沖縄では、桜の開花の知らせが1月初旬にやってきます

全国でも日本一早い桜の開花と紹介されることもあります。今回は、沖縄の桜の楽しみ方についてご紹介します。

まずは、映像でお楽しみください。

 

スポンサーリンク

なぜ日本一早い?

桜の種類が違うからです。

沖縄の桜は、ソメイヨシノではなく、「カンヒザクラ」という桜で、漢字で書くと寒緋桜と書きます。

バラ科サクラ属の植物、サクラの原種の1つで、旧暦の正月あたりに咲くことからガンジツザクラ(元日桜)と呼ばれることもあるそうです。また、ヒカンザクラと呼ばれることも。別名タイワンザクラ(台湾桜)、ヒザクラ(緋桜)とも言われます。

桜10

桜前線が南下する

本土の桜は、暖かい九州から咲き始めて、桜前線は北上していきます。

また、気温の高いふもとから頂上へと向かって開花していきます。沖縄の「カンヒザクラ」は北から南へ、山頂からふもとへと咲いていくのです。

カンヒザクラを本土でも植えたら、贅沢なお花見ができそうなんて想像しそうですが、本土の各地に植えられた「カンヒザクラ」は南下するということはないそうです。桜の開花には一定の寒さが必要といわれ、寒波を受けた後に開花の時期を迎えるので、北から吹いてくる冷たい風が影響て、北のほう、頂上から咲き始めるのではないかといわれています。

沖縄本島は、南部と比べ北部はやはり2度くらい気温が違うかなと感じるので、桜前線の南下を楽しめますが、石垣島などの離島は寒さも緩やかなので、開花の時期は、かなり遅そうですね。

桜5

桜の種類

ソメイヨシノと比較してみるとこんなに色が違います。ショッキングピンクなので、たとえば、背景が南国的な広葉樹であっても負けません、むしろ映えますね。カンヒザクラの花びらは散らずに1ヶ月ほど咲き誇った後、花ごと落ちます。

本土桜1 桜1

開花の時期

だいたい1月に入ると沖縄本島には、桜のたよりがやってきます。名護の開花の平年値は1月初旬だそうです。そこから開花が始まって徐々に八重山諸島まで南下していきます。

与那国島の開花の平年値は1月末です。沖縄本島は、1月20日前後から2月中旬ころにかけて、桜まつりが各地で開催されます。

桜6

花見の風習は?

沖縄には、「花見」の風習はありません。

桜の名所では、桜祭りが開催されていますが、会場に行ったとしても、皆、歩きながら鑑賞して終わります。

以前ちらりとムーチーの日に桜を眺めながらというご紹介もしましたが…

ムーチーの日も温かく、島ぞうり履いてたくらいですので、肌寒いね~と言いながら花見する本土の花見とはちょっと雰囲気が違いました。

沖縄の花見とは?

沖縄では、花見行こうというと、桜の咲いている道をドライブしたり、歩きながら楽しみます。

本土では、新年会、新人の場所取り、桜の下でお酒に酔いしれるなどというイメージがあるのですが、お酒、宴会大好きなうちなーんちゅは、花見をしません。

花見をしない理由として、寒さが苦手なうちなーんちゅは、この時期、外に長くいるのが嫌と皆いいます。本土に比べたら寒くないぞーといいたいですが・・・。

カンヒザクラを上手に撮影する方法

カンヒザクラは、遠目から撮影しても、鮮やかなピンク色なので、青空にも映えます。アップで撮影したいときの注意は、桜の花びらが下を向いているので下から見上げて撮ったほうがきれいに撮影できます。

ソメイヨシノは、上からでも、横からでもきれいに撮影できますものね。それと、カンヒザクラは以外に風にヒラヒラ揺れないので、ピントも合いやすくて、撮影しやすいと思います。動画撮影だと逆に物足りない感じです・・・

桜9

桜イベント

もともと名護に住んでいた私の北部桜情報です。

今帰仁グスク桜まつりは、今帰仁城で桜が咲いています。桜と城跡はまさにこの時期しか撮影できません。期間中はライトアップもされています。私が行ったときは、琉装させてもらえました。

本部八重岳桜まつりは、道の両側に桜が咲いていますので、まさに、沖縄風お花見を体感できます。車で頂上目指しながら、写真を撮影する感じです。頂上では、屋台がありますが、ビニールシートを敷いて宴会している人は全くいません。

名護さくらまつりは、名護の商店街の人が中心となり、歩行者天国がやっていたり、ダンスパフォーマンス、カラオケ大会などが開催されています。ステージイベントでは、三線の演奏、踊りなども披露されます。

名護中央公園のあたりは、約20000本の桜が咲き誇っています。周辺には屋台が立ち並び賑わっていますが、なぜか外国人さんが多い印象があります。

2018年各地のスケジュール

【今帰仁グスク桜まつり】
2018年1月27日(土)~2月12日(月) 8:00〜21:00 :今帰仁城跡

【本部八重岳桜まつり】
2018年1月20日(土)~1月21日(日)※花見期間:2018年1月20日(土)~2月4日(日)まで:八重岳桜の森公園

【名護さくら祭り】
2018年1月27日(土)~1月28日(日):名護中央公園、お祭り広場特設ステージ(さくら公園)、名護十字路大通り、名護漁港構内

【やえせ桜まつり】
2018年2月4日(日) 13:00~21:00・ライトアップ期間:2018年1月26日(金)~2月12日(月・振休) 18:00~21:00/ライトアップ期間 2017年1月22日(金)~2月7日(日)(予定):八重瀬公園

【なはさくらまつり】
2018年2月21日(水)~2月25日(日):与儀公園

こちらにも桜の情報を載せています。
▶ 冬は春を感じに沖縄へ行こう

まとめ

桜の印象がこれだけ、本土と沖縄で違うというのは、はじめ私も驚きました。うちなーんちゅは花見をしないですが、ヒラヒラ舞い落ちる桜に憧れているそうです。

沖縄の友人にソメイヨシノの写真を見せるとすごく喜んでもらえました。私も、沖縄の桜を初めて見たときは、ピンク色の梅??と思いました。(笑)ですが、青い空にも映える沖縄の桜は、ぜひ機会があれば見ていただきたいです。