1. TOP
  2. 中学生でもわかる!今さら聞けない「普天間基地・辺野古移設問題」とは?

中学生でもわかる!今さら聞けない「普天間基地・辺野古移設問題」とは?

LINEで送る
Pocket

「辺野古の問題」って、そもそも何なの?

辺野古に米軍基地の移設をする。そんなことが問題になっています。といっても既に辺野古にはキャンプシュワブという基地があったりしますが・・・これについては、また後ほどお伝えします。

辺野古の海洋資源の問題なのか?

2015年1月16日、辺野古から8km沖合で国の天然記念物ジュゴンが撮影されました。そんなことがあり、基地の移設に反対している人が多いから辺野古の問題が大きく取り上げられているのか?

実際にはしっかりと調査して欲しいし、大切な問題だと思いますが、こちらの話題も後ほどお伝えするとします。

前置きはこの辺りにして…

ジュゴン出典:www.okinawatimes.co.jp

本題の「辺野古の問題」って、そもそも何なの?についてお伝えします。

沖縄県宜野湾市にあるアメリカ海兵隊の基地・普天間飛行場、通称「普天間基地」の移転先候補として、辺野古があげられたことで辺野古、辺野古と言われるようになりました。

しかし、実はこの普天間基地移転の問題がとてもややこしくて、あまりその全貌が理解できない方が多いと思います。なので、今回はその問題を詳しくお伝えします。

普天間基地移設問題(ふてんまきちいせつもんだい)は、沖縄県宜野湾市に設置されているアメリカ海兵隊普天間飛行場の機能を果たす基地・施設を何処にどのような条件で設けるかという問題である。

ウィキペディアより引用

まずは、なぜ移転する必要があるのか?なぜ移転するということになったのか?について。

普天間基地問題のはじまり

普天間飛行場をめぐる基地問題のはじまりは、1995年9月に発生した「米兵少女暴行事件」が起こったことにはじまります。

その前にちょっと、歴史的なことをお伝えします。

 歴史的視点 

第二次世界大戦後の世界を二分したアメリカを盟主とする資本主義・自由主義陣営と、ソ連を盟主とする共産主義・社会主義陣営との対立構造だった「冷戦」が1989年に終了すると、、世界的に流行した言葉は「平和の配当」でした。

それは、それまでに「冷戦」のために費やされてきた資源や労力などを軽減して、別の目的の資源や労力として使うという「配当」が期待されました。日本でも、当時の大田昌秀沖縄県知事が「平和の配当を受けるべき、軍用地利用の署名をしない」と発言したものそのことからのようです。

しかし、その反面この流れに危機感を抱いたのが、日本政府を含むアメリカの一部同盟国でした。ソ連が崩壊し、ヨーロッパでは完全に冷戦は終わったかもしれない…しかし、アジア太平洋には不安定要因も残ると見えていたようです。そして、そんな中、「平和の配当」の掛け声のもと、アメリカ軍が一方的に削減され、撤退するのではないか?それが、アメリカ同盟国諸国の外交・防衛当局者の懸念だったようです。

すると、1995年に、同盟国の不安を払拭する意味もあって、米国防次官補であったジョセフ・ナイの名を冠した「ナイ・レポート」(東アジア太平洋安全保障戦略)と言われる政策文書が提出され、その中に「在日米軍10万人体制は維持する」ということが明記されていたようです。

そして、そのことに最も反応したのが、「平和の配当を受けるべき、軍用地利用の署名をしない」と発言したとされる、当時の沖縄県知事、大田昌秀知事でした。

そして、この問題には、国と沖縄県そして、アメリカが絡んでいます。そのことも少し解説していきます。

 国・県・アメリカ 
大田昌秀知事
「平和の配当を受けるべき、軍用地利用の署名をしない」 
大田昌秀
村山富市首相
「・・・」 
村山富市

 

 

