沖縄在住の沖縄好きがお届けするガイドブックにも載っていないコアな沖縄情報をお届けします。沖縄で遊ぶならWe-Love沖縄をチェック!

沖縄県の情報サイトWe-Love沖縄

busena-beach

ビーチ

サミット会場にもなった国際リゾートビーチ・ブセナビーチ(名護市・なごし)

更新日:

沖縄のリゾートホテルの中では最も有名なリゾートホテル、ザ・ブセナテラス。ブセナビーチは、このザ・ブセナテラスが管理するビーチです。

場所は、沖縄本島西海岸の部瀬名岬に位置し、2000年に開催された九州沖縄サミットの会場となった万国津梁館(ばんこくしんりょうかん)を含む、ブセナ海洋公園一帯に含まれています。

ビーチは、宿泊者以外のビジター利用が可能で、ブセナ海洋公園と並んで人気のスポットです。

整備の行き届いた砂浜には、ヤシの木の立ち並び、南国特有のリゾート感があります。高級リゾートホテルとして最高のホスピタリティと、贅沢なリゾート感が満喫できるブセナビーチをご紹介します。

【どういうところ?】南国リゾート感たっぷり管理の行き届いた美しいビーチ

busenabeach

青い海によく映える白いきめ細やかな砂浜は、ゴミひとつ落ちていないという、徹底された整備がされるブセナビーチ。高級リゾートホテル内にあり、ビジターは利用料がかかりますが、パラソル代など一式が含まれるので、一度ビーチに入ったら、その中で心置きなくリゾート感たっぷりのビーチを楽しむことができます。

またビーチ目の前の海に沈む夕日を見られる、サンセットの名所としても有名です。

【何ができる?】ヤシの木陰でリゾートの海とプール

busena-beach-nago

遊泳期間は海水浴ができます。ビーチは遠浅で、波も穏やかです。遊泳区域は決まっていて、その中にはハブクラゲ防止ネットが設置されており安全に海水浴を楽しむことができます。また、シュノーケリングも可能です。監視員も配置されています。

マリンアクティビティが充実しており、クルージングからバナナボートまで各種楽しむことができます。またスライダー付の大きなプールもあるので、海が苦手な小さなお子さんでも楽しむことができます。大きなプールもあり、ファミリー利用も多くみられます。

施設情報

施設名

ブセナビーチ

管理:ザ・ブセナテラス

住所

〒905-0026 沖縄県名護市喜瀬1808

電話番号

0980-51-1333

営業時間

遊泳期間:

9:00~17:00 (4/1~6/22、10/1~10/31)

9:00~18:00 (6/23~6/30、9/1~9/30 )

9:00~19:00 (7/1~8/31)

※2017年2月時点での公式HP情報です。

詳しくは、ザ・ブセナテラス

定休日

なし

入場料

2,000円(シャワー、更衣室、パラソル、チェア、車一台分の駐車料込)※宿泊者無料

クーポン・割引

ブセナ海中公園利用の際は、割引クーポン券が多数発行されています。検索すると各社のクーポン券がご利用できます。

所要時間

2時間~

施設設備

トイレ、シャワー、更衣室、売店、ロッカー、監視台、ハブクラゲ防止ネット、パラソル、チェア

【レンタル品】

浮き輪、フローマット、ライフジャケット

【マリンスポーツ】

クルージング、マリンウォーク、ジェットスキー、ダイビング、シュノーケリング、シーカヤック、グラスボート、バナナボートなど

アクセス

【車】

那覇空港から車で70~90分

【路線バス】

那覇空港発 120番 乗車 → ブセナリゾート前バス停下車

那覇バスターミナル 20番 乗車 → ブセナリゾート前バス停下車

【空港リムジンバス】

那覇空港発 → ザ・ブセナテラスビーチリゾート 下車

カーナビ設定

MAPCODE          206 442 315*60(ザ・ブセナテラス)

駐車場

約200台 (宿泊者無料、駐車代はビーチ利用料、公園入場料に含まれる)

地図

ストリートビューで見る

観光のポイント

ビーチ奥の海洋公園の中には、海の中を見渡せる海中展望台やグラス底ボートなどもあり、洋服を着たままでも海を存分に楽しむことができます。

入場料がかかりますが、人気スポットとなっています。公園内は無料シャトルバスが走っていて、移動に便利です。

お客様の声・口コミ

子どもを連れても安心してゆっくりできました。使い勝手が最高です。プールは子供が多く、ファミリー利用が多いと感じました。

リゾート内だけでのんびりできます。監視員さんは呼ばなくても来てくれる位ちゃんと管理してくれています。ホテルのサービスも最上級で優雅な気分になれます。

まとめ

沖縄屈指のリゾートホテルの管理というだけあって、サービスの質が高く、満足度も評価も高いビーチです。料金がかかっても訪れる人が多く、それだけ魅力的な証拠ですね。

一度は訪れてみたくなる、そんなビーチです。

週刊おきなわマガジン
毎週、沖縄県の情報をご紹介する「週刊 おきなわマガジン」創刊しました。サイトでは書けないウラ情報を満載します。是非、読者登録してくださいね!
We-Love沖縄公式LINE@

「We-Love沖縄公式LINE@」はじめました!こちらでも定期的に情報提供をしています。是非お友達に追加してくださいね!
スマホで読んでいる方はこちらから追加してください。
↓↓↓
友だち追加
YouTubeチャンネル
毎週、沖縄県の情報を動画でご紹介するWe-Love沖縄公式YouTubeチャンネルをはじめました。サイトだけでは伝えきれないことなどを動画でお伝えします。是非チャンネル登録してくださいね!
↓↓↓
youtube
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
せっきぃ

せっきぃ

ダイビングをするために若いころは良く沖縄に通い、最近では離島にふら~~とゆっくりするために行ったり、沖縄本島にふら~~と行ったり根っからの沖縄好き。ナイチャーの視点で沖縄の良い所を取り上げたいと思います。特にグルメリポートやレシピ、遊び全般・・・そんな感じで。そして、2017年に移住してしまいましたので、移住についても書いていきますね。ゆたしく、うにげーさびらー。趣味はダイビング・シュノーケリング 好きな食べ物は、焼肉・鮨

-ビーチ
-,

Copyright© 沖縄県の情報サイトWe-Love沖縄 , 2019 All Rights Reserved.