泡盛の魅力は、その味もさることながら、香りも楽しむことが出来るお酒です。泡盛本体の味と香りを引き出すために手間暇をかけ、手作りで泡盛を育てることにこだわっているのが沖縄県那覇市の咲元酒造です。

咲元酒造の2代目は戦後の混乱の中、変わり果てた荒野の中で偶然見つけ出したあるものによって、泡盛文化再興への奇跡を起こしました。泡盛の伝統と文化を守っていきたいという思いで手作りにこだわるのは、その並々ならぬ体験があってこそのものなのかもしれません。

スポンサーリンク

歴史・奇跡が生んだ泡盛ヒストリー

110年以上泡盛の伝統の味を守り続けている咲元酒造は、首里王国時代に王府から製造を唯一許されていた首里三箇(崎山・赤田・鳥堀)の鳥堀に蔵を構えており、創業は1902年(明治35年)という老舗です。

戦前には首里に40軒あまりあった酒造も激しい戦火に見舞われ破壊。現在では咲元酒造を含む3軒のみになりました。

戦後、官営で酒造業が再開されましたが、泡盛を作る上で重要な材料である「黒麹菌」はほとんどが死滅、代わりにイースト菌を使用していました。黒麹菌は沖縄にしか生息していない貴重な菌で、沖縄の気候に最も適しており、雑菌の繁殖を抑えてくれる優れた菌でもありました。

そんな中、咲元酒造の2代目が変わり果てた工場跡から、奇跡的に黒麹菌を発見しました。無残に破壊された工場のガレキに埋もれていた稲ワラの中に、わずかに生き残っていたのです。

2代目はその貴重な黒麹菌を少しずつ増やし、周囲の酒造所にも譲り分け、本来の泡盛の製造を再開することができるようになりました。

あのとき偶然黒麹菌を発見することがなければ、現在私たちが飲んでいるような美味しい泡盛を楽しむことができなかったかもしれないと考えると、とても感慨深いです。それは、発見した当初涙を流して喜んだという2代目の気持ちからも察することができます。

特徴・手間暇かけじっくり手作りをしている泡盛

咲元酒造では、伝統を守り現在でもあまり機械に頼らない製法で泡盛を製造しています。泡盛のコクや香りを充分に感じることができるよう、ろ過を最小限にとどめたり、香りがよくまろやかに仕上がるように低温でじっくり発酵させたりしています。

そうやって手間暇かけて大事に手作りされた泡盛は、咲元酒造にしか出せない良い香りに仕上がります。

受賞

全国日本国際酒類コンクール1位入賞

泡盛鑑評会 県知事賞 2001,2003年

銘柄

「咲元」

度数25度~40度

「泡盛野郎」

度数30度

「熱き島唄」

度数30度

「美酒」

度数30度~40度

詳細情報

会社名

咲元酒造合資会社

住所

〒903-0805 沖縄県那覇市首里鳥堀町1丁目25

電話番号

098-884-1404

営業時間

  • 店舗販売 有り
  • 工場見学 有り(詳細は別途記載しています)

定休日

日・祝

クーポン・割引

なし

アクセス

【車】

那覇空港より車で約40分

カーナビ設定

MAPCODE 33 162 542*36

駐車場

有り

【バス】

那覇空港「国内線旅客ターミナル」より系統120番名護西空港線(牧志経由)・名護バスターミナル行にて「安里」下車約25分、系統5番識名牧志線にて「県立医療センター」下車約19分、系統191番城間線(一日橋経由)・屋富祖行にて「鳥堀」下車約4分、咲元酒造まで徒歩約2分

※バスに関しては色々な経路がある中の一例です。

【ゆいレール】

ゆいレール首里駅から徒歩約5分

地図

ストリートビューで見る

工場見学

咲元酒造工場見学
  • 料金 無料
  • 開催時間 9:30~12:00、13:00~16:30
  • 定休日 日・祝
  • 所要時間 約20分

※要予約 予約電話番号 0120-78-3910

セールスポイント

咲元酒造 工場見学

昔ながらの伝統ある手作りにこだわることで、咲元酒造にしか出せない香りを作り出しています。首里で長年泡盛づくりに携わってきたベテランの職人によって、泡盛本来の旨み、コクを生かした製品づくりを目指しています。

泡盛の旨みがギュッと濃縮された無ろ過の新酒は、ファンから絶大な人気を得ています。個性的な刺激のある新酒を、古酒用に買っていくファンもいます。

お客様の声・口コミ

海鮮系の肴に合います

香りがすごくいい

咲元にしかない独特の香りがある

まとめ

咲元酒造は昔と変わらない手作業にこだわり、110年以上伝統の味を守り続けている首里の老舗です。低温でじっくり発酵、蒸留させることによって作り出される香りやまろやかな味わいにより、泡盛本来の味を楽しむことができます。

泡盛に対する愛が、奇跡的に泡盛再建へと繋がっていったという歴史背景があるということに思いをはせながら飲む泡盛は、格段に美味しく感じるでしょう。