イベント情報

沖縄県で行われるイベントの情報を紹介しています。

クリスマスガーデンinパルコシティ

イベント情報

2020/12/19

パルコシティで開催、ワークショップも楽しめる「クリスマスガーデン」

こちらの記事では、2020年12月10日(木)~20日(日)開催の沖縄のクリエイティブなフラワーショップ・焼菓子ショップがサンエー浦添西海岸パルコシティに集うイベント『Christmas Garden(クリスマスガーデン)』についてご紹介します。 初日にお伺いしてきましたので、Webサイトの情報だけではわからない実際の雰囲気などもお伝えできると思います。 パルコシティ初出店となるショップも多数、ショッピングだけでなくワークショップで「視・触・香・味」を体感、体験できるイベント。ぜひこちらで内容をチェックし ...

首里城

祭り・その他イベント

2020/12/4

火災から1年、復興を願う方々の思いに感謝し応える2020年首里城祭

2019年10月31日未明の火災から1年、復興の槌音(つちおと)響く正殿周辺も舞台に開催された首里城祭。地元沖縄をはじめ世界中から届けられた支援と思いを支えに、首里城は再建へと確実に踏み出し始めています。新型コロナウイルス感染症拡大予防のため、国際通りでの琉球王朝絵巻行列の開催は見送られましたが、首里城周辺には多くの方々が訪れ、久々に華やいだ雰囲気に包まれていました。 現在の首里城の姿とともに、例年と少しだけ違う2020年の首里城祭の様子をお届けしたいと思います。 どんなお祭り? いつもは? 首里城祭は、 ...

2020年産業まつり

祭り・その他イベント

2020/11/12

第44回「沖縄の産業まつり」はポータルサイト・オンライン開催

沖縄県内の全産業が一堂に会する総合産業展、沖縄の産業まつり。第44回を数える今年は、新型コロナウイルス感染症予防の観点から、オンラインでの展示・販売をメインに、地域分散で行うことが決定されました。いつもと違い、インターネット環境さえあれば参加できる産業まつり。県内各地で開催されるリアルイベントの情報も盛り込みながら、参加方法や楽しみ方をお伝えしたいと思います。 沖縄の産業まつりとは 例年10月第4週の金土日の3日間開催。那覇市の奥武山公園(おうのやまこうえん)・沖縄県立武道館という広大な会場を舞台に、県内 ...

読谷まつり2020

祭り・その他イベント

2020/10/14

村内すべてがまつり会場!日本一の村読谷村から読谷まつりを配信

日本一人口の多い村読谷村。毎年約8万人もの人が訪れるイベントが行われています。それが今年で46回目を迎える読谷まつりです。コロナ禍という厳しい状況でも、知恵を絞って読谷村を盛り上げたいという思いから読谷村の方々が総力をあげ、今年もオンラインという形でまつりの歴史が繋がれていきます。 オンラインでどのように楽しむことができるのか。「第46回読谷まつり」について詳しくご紹介したいと思います。

組踊

歴史・文化

2020/12/18

沖縄の伝統芸能・組踊~組踊の楽しみ方とおすすめの演目編~

前回の記事では、沖縄の伝統芸能・組踊(くみおどり・くみうどぅい)の誕生から現在に至るまでの歴史についてお伝えしました。 沖縄の伝統芸能・組踊~組踊の歴史編~ 今回の記事では、実際に組踊をご覧になる際に役立つ、 組踊初心者向けに国立劇場おきなわが取り入れているプログラム「普及公演」の解説パートの内容 鑑賞におすすめの演目とあらすじ、見どころ 組踊の定期的な公演が行われている施設の紹介 組踊に関する用語 をまとめています。目を通していただくことで、演目の見どころやあらすじからご自身が興味のあるものを選ぶことが ...

