沖縄本島から車で行ける離島、古宇利島。TVや雑誌の沖縄特集でも取り上げられることが多い人気の島です。

透明度の高いサンゴ礁の中を抜けて渡る古宇利大橋や、CMで人気に火が付いたハート岩、透明度が高く、手ぶらで行っても楽しめる古宇利ビーチ、その海を一望できる古宇利オーシャンタワーなど、人気のスポットがたくさんあります。

そんな古宇利島の見どころ、ご紹介していきます。

まずは、空からご一緒に古宇利大橋(こうりおおはし)を渡りましょう。

スポンサーリンク

【どういうところ?】人気スポット満載の小さな島

ハートロック3

美ら海水族館から車で約30分。沖縄本島に隣接する屋我地島から、まっすぐに伸びる古宇利大橋を渡った先にあるのが古宇利島です。

車だと10分で1周してしまうぐらいの小さな島ですが、人気スポットがたくさんあります。

まずは透明度の高さで人気、橋のたもとにある古宇利ビーチ。恋の伝説と人類創生伝説が残るチグヌ浜。CMで一躍有名になったハートロックのあるティーヌ浜。海抜82mからの壮大な眺めを楽しめる展望台のある古宇利オーシャンタワー、などがあります。

【何ができる?】恋の伝説にあやかろう!

ハートロック1

ハートロックで人気の出た古宇利島ですが、もともと恋島(くいじま)と呼ばれ、アダムとイブのような神話の話が残る島でもあります。ここに来ると恋が叶うかも?ということで、ハート岩があるティーヌ浜や、神話発祥のチグヌ浜は、人気の撮影スポット&恋愛成就の聖地になっています。

ほかに透明度抜群の古宇利ビーチではマリンアクティビティも楽しめます。

島のランドマークとなっている古宇利オーシャンタワーでは貝殻ミュージアムやショップもあり、雨の日も楽しめます。

施設情報

施設名

古宇利島

住所

〒905-0406  沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利 古宇利島

電話番号

0980-56-2256(今帰仁村役場経済課商工観光係)

営業時間

通行・見学自由

定休日

なし

入場料

なし

クーポン・割引

なし

所要時間

3時間~

施設設備

古宇利オーシャンタワー、古宇利ビーチ、飲食店、島の駅、トケイ浜、ティーヌ浜、チグヌ浜、古宇利大橋

アクセス

※アクセスは車が便利です

【車】

那覇空港から車で約2時間

カーナビ設定

MAPCODE 485 692 051*25(古宇利ふれあい広場)

駐車場

古宇利大橋のたもとに、無料10台

古宇利ビーチ近く 「古宇利ふれあい広場食と館」に、無料80台

地図

ストリートビューで見る

観光のポイント

ハートロックはTVや雑誌でも大人気。GoogleMAPにも「ハートロック」という名称で載っているほど。

写真を撮る人で混みあっていますが、やはり一枚は記念に撮影したいですよね。そんな時、一味加えたベストショットを撮るなら、こちらの記事をどうぞ。
▶ 【沖縄・北部観光】古宇利島(こうりじま)で絶対行ってほしい5つのスポット

ちなみに、ハートロックに一番近い駐車場は有料(300円/1H)です。

お客様の声・口コミ

島の中ほどには、アマジャフバル展望台があります。無料で入れて、見晴らしがいいです。夜は島全体が暗いので、星のキレイさが抜群になります。

古宇利大橋からも見える古宇利ビーチは、散歩にぴったり。透明な海は、見ているだけで気持ちよくて、感動します。

ハートロックの写真は、干潮時と満潮時、午前か午後か(太陽の位置)で岩の印象が変わります。撮影のベストポジションを探すのも楽しかった。

まとめ

人気が高いだけあって、見るのも、行くのも、楽しくておすすめの古宇利島。美ら海水族館に行かれた際は是非立ち寄ってみてください。

そして、さらにお役立ちの古宇利島情報は、こちらからどうぞ。
▶ 古宇利島(こうりじま)で絶対行ってほしい5つのスポット(今帰仁村・なきじんそん)

ビーチ情報はこちらからどうぞ。
▶ 橋のたもとで人気・古宇利ビーチ(こうりビーチ)(今帰仁村・なきじんそん)