沖縄から持ち出し禁止の植物を10種類紹介します。また、その原因となる病害虫5つも合わせて紹介しますね。

A子
なぜ?沖縄から持ち出せない植物があるの?

うちなんちゅ
それは、それは、沖縄県には本土など国内の他の地域に発生していないアリモドキゾウムシイモゾウムシサツマイモノメイガミカンキジラミアフリカマイマイ等の農作物に大きな被害を与える病害虫が発生しているからなんだ! 

B子
どういうこと?

うちなんちゅ
これらの病害虫が発生していない地域にまん延させないために、これらの病害虫やその寄主植物などの移動を規制しているというわけなんだよ! 

C子
なるほど!じゃあ今日はそれを教えてくれるってわけなんだ。

うちなんちゅ
そう。まずはそのために持ち出せない植物をご紹介します。

本当に一般的な植物もあるから要注意!!最後までしっかり読んで覚えてね! 


A子
はい。

B子
はい。

C子
はい。

スポンサーリンク

生茎葉及び地下部

サツマイモ(紅いも等)

うちなんちゅ
まずは、サツマイモ(紅イモ等)の生塊根

サツマイモ(紅イモ等)の生塊根出典:植物防疫所

うちなんちゅ
そして、サツマイモ(紅イモ等)の生茎葉(カズラ)

サツマイモ(紅イモ等)の生茎葉(カズラ)出典:植物防疫所

A子
芋掘りして、そのまま持ち帰るとかダメなんだ!

うちなんちゅ
そう、注意しないといけないね。単なるサツマイモだ!なんて思っていると痛い目を見るぞ!気をつけなさいよ。 

A子
はい。

ヨウサイ(ウンチェーバー)

うちなんちゅ
ヨウサイは、ヒルガオ科サツマイモ属の野菜で、茎が空洞になっているので、中国語で空心菜通菜とも呼ばれていて、「空心菜」を日本音で読んでクウシンサイとも言われている。沖縄では「ウンチェー」「ウンチェーバー」と呼ばれているんだよ。 

ヨウサイ(ウンチェーバー)出典:植物防疫所

アサガオ

ノアサガオ(琉球アサガオ、宿根アサガオ、オーシャンブルー等を含む。)

ノアサガオ(琉球アサガオ、宿根アサガオ、オーシャンブルー等を含む。)出典:植物防疫所

B子
アサガオもダメなんだ!!ちょっと、びっくり!だって本土にもあるのに…

うちなんちゅ
そう、だから注意が必要なんだよ! 

グンバイヒルガオ

グンバイヒルガオ出典:植物防疫所

モミジバヒルガオ

モミジバヒルガオ出典:植物防疫所

うちなんちゅ
アサガオ、ヒルガオは気をつけないと!特に夏休みにおじぃおばぁの家に孫が来て育てたのを持って本土に持ち帰る!なんて場合もダメだから、うちなんちゅも要注意なんだ!

C子
本当に気をつけないと!

うちなんちゅ
ここまでが生茎葉及び地下部 で、この先は生植物だよ!

生植物

柑橘類(カンキツ類)

タンカン

フリー百科事典 ウィキぺディアによると…

タンカン(短桶、桶柑、学名:Citrus tankan)は、ミカン科の常緑樹。ポンカンとネーブルオレンジの自然交配種のタンゴール (tangor) の一種である

と解説されていますが、わかりやすくはポンカンのところでお伝えします。

ポンカン

「ポンカン」(椪柑、凸柑)はミカン科の柑橘類の種類です。そして、「ポンカン」と「ネーブルオレンジ」との自然交配種に「タンカン」があります。また、「デコポン」の親でもあるそうです。こんな感じですね。

ポンカン

わかりやすく言うと、タンカンとポンカンは親子ということのようですね。また、デコポンは熊本県果実農業協同組合連合会が所有する登録商標なのですが今回は詳しく解説していませんので、各業界の方、ご了承ください。

シークヮーサー(ヒラミレモン)

シークヮーサー、和名平実檸檬は、ミカン科の常緑低木、柑橘類です。

沖縄の方言、うちなーぐちで「シー」は「酸」または「酢」、「クヮーサー」は「食わせるもの」または「加える」を表しています。「シークヮーサー」という名称は「酸を食わせるもの」または「酢を加える」ということを表しています。