記念碑

歴史・文化

2020/10/8

沖縄の伝統芸能・組踊~組踊の歴史編~

この記事では、沖縄の伝統芸能・組踊(くみおどり・くみうどぅい)の歴史についてお伝えします。 ココがポイント 初演から300年の歴史を持ち、国の重要無形文化財、ユネスコの「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」にも登録されている組踊。浦添市にある国立劇場おきなわでは日本語字幕付の定期公演や初心者のための解説付プログラムも上演され、日本の伝統芸能としては破格の2000~3000円ほどで鑑賞することができます。 創始者である玉城朝薫(たまぐすくちょうくん)の作品がとても有名ですが、それ以降も、多くの作品が生み出さ ...

石垣島まつりアイキャッチ

祭り・その他イベント

2020/10/15

「第56回石垣島まつり」は30周年BEGINと共催でオンライン配信

石垣島で毎年11月に開催される「石垣島まつり」。多くの市民と観光客が訪れ、例年はにぎわいを見せるお祭りですが、今年は新型コロナウィルス感染症の影響で、「ウィズコロナ」を前提に、無観客のオンライン配信という新しい形で開催されることが決まりました。 ココがポイント 「石垣島まつり」としては初のアーティストとの共催となり、今年デビュー30年を迎えたBEGINと石垣市での共同開催が決まりました。 オンライン配信は全世界・全国各地どこからでも石垣島まつりを楽しむことができるので、どんな盛り上がりを見せるのかとても楽 ...

歴史・文化

2020/1/9

東北と沖縄の伝統芸能の共演「北の魂、南の魂・神楽と組踊」

2019年に初演300周年を迎えた沖縄の誇る舞台芸術・組踊(くみおどり)。 国立劇場おきなわを中心に、様々な会場で公演が行われていますが、あなたは実際にご覧になったことがあるでしょうか? 沖縄出身の方からも、「あまり縁がない」「子どもの頃見て、言葉がわからず寝てしまった」といった声も聞かれます。長く沖縄に住んでいたにもかかわらず、私も恥ずかしながら組踊をしっかりと鑑賞したことがありませんでした。 これからご紹介する「北の魂、南の魂―神楽と組踊―」という舞台が、組踊との初めての出会い。そこには、これまで一度 ...

2019首里城祭琉球王朝絵巻

祭り・その他イベント

2019/12/31

2019年首里城祭・琉球王朝絵巻行列

2019年10月31日2時34分。 首里城正殿北東側から上がった炎は、正殿を焼き尽くし、周辺にある北殿、南殿、書院・鎖之間(さすのま)、黄金御殿(くがにうどぅん)、二階殿、奉神門にも延焼。30年の歳月をかけて再建された建物と収蔵されていた貴重な文化財の一部を飲み込みながら、同日13時半に鎮火されるまで11時間にわたって燃え続けました。 未明の空を赤々と染める業火に沈んでいった首里城の姿。日が経つにつれ明らかになっていく無残な姿と計り知れない被害、再建への険しい道のり。 それらは沖縄に住む人々、沖縄にルーツ ...

2019空手の日記念演武祭_1_約2100人参加

歴史・文化

2019/12/29

2019年空手の日・記念演武祭

194か国1億3000万人の愛好家がいるとされる空手。その発祥の地・沖縄では、「空手」という表記が公式に定められた10月25日を、奥深い意義と魅力を持つ空手の発展と世界の平和と人々の幸福に貢献するという願いを込め「空手の日」が制定されました。 この日には世界へ沖縄発祥の空手の魅力を発信するため、例年イベントが開催されています。 2019年空手の日・奉納演武 [blogcard url="https://we-love.okinawa/hounouenbu-karatenohi/"] 今年は上記の記事でお伝 ...