当時の大田昌秀沖縄県知事は「平和の配当を受けるべき、軍用地利用の署名をしない」という発言をしています。それに対し、村山富市内閣総理大臣は「・・・」

 豆知識 
村山富市氏が総理大臣時代:1995年1月阪神淡路大震災が発生、同年3月、地下鉄サリン事件、同6月全日空857便ハイジャック事件が発生しています。

だから何?というお話ですが、興味深かったので掲載しました。

 国・県・アメリカ 

橋本龍太郎首相
「普天間基地は返還、移転先は名護の海上という案で合意で良いですね!」 
橋本龍太郎
ビル・クリントンアメリカ大統領
「OK!」 
ビル・クリントン

 

 

1996年に行われた首相交代・日米首脳会談で、橋本龍太郎総理大臣は「普天間基地は返還。移転先は名護の海上という案で合意で良いですね!」と話し、アメリカ合衆国大統領、ビル・クリントン氏も合意していました。

先ほどお伝えした、「米兵少女暴行事件」で基地移転問題が高まり、日米両政府は「沖縄に関する特別行動委員会(通称、SACO)」を設置し、在沖米軍基地の整備や縮小、統合を検討。

さらに翌年、当時の総理大臣(政権交代後)、橋本龍太郎氏とビル・クリントン大統領の間で、1996年当時に代替施設が5~7年以内に完成して運用可能になれば、普天間飛行場が全面返還されることで合意したことから、現在まで続いている。ということになります。

そして、当時の沖縄県、稲嶺知事は、「飛行場の軍民共用」「15年の使用期限」を条件に移設候補地として名護市辺野古沿岸域を表明しました。

すると、当時の名護市長の岸本市長もそれについて同意し、代替施設は、沖縄本島の東海岸沖辺野古沿岸域に建設されることが決定しました。

つまり、この段階で、「どこに移転するか?」という点では、「辺野古沿岸域」ということで一度は決着がついていました。

 国・県・アメリカ 
稲嶺恵一沖縄県知事
「辺野古沿岸の地上に15年間限定で軍民共用飛行場を作るぞ!」 
稲嶺恵一
岸本建男名護市長
「地域振興策とセットなら受け入れOK!」 
岸本建男

アメリカ
「15 年限定とかでは話にならん!」 

沖縄県知事に当選した稲嶺恵一氏は、地元の合意を得るために、15年間に限るとし、”岸本建男名護市長も条件付きで受け入れを表明しました。しかし、アメリカ側はこの案には合意しませんでした。そして、結局は、日米両政府は地元沖縄県の意向は無視する形で合意案を作ります。

これが現在も進められている辺野古沿岸にV字滑走路を建設するプランです。実際にはこれも予定では2014年に完成しているハズでしたが…。

LINE@はじめました! サイトに書けないコアな情報を配信しま~す。また、お得なクーポンなども準備中です。是非、お友達に追加してくださいね。 パソコンの方は下記のQRコードから
スマートフォンの方はコチラをクリック
友だち追加

\ SNSでシェアしよう! /

沖縄県の情報サイトWe-Love沖縄の注目記事を受け取ろう

普天間基地

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

沖縄県の情報サイトWe-Love沖縄の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

せっきぃ

せっきぃ

ダイビングをするために若いころは良く沖縄に通い、最近では離島にふら~~とゆっくりするために行ったり、沖縄本島にふら~~と行ったり根っからの沖縄好き。

ナイチャーの視点で沖縄の良い所を取り上げたいと思います。特にグルメリポートやレシピ、遊び全般・・・そんな感じで。

そして、2019年に移住してしまいましたので、移住についても書いていきますね。ゆたしく、うにげーさびらー。

趣味はダイビング・シュノーケリング
好きな食べ物は、焼肉・鮨

この人が書いた記事  記事一覧

  • スカイマーク深夜便を活用すると東京から沖縄へ日帰り弾丸ツアーも可能

  • 空港から一番近い海ぶどう農園で海ぶどう摘み取り体験&海ぶどうアイス試食【動画あり】

  • 【那覇市・居酒屋】気さくなオーナーの居る居酒屋「はな」をおすすめする8つのポイント

  • 2017年AKB48・49thシングル 選抜総選挙・沖縄豊崎海浜公園美らSUNビーチ(豊見城市・とみぐすくし)中止!