沖縄では代表的な柑橘類の植物です。

ミカン

ミカンはミカン科ミカン亜科(ミカン属、キンカン属、カラタチ属など)に属する植物の総称のことです。もちろん代表的な柑橘類の植物です。

私が子供のころは柑橘系の果実なんてミカンぐらいしかなかったんですけど…

レモン等

レモンは、ミカン科ミカン属の常緑低木、またはその果実のこと。柑橘類のひとつであり、なかでも主に酸味や香りを楽しむ、いわゆる香酸柑橘類に属します。

レモンの近縁種の一つ、シトロンの別名がクエンで、クエン酸の名前はこれに由来するそうです。

wikipediaより

カンキツ類(タンカン、ポンカン、シークヮーサー(ヒラミレモン)、ミカン、レモン等)の生植物(種子及び果実を除く。)※出典:植物防疫所

うちなんちゅ
カンキツ類タンカンポンカンシークヮーサーヒラミレモン)、ミカンレモン等)の生植物はダメ。但し、種子及び果実は除外されているよ。 

A子
ということは、生植物としてはダメだけど、種や果実は大丈夫なんだよね。

B子
そうじゃないと、シークヮーサーとか持ち帰れないもんね。

うちなんちゅ
種子及び果実は除外されているから苗木を持ち帰る!なんてことをしなければ大丈夫だよ。 

※ 生植物とは苗木、穂木、生茎葉をいい、種子、生果実、乾燥した植物を除きます。

ゲッキツ

月橘はミカン科ゲッキツ属の常緑小高木の柑橘類。観葉植物としてよく栽培されています。

ゲッキツ出典:植物防疫所

うちなんちゅ
ゲッキツは観葉植物として栽培されることが多いので注意が必要だね。持ち帰っちゃだめだよ! 

C子
はい。

オオバゲッキツ(カレーリーフ)

オオバゲッキツまたは、は、ミカン科。インド原産で別名、カレーの木と呼ばれていて、その葉はカレーリーフとして香辛料に用いられます。
オオバゲッキツ(カレーリーフ)の苗木

オオバゲッキツ(カレーリーフ)の苗木

オオバゲッキツ(カレーリーフ)の生茎葉

オオバゲッキツ(カレーリーフ)の生茎葉

A子
カレーリーフもダメなんですね?

うちなんちゅ
生植物とは苗木、穂木、生茎葉をいい、種子、生果実、乾燥した植物を除きます。 と、さっき言ったように乾燥している既に香辛料として扱われているものは問題ないから、とにかく生植物は注意が必要なんだ。

A子
わかりました。

サルカケミカン

ミカン科サルカケミカン属の常緑半蔓性の低木です。沖縄方言、うちなーぐちではサラカチャーと言われています。

サルカケミカン出典:浦添大公園友の会

ワンピ

ミカン科ワンピ属の常緑低木です。果実はブドウのような房についていて、卵形の実です。

ワンピ
うちなんちゅ
ここから先は今までに紹介してきた移動規制植物10種類の植物が移動規制されている原因になっている病害虫について解説します。

国内での移動規制の対象病害虫

A子
ギャーーーーーッ!!!

B子
無理無理無理無理!!!

C子
私もダメだ!

うちなんちゅ
じゃあ仕方がない!ここからは対象病害虫と先ほどの移動規制植物の紐付けだけにしよう。

A子
お、お願いします!

アリモドキゾウムシ

先ほどの、対象植物は、サツマイモ(紅いも等)、ヨウサイ(ウンチェーバー)、アサガオ、グンバイヒルガオ、モミジバヒルガオ等の生茎葉及び地下部です。

アリモドキゾウムシ出典:植物防疫所

イモゾウムシ

先ほどの、対象植物は、サツマイモ(紅いも等)、ヨウサイ(ウンチェーバー)、アサガオ、グンバイヒルガオ、モミジバヒルガオ等の生茎葉及び地下部です。

イモゾウムシ出典:植物防疫所

サツマイモノメイガ

先ほどの、対象植物は、サツマイモ(紅いも等)、ヨウサイ(ウンチェーバー)、アサガオ、グンバイヒルガオ、モミジバヒルガオ等の生茎葉及び地下部です。

サツマイモノメイガ出典:植物防疫所

カンキツグリーニング病菌

先ほどの、対象植物は、カンキツ類「タンカン、ポンカン、シークヮーサー、ミカン、レモン等」、ゲッキツ、オオバゲッキツ、サルカケミカン、ワンピ等の生植物(※種子及び果実を除く)です。

カンキツグリーニング病菌出典:植物防疫所

ミカンキジラミ

先ほどの、対象植物は、カンキツ類「タンカン、ポンカン、シークヮーサー、ミカン、レモン等」、ゲッキツ、オオバゲッキツ、サルカケミカン、ワンピ等の生植物(※種子及び果実を除く)です。

ミカンキジラミ出典:植物防疫所

アフリカマイマイ

見た目はカタツムリですけど、野菜類をはじめ多くの農作物を食害し、著しい被害を与える農業害虫です。

うちなんちゅ
くれぐれも子供さんが捕まえて持ち帰るなんてことがないようにしてください。

アフリカマイマイ出典:植物防疫所

まとめ

いかがでしたでしょうか?案外知られていないのかな?ということで取り上げて見ました。洋服などについているのはどのように規制しているのか?そんなことも気になりましたが、まずは知っておく。そんなことも重要なのかな?と。

また、規制されている植物の裏側には病害虫がいるんだな。なんてこともご理解いただけたと思います。是非、参考にしていただけたら幸いです。

参考サイト:植物防疫所