2019空手の日奉納演武集合写真

歴史・文化

2019/12/20

2019年空手の日・奉納演武

開催まで1年を切った2020年東京オリンピック。その正式種目となった沖縄発祥の空手は、沖縄出身の喜友名諒選手(劉衛流)をはじめとする日本人選手の活躍が期待されています。 沖縄県は2018年3月に「沖縄空手振興ビジョン」を策定して保存・継承・発展に力を注いでおり、今後も様々な取り組みが進められていくようです。 2005年に「空手の日」と定められた10月25日と直後の日曜日、沖縄では、世界へ沖縄発祥の空手の魅力を発信するためのイベントの開催が恒例となっています。今年も10月25日に沖縄空手会館での奉納演武、1 ...

国頭村_山と海

祭り・その他イベント

2019/12/4

HONEN Fes(ほうねんふぇす)!!! 2019 -kunigami-

沖縄県の最北端にある国頭村。 その84%は2016年環境省により「やんばる国立公園」に指定され、現在はユネスコ世界自然遺産への登録を目指しているやんばるの森で覆われています。ヤンバルクイナ、ノグチゲラ、ヤンバルテナガコガネなど国指定の天然記念物も暮らし、集落には古くからの伝統行事が脈々と受け継がれていることでも有名です。 那覇市内からは高速道路を使っても約2時間30分の長旅が必要ですが、それに見合うだけの貴重な体験ができる、自然と伝統が守られている場所。そんな国頭村に、昨年から新しいイベントがお目見えした ...

平敷屋青年エイサー_沖縄

エイサー

2019/12/3

2019年平敷屋青年エイサーの夕べ

平敷屋エイサー。その名前は、沖縄のエイサーを語るうえで欠かせないもののひとつです。 平敷屋エイサーを育み、伝えるのは、沖縄の言葉で「さんごの島」の意味を持つうるま市。2005年、具志川市(ぐしかわし)・石川市(いしかわし)・勝連町(かつれんちょう)・与那城町(よなしろちょう)が合併して生まれました。世界遺産の勝連城跡や大人気のドライブコース・海中道路で渡れる伊計島をはじめとした美しいビーチの離島などはもちろん、闘牛や獅子舞といった伝統文化が色濃く残る地域としても有名です。 中でもエイサーは2019年現在2 ...

祭り・その他イベント

2019/8/9

渋滞回避に役立つ情報満載!2019年海洋博公園サマーフェスティバル(第41回海洋博公園花火大会)

沖縄の花火大会の中でも、ダントツの人気と知名度を誇る海洋博公園花火大会。美ら海水族館のある海洋博記念公園で、沖縄県内最大級の規模となる1万発の花火を無料で見られることもあり、例年多くの方が足を運んでいます。 ぴょこんと突き出た城山(ぐすくやま/タッチュー)でおなじみの伊江島を望む真っ青な海の絶景、沖縄随一の観光名所・美ら海水族館や「オキちゃん劇場」でのイルカショーなど もあわせて楽しめるのも、人気の理由です。 ただし・・・地元でも人気であるがゆえ、大渋滞という問題もついて回るのがこちらのイベント。花火の模 ...

与那原大綱引きまつり

大綱引き

2019/8/8

2019年第37回与那原大綱曳まつり(よなばるおおつなひきまつり)

沖縄本島南部に位置する与那原町。人口は約2万人、沖縄本島内で最も面積が小さい自治体でもあるこの町に、東海岸の大動脈・国道329号線を通行止めにして行われる一大イベント「与那原大綱曳まつり」があることをご存知でしょうか? 「与那原大綱曳まつり」は、那覇大綱挽、糸満大綱引きとともに「沖縄三大大綱引き」のひとつに数えられる勇壮なイベントです。打ち鳴らされる太鼓や鉦(かね)、高々と掲げられる旗頭に続いて姿を現す大綱は、東西合わせて重さ約5トン、長さ約90m。与那原町全13区の住民の手で一から編まれ、作り上げられて ...

