沖縄の伝統芸能と知られるエイサー。

お盆の時期に踊りご先祖さまを送迎するためだと言われています。

フリー百科事典wikipediaによると…

エイサーは旧暦の盆の送り(ウークイ)の夜に行なわれる。近年は盆の迎え(ウンケー)から数夜連続で行なわれることが多い。

旗頭を先頭とした一団は、地域の各戸を回り、それぞれの家の祖先の霊が無事に後生(グソー、「あの世」の意)に戻れることを祈願することを述べ、エイサーを踊る。踊りが一段落すると一団は酒や金を受け取って次の家へ向かい、祈願と踊りを繰り返す。このようにして家々を回り歩くことを道ジュネーと呼ぶ。 エイサーは町内会単位で結成されることが多いが、その境界では複数のエイサーがかち合うことがある。

この時には双方が一層声を高くし、踊りに熱を入れる。これをエイサーオーラセーまたはエイサーガーエーと呼ぶ。

出典:wikipediaより

エイサー出典:we-love沖縄 平敷屋エイサー

エイサーナイトは沖縄市が「エイサーのまち宣言」を行った記念日である6月13日を皮切りに、「全島エイサーまつり」が行われる旧盆まで、市内各地で毎週末エイサーを楽しめるイベントです。

エイサーは本来なら旧盆の時期にしか楽しむことができないですが、本祭の「全島エイサー」まで町全体のムードを盛り上げています。戦後復興のシンボルとしてはじまったエイサーコーンクールが今では沖縄最大規模のエイサー祭りにまでなっています。

「全島エイサー祭り」は8月26日・27日・28日に開催予定。

スポンサーリンク

エイサーナイト2016スケジュール

エイサーナイト2016
今年は6月12日からスタート
沖縄市各地の広場にて開催!
出演団体
中の町青年会
南桃原青年会
久保田青年会
東青年会
安慶田青年会
開催期間
6月12(日)~7月30日(土)
観覧
無料

6月12日(日)19時~

コザミュージックタウン音楽広場

6月18日(土)19時半~

場所:沖縄市役所前線広場
出演団体:照屋青年会
胡屋青年会
南桃原子ども会
名桜大学 名桜エイサー

6月19日(日)19時~

場所:沖縄市コザ運動公園野外ステージ(闘牛場)
出演団体:南桃原青年会
越来青年会
名護市伊差川青年会
宜野湾普天間一区青年会
松本青年会

6月25日(土)19時半~21時

場所:コザミュージックタウン音楽広場
出演団体:久保田青年会
比屋根子ども会
北中城村熱田青年会
名護市城青年会

6月26日(日)19時~

場所:沖縄農民研修センター
出演団体:池原青年会
松本青年会
知花青年会
喜間良青年会
東青年会

7月2日(土)19時半~

場所:パヤオ交流広場(泡瀬)
出演団体:泡瀬第三青年会
北中城村安谷屋青年会
安谷屋青年会
海邦町子ども育成会
東青年会

7月3日(日)19時~21時

場所:コザミュージックタウン音楽広場(1階音楽広場)
出演団体:越来青年会
室川青年会
南桃原青年会
諸見里青年会
照屋青年会

7月16日(土)19時半~21時

場所コザミュージックタウン音楽広場(1階音楽広場)
出演団体:胡屋青年会
園田青年会
安慶田青年会
読谷村渡慶次青年会

7月23日(日)19時半~

場所:東南植物楽園(料金発生の可能性あり)
出演団体:池原青年会
知花青年会
うるま市昆布青年会
園田子ども会

7月30日(土)19時半~21時

場所:コザミュージックタウン音楽広場(1階音楽広場)
出演団体:山里青年会
松本青年会
照屋青年会
中の町青年会

駐車場について

★無料 沖縄市中央公共駐車場 10:00~22:00
コザミュージックタウン音楽広場 徒歩約11分
沖縄市コザ運動公園野外ステージ 徒歩約21分

★有料 コザミュージックタウン駐車場 24時間 年中無休
100円/時間

一番街パーキング 8:00~22:00
立体駐車場  トイレ完備
200円/時間 以後1時間毎に100円追加
一日券 500円
(割引)胡屋地区商店街で一定金額の買い物で1時間無料
コザミュージックタウン 徒歩約4分

センター駐車場 8:00~22:00
250円/時間  以後1時間毎に100円追加
(割引)胡屋地区商店街で一定金額の買い物で1時間無料
コザミュージックタウン 徒歩約9分

ゴヤ有料駐車場  8:00~3:00
(割引)胡屋地区商店街で一定金額の買い物で1時間無料

中駐車場  8:00~24:00
(割引)胡屋地区商店街で一定金額の買い物で1時間無料

※かなり混雑することが予想されますので、できるだけ乗合いで来るとかが良いかと思います。

まとめ

毎週末行われるエイサー祭り。この時期でしかみられない地元の青年会による迫力あるエイサー。旅行者の多い観光シーズンでもあるこの時期、エイサー観覧でぜひ沖縄伝統・沖縄を感じられるのではないでしょうか。是非、エイサーをご覧くださいね。

もちろん、全島エイサーや道ジュネ―もご覧いただける方は是非、ご覧ください。