沖縄を代表する野菜、ゴーヤー5月8日はゴーヤーの日8月5日は裏ゴーヤーの日と言われ、沖縄のスーパーにはズラリとゴーヤーが並びます。

さて、せっかく食べるなら美味しくゴーヤーを食べたい、ということで、今回は、ゴーヤーの見分け方苦味のとり方簡単ゴーヤーレシピまで紹介します。

スポンサーリンク

ゴーヤーの日

ゴーヤー店頭
5月8日はゴーヤーの日
なんです。「5・8=ゴーヤー」として語呂がよいことから、1997年沖縄県とJA(全国農業協同組合連合会)沖縄経済連が、ゴーヤーを広く知ってもらい、もっと食べてもらおうという思いから、定めたそうです。

この頃からゴーヤーの生産量が増えるとも言われています。ゴーヤーは近年では年中食べられる野菜ではありますが、本来は4月から8月が旬の夏の野菜です。

沖縄とゴーヤー

農林水産省の統計をみると、収穫量は、沖縄県が最も多く、全国の収穫量およそ2万トンの3分の1弱の7000トンを占めています。

沖縄でゴーヤーチャンプルー頼むとほぼゴーヤーというのに感動してしまいます。実際に5月に沖縄のスーパーに行くと、このサイズで1本100円程度で買えてしまいます。夏はもっと安いかも。ゴーヤーの日は58円というのも記憶にあります。(笑)

ゴーヤー大きさ

ゴーヤーの栄養

果皮を中心に、ビタミンC、ビタミンB1,B2、葉酸、カリウム、カルシウム、鉄、食物繊維が豊富です。ゴーヤーのビタミンCは加熱に強く、トマトの5倍といわれています。

苦みの成分にもなっているチャランチンとモモデルシン、コロコリン酸を含み、血糖値を下げる作用があるといわれています。種子には共役リノレン酸が含まれ、脂肪の吸収や蓄積を抑制するといわれています。ゴーヤー茶は種子も含まれるということで、ブームにもなりました。そのほかにもたくさんの栄養を含んでいます。ビタミンCは、疲労回復に良いといわれていますので、夏バテ防止にゴーヤー食べなさいと沖縄の人はいいます。

裏ゴーヤーの日の8月5日まで、各地でゴーヤーキャンペーンが行われていたりします。ゴーヤーは栄養価の高い野菜なので、たくさん食べてくださいねーということなんですね。

見分け方

ゴーヤーいっぱい
ズラリとスーパーに並ぶゴーヤー、どう見分けるのか沖縄のスーパーにいくと、よくおばあが「ねーねー(お姉さん)こんなのが美味しいさあ~」と話しかけてきます。その時に、沖縄のおばあに聞いた ゴーヤーの見分け方です。(他にも見分け方はあるかとおもいますが・・)

おばあが言う、ジョートー(良い)ゴーヤーは、「新鮮なもの」ということです。「苦味がなくて何がゴーヤーよー」とうちなーんちゅは、苦いゴーヤーも美味しいといって食べます。苦味に慣れていない本土の人は、鮮度よく、苦味の少ないゴーヤーを選べるのがベストですね。

鮮度がいいゴーヤーは、重たい、果皮の緑色が薄い色より濃い色大きさが均等(細い、太いがなく均等である)、表面のイボに張りがあり細かく密になってつぶれていないイボが柔らかくなっていない切り口が茶色っぽくなっていない黒い斑点がない、です。

どうしても苦味がダメという方は、大きくて果皮の緑色が薄い(全体に白っぽい感じのもの)、イボの凹凸が大きいものを選んでみてください。凹凸が細かいものは苦みが強いそうです。

苦味2 ゴーヤー痛み

買ってきたら、新聞紙に包んで冷蔵庫に保存するといいです。

苦味のとり方

ゴーヤー半分
半分に切り、スプーンでタネとワタを根こそぎとります

ゴーヤースプーンで
ワタのところに苦味がありますので、苦味をとことん減らしたい時は、ほとんどワタのない状態(緑色が出てくる)までとり除きます

ワタとり ワタとり根こそぎ

塩をまぶして洗います。

ゴーヤー塩洗いゴーヤー緑の水
水が緑色に変わる、ほぼ透明な水になるくらいまで2,3度洗い流します。私は、一度塩をまぶしてさっと洗い流し、刻んだ後にもう一度塩をまぶして洗い流したりします

よく、苦味をとるために茹でたり、塩水につけるといいますが、塩水に漬けすぎるとしんなりしてしまいますし、もちろん熱に強いゴーヤーですが、茹でるのも、シャキシャキ感がなくなりますので、おすすめできません。

簡単ゴーヤーサラダ

材料は、ゴーヤー・塩・かつお節・マヨネーズ・めんつゆ、もしくはお好みのドレッシング

ゴーヤー薄く
ゴーヤーをできるだけ薄く刻みます。向こうが透けて見えるくらい。薄く刻めない方は、スライサーでもできます。(ちょっとコツがいります)

ゴーヤースライサー
先ほどお伝えしたように、刻んだ後にもう一度塩をまぶして洗い流します。そうするとまた、緑色の水になって、さらに苦味がとれます。

ぎゅーっと搾ってお皿に盛りつけます。かつお節をのせて、マヨネーズは写真のように、ラップで先端をくるみ、小さな穴を開けます 。そうするとオシャレにマヨネーズをかけることができます。

ゴーヤーマヨネーズ
めんつゆかお好みのドレッシングをかけて完成です。(生ハムもプラスしています。)

ゴーヤーサラダ

簡単ゴーヤーチャンプルー

ゴーヤーとコンビーフハッシュだけで作る簡単ゴーヤーチャンプルもおすすめです。

ゴーヤーコンビーフ

材料は、ゴーヤー1本・コンビーフハッシュ1袋・卵・塩コショウ

ゴーヤーを刻み、炒めます。コンビーフハッシュを入れ、炒めます。

ゴーヤーとコンビーフ
沖縄でおなじみのコンビーフハッシュ。一般的にコンビーフは肉のみですが、ハッシュは混ぜこぜという意味で、コンビーフハッシュには、コンビーフとポテトがブレンドされています。塩コショウで味を調えて(コンビーフハッシュ自体、けっこう塩気があるので、お好みで調整してください)最後に卵をかき混ぜながら入れて出来上がり。

ゴーヤーコンビーフ

まとめ

ゴーヤーの見分け方と苦味のとり方さえマスターしてしまえば、本当にシンプルにゴーヤーを味わえます。

ゴーヤーの苦味のとり方のポイントは、ワタのとり具合い塩での洗い方ですね。

茹でてはダメですよ~。シャキシャキゴーヤーの方がサラダも、チャンプルーも美味しいですので。ぜひゴーヤーの日から裏ゴーヤーの日まで、といわず旬の時期は、たくさんゴーヤー食べてくださいね。