エイサー

2019/7/30

2019年屋慶名(やけな)ハーリー

沖縄では古くから「ハーリー鉦が鳴ると梅雨が明ける」と言われる初夏の風物詩、ハーリー。 毎年ゴールデンウィークに開催され20万人が訪れる那覇ハーリーや、海人(ウミンチュ/漁師)の町として知られる糸満市の糸満ハーレーなどは、あなたも耳にしたことがあるのではないでしょうか? 一大イベントとして周知されているものだけでなく、沖縄ではいたるところで地域のハーリーが開催されます。市町村単位ではなく、もっと小さな字(あざ)や集落単位で行われている場合も多いのです。 今回は、そんな地域のハーリーの中から、うるま市・屋慶名 ...

ハーリー

2019/7/27

2019年奥武島海神祭(奥武島ハーリー)

橋の上から海めがけて飛び込み、そのまま船を漕ぎ出す・・・。そんな何とも豪快なハーリー行事が、毎年旧暦5月4日(ユッカヌヒー)に奥武島で行われていること、あなたはご存知でしょうか。「流れ船」と呼ばれる珍しい競漕が見られるイベントが、沖縄本島南部にある離島、奥武島で行われる奥武島海神祭(奥武島ハーリー)です。 ハーリー(ハーレー)とは? ハーリー(ハーレー)は、旧暦5月4日(ユッカヌヒー)を中心に豊漁や海の安全を願って行われる、サバニ(小型の漁船)や爬龍船(はりゅうせん/舳先に竜頭などの装飾をつけた比較的大型 ...

祭り・その他イベント

2019/7/7

2019年なんみん祭

那覇市唯一の遊泳可能なビーチ、波の上ビーチを見下ろす断崖の上に建つ波上宮(なみのうえぐう)。那覇空港への行き帰り、うみそらトンネルへと向かう那覇西道路を通る際にあなたも目にしたことがあるかもしれません。 波上宮は琉球国王も毎年参拝したとされている由緒ある神社で、家内安全、商売繁盛、厄祓、車祓、安産祈願、健康祈願、神恩感謝、心願成就、合格祈願、良縁祈願、攘災招福、海上安全など様々な御祈願・御祈祷を行い、信仰を集めています。 その一方で「なんみんさん」の愛称で親しまれ、例年初詣には15万人以上が訪れる沖縄県民 ...

離島 祭り・その他イベント

2019/6/27

香り立つ純白のゆり100万輪!第24回伊江島ゆり祭り

各地のビーチで次々と海開きが行われ、沖縄がトップシーズンに向かう4月末~5月初旬。 沖縄本島北部の本部港からフェリーで30分の伊江島は、真っ白なテッポウユリに彩られます。一般には6月~8月頃に開花するゆりですが、温暖な気候の沖縄ではゴールデンウィーク前後がまさに見頃。澄んだ海と空の青に映える、真っ白な100万輪のテッポウユリのじゅうたんを一目見ようと、沖縄県内外、国外からもたくさんの観光客が訪れています。 フェリーで海を渡り、心地よい風と美しい景色を堪能できる初夏のお祭り。どうぞご覧ください。 伊江島ゆり ...

泡盛 祭り・その他イベント

2019/6/26

第15回内閣総理大臣賞琉球泡盛カクテルチャレンジアジアカップ2019

沖縄で生まれた蒸留酒、泡盛。 独特の香りとバリエーション豊かな味わいで、県内で「島酒」として親しまれ、近年は県外、さらに国外にもその認知度を高めつつある沖縄ならではのお酒です。 先日、2019年4月13日・14日に行われた島酒フェスタでご縁がつながり、「第15回内閣総理大臣賞 琉球泡盛カクテルチャレンジアジアカップ2019」の様子を取材させていただきました。 アジア各国から選手が参加し、泡盛を使った創作カクテルを競う大会。どんな雰囲気で、何ができるのか?結果詳細も含め、お目にかけたいと思います。 琉球泡盛 ...

© 2020 We-Love.Okinawa