国際通りの真ん中あたりに3本続くアーケード街のうちでも人気の高い、平和通り商店街をご紹介します。

お土産物も、地元のおばぁ達の愛する洋服屋も、お惣菜屋さんも、飲み屋さんも、一緒になって建ち並ぶこの通りは、レトロな沖縄が香る商店街。

通りの名前は、入り口付近にあった映画館の名前から名付けられたそうですが、名前通りの空気感漂う素敵な通りです。

国際通りから壺屋入口、そして第一牧志公設市場周辺から浮島通りまでの全長416m。そぞろ歩きが楽しい商店街です。

スポンサーリンク

【どういうところ?】沖縄を代表するアーケード街

平和通り

国際通りにある旧三越、現在は生まれ変わってHAPINAHAの目の前から始まるアーケード街が、平和通り商店街です。入り口には大きく看板が出ているので、わかりやすいですね。

入り口付近の人通りは多めではありますが、それでも中に入って行くと、国際通りより落ち着いている感じがあります。

お土産屋さんもたくさんありますが、地元の人にもよく使われるお店も混在して、おばぁたちが座って並んで話していたりします。このレトロな雰囲気と地元感に、ファンも多い商店街です。

大きくカーブするこの通りは、知らぬ間に他の通りへ繋がっていたりします。枝分かれするように出現する道に、どんどん進んでいくと迷子になるのでご注意を。

【何ができる?】ゆるく・楽しく・お安く・ディープにお買い物

ディープな沖縄

平和通りでは、国際通りより落ち着いて買い物ができます。国際通りよりお安く買い物ができます。国際通りより地元的なお店の数々に、沖縄を感じることができます。

ピンクの服で民謡を流しながら練り歩く平和通りの婦人会の皆さんと一緒に踊れます。沖縄三味線が10分で習えます。琉球舞踊の衣装が(頑張れば)お安く買えます。昼飲みできるお店があります。人気のサーターアンダギーもあります。ほのかな塩味が美味しいソフトクリームもあります。有名な花笠食堂があります。

以上ダイジェストバージョンでお送りしましたが、ご紹介したいあれこれは、もっとたくさんあるんです。そんな平和通り商店街の面白さを、日本で一番!?愛情を注いで取材したwe love沖縄自慢の記事は文末にリンクします。お見逃しなく。

観光地情報

施設名

平和通り商店街

住所

〒900-0013 沖縄県那覇市牧志3丁目3−7

電話番号

098-863-1621(那覇市平和通り商店街振興組合)

営業時間

営業時間は各店舗による

定休日

定休日は各店舗による

入場料

なし

クーポン・割引

飲食店や体験工房などは、各店ごとにクーポンを発行しているところも。

沖縄のお店クーポン「むすびタウン沖縄」

国際通り+那覇本島南部ガイド

所要時間

ゆっくり歩きながら見て回ると1時間程度

お店に入ったり飲食を利用すると2時間程度

施設設備

飲食店、物販店、土産物、食品店など

平和通り商店街入り口近く、国際通り側にある「てんぶす那覇」1Fには那覇市観光案内所があり、500円の手荷物預かり所、観光案内情報ある

アクセス

【車】

那覇空港から車で約20分

※国際通りは、平日7:30~9:00は一方通行に。

また日曜12:00~18:00はトランジットモール(歩行者天国)のため通行不可。

【ゆいレール】

那覇空港 →(16分・300円) 「牧志」駅下車 徒歩7分

カーナビ設定

MAPCODE:33 157 236*11

駐車場

直近に駐車場はないため、周辺のコインパーキングを利用

地図

ストリートビューで見る

観光のポイント

この周辺のお店や第一牧志公設市場は、大体どこも試食のできる食品店ですが、中でも沖縄しょうゆで作ったかりんとうは前述の記事を書いたふーこさんイチオシ。あまり知られていない沖縄土産だそうです。

詳しくはまとめのところで…

お客様の声・口コミ

おばぁたちが座って話しているのを見ると落ち着く。実際、人通りも、国際通りより少な目で、ちょうどいい。

有名なお店に行きたいと思って、雪塩ソフトクリームと花笠食堂を目指したけど、他にもお店がいっぱいあってあれこれ欲しくなりました。

まとめ

お待たせしました、平和通り商店街LOVEな記事と言えばこれ!

→ ディープな沖縄ストリート、平和通り商店街を散策しよう!

ダイジェスト版で書ききれなかった平和通りのあれこれがわかります。

雨降り時に便利なアーケードですが、雨でも晴れても、思わず行きたくなるポイント満載です。泡盛飲んで、かりんとう食べて、ピンクのおばぁと踊る平和通り。国際通りまで来たら、ぜひ足をのばしてみてください。また、第一牧志公設市場に行く際はここを通るのがオススメです。