、こういう雰囲気や異国のチャンプルー文化がそう感じさせているのかも知れません。