斎場御嶽にほど近い場所にあるひっそりと久高島を拝む聖域・知念城跡。こじんまりとした城跡です。

場所的に分かりづらい所にあり、観光地としては人の少ないポイントではありますが、久高島遙拝所(くだかじまようはいじょ)を持つ、由緒ある聖域です。

chinengusukuiriguchi

沖縄方言では、城や遺跡のことをグスクと呼びますが、古城(コーグスク)と新城(ミーグスク)からなる知念城は、新城部分が公開されています。

明治時代までは番所や学校としても使われていた、知念城跡をご紹介します。

スポンサーリンク

【どういうところ?】巡礼・東御廻り(あがりうまーい)に入る聖地

小規模ですが、沖縄のグスク特有のきれいなアーチ型の石門が残る知念城跡。修復された石門や遺跡を見ることができます。

chinenchinengusuku-a-chi

久高島、斎場御嶽には、琉球開闢の祖アマミキヨが降り立ったという神話が残っていますが、アマミキヨが住んだと伝えられる土地を国王たちが巡礼することからはじまった「東御廻り(あがりうまーい)」の参詣地の中に、この知念城跡が入っています。ここは今でも聖地として信仰されている場所なのです。

【何ができる?】城跡内から海を眺める

chinenguzuku-umi

首里城もそうですが、この知念城跡も町を望む小高い丘の上にあり、美しい沖縄の海を眺めることができます。城跡内には、斎場御嶽と同じく、神の島を望むための久高島遙拝所(くだかじまようはいじょ)があります。

ここは沖縄の有名観光ポイントというわけではありませんが、グスク好き、歴史好きのツウの方には、じっくりと歴史を感じることのできるおすすめのポイントです。

観光地情報

施設名

知念城跡

住所

〒901-1501 沖縄県南城市知念字知念上知念田原

電話番号

098-946-8817(南城市観光商工課)

営業時間

なし

定休日

なし

入場料

なし

クーポン・割引

なし

所要時間

ゆっくり楽しんで1時間程度

施設設備

案内板

アクセス

【車】

那覇空港から車で約50分

南風邪原南ICから約35分

【路線バス】

38番志喜屋線→「久美山バス停」下車 徒歩20分

カーナビ設定

カーナビ設定では出てこない機種があるようなので、GoogleMapの使用が便利です。

駐車場

無料駐車場あり

地図

ストリートビューで見る

観光のポイント

聖地14ヵ所を巡礼する東御廻り(あがりうまーい)は、国王から、その後一般の人の巡礼としても広がったそうです。近くに斎場御嶽がありますが、城内にも友利御嶽があり、神聖な趣が残っています。

※ 聖地14ヵ所とは、以下の14ヶ所です。

  1. 園比屋武御嶽(ソノヒャンウタキ)
  2. 御殿山(ウドゥンヤマ)
  3. 親川(ウェガー)
  4. 場天御嶽(バティンウタキ)
  5. 佐敷上グスク(サシキウィー)
  6. テダ御川(ウッカー)
  7. 斎場御嶽(セーファウタキ)
  8. 知念グスク(チニンムイ)
  9. 知念大川(チニンウッカー)
  10. 受水・走水(ウキンジュ・ハインジュ)
  11. ヤハラヅカサ
  12. 浜川御嶽(ハマガワウタキ)
  13. ミントングスク
  14. 玉城グスク(タマグスク)

お客様の声・口コミ

途中の案内が少ないので来るときに気を付けないと見落とします。駐車場からも分かりづらいかもしれないし、思ったより歩きますので夏はオススメしません。

整備途中な場所もけっこうありました。草などがあって滑りますのでサンダル履きはやめた方がいいです。

城壁の石積みが隙間なく組んであることに感動しました。凄い技術ですね。

まとめ

観光ポイントとしては少々マニアックな場所かもしれませんが、昔から祈りが行なわれてきた久高島遙拝所を持つ聖地。静かに、ニライカナイを思って海を見るには、絶好のポイントです。

また、城(グズク)好きには外せないポイントです。