那覇空港から1時間。沖縄本島の中ほど、うるま市に位置する「ビオスの丘」。

7万5千坪という広大な敷地をもつビオスの丘は、10年以上の年月をかけて、沖縄本来の自然を再生したという、亜熱帯の自然テーマパークになっています。

園内には3つの池と湖を有し、水牛車や、カヌーなどの水遊びができます。亜熱帯の森で水遊び。そんな楽しみ方ができる、ビオスの丘をご紹介します。

スポンサーリンク

【どういうところ?】沖縄本来の自然を再生した広大な庭

ビオスの丘

沖縄の森といえば、北部のやんばる(山原)が有名ですが、中部にあるビオスの丘にも沖縄ならではの亜熱帯の自然が広がります。

広大な園内には、豊かな緑の中に、大龍湖ほか、合わせて3つの池や湖があります。

また、遊御庭(あしびなー)と呼ばれる庭や、ヤギやブタと遊べるコーナー、展望台、ガーデンセンターなどあります。

【何ができる?】水牛車やハンモッグでのんびり楽しむ

水牛車

園内は、緑と水をのんびり楽しめます。園内は歩いての散策ができるようになっているほか、水辺や湖では、水牛車やカヌー、鑑賞舟、平舟(SUP)に乗って楽しむことができます。舟には船頭さんがいて、解説をご披露してくれます。

また深い緑の中を、ハンモッグにゆられてのんびりしたり、ヤギにエサをあげて一緒に遊ぶこともできます。

文化体験もあり、湖畔からは、琉球舞踊を見学することもできます。季節のイベントもやっています。

施設情報

施設名

ビオスの丘

住所

〒904-1114 沖縄県うるま市石川嘉手苅 961-30

電話番号

098-965-3400

営業時間

9:00〜18:00 (入園は9:00~ 17:00)

定休日

年中無休

入場料

中学生以上:入園料900円

乗船セット:1600円

4歳~小学生:入園料500円

乗船セット:900円

クーポン・割引

入場料や各種アトラクションがお得になるクーポン

現在はありません。

所要時間

1時間30分

施設設備

ベビーカー、車イス、貸傘、売店、茶屋、飲食店・東町屋(あがりまちや)、カヌー、文化体験、平船、鑑賞舟、アスレチック、ハンモッグ、ゴザ、水牛車、巡車(みぐいぐるま)、写真館、動物ふれあいコーナー、展望台

※カヌーや水牛車、鑑賞舟など、別途有料なものあり

詳しくは、ビオスの丘

アクセス

【車】

那覇空港から車で約1時間

【ゆいレール+路線バス】

那覇空港→ゆいレール「旭橋駅」下車、駅前の那覇バスターミナル 20番/120番乗車→「仲泊」バス停下車 →タクシーで10分

※近くにバス停がないので、「仲泊」からはタクシー利用が便利です。

カーナビ設定

MAPCODE  206 005 115*00

駐車場

無料 130台

地図

ストリートビューで見る

観光のポイント

沖縄で「水牛車」に乗れる場所は数少ないそうですが、ここビオスの丘は、その数少ないポイントのうちのひとつ。かなりゆっくりと進む水牛車ですが、沖縄時間に浸れます。お時間のある方は、是非楽しんでください。

お客様の声・口コミ

沖縄といえば海というイメージでしたが、森で楽しめたという感じです。空気が良かったです。

子どもはアスレチックとヤギがお気に入りでした。私(親)は花と水牛車がなかなかよかったです。ヤギは、小さなヤギなので子供も安心でした。

家族全員3世代で行きました。全員が満足しました。カヌーに初めて乗りましたが、とってもゆったりできて、おすすめです。

まとめ

沖縄といえば海でのマリンレジャーですが、ビオスの丘では湖での水遊びが楽しめます。

美味しい空気をいっぱい吸って、かなりリフレッシュできそうです。