毎月の様に沖縄に通いはじめて1年が経とうとしています。

私はかつて、本州最南端でダイビングのメッカと言われた和歌山県串本の海でインストラクターとダイビングガイドをしていました。

当時、国内外の海にも潜りに行きましたが、串本の海が一番素晴らしいと思っていました。ですが、最南端と言ってもやはり串本は本州。冬になると水温が下がり、ダイバーはドライスーツを着用、越冬できず姿を消してしまう魚も多数いるのです。

それが沖縄で潜ってみると、年中カラフルな魚が泳ぎ、種類もさることながら個体数の圧倒的な多さに驚きます。そこで、私が魅了された沖縄の海を、映像とともにご紹介します。

ウミガメ横
1 2