1. TOP
  2. 沖縄の朝まで営業している居酒屋は、朝まで楽しめる理由が20個もあった

沖縄の朝まで営業している居酒屋は、朝まで楽しめる理由が20個もあった

朝まで屋 いちこ
LINEで送る
Pocket

沖縄にある朝まで営業している居酒屋をご存じでしょうか?

沖縄旅行に来たのなら、朝までとことん楽しみたい”でも何処で?そんな方に、今回は朝まで営業している居酒屋の中でも、特にオススメしたい、驚きがいっぱいの楽しい居酒屋をご紹介します。

20.  朝5時まで営業

沖縄には、朝まで営業している居酒屋がたくさんあります。私も何度か友人と朝まで飲み明かしたこともあります。

沖縄には、席の時間制限がなく、ゆっくり飲める居酒屋が多いです。こちらの朝まで屋は、朝5時まで営業しています。朝まで楽しめる理由は、店内にあります。

朝まで屋外観

19.  店内が銭湯だった!

朝まで屋富士山
店内に入って、これです。店長さん曰く「あれ?銭湯来ちゃった?」と実際帰ろうとするお客様がいらっしゃったそうです。居酒屋をハシゴして、酔った状態でこのお店に来ると、帰ってしまうのかもしれませんね。それほど店内は、銭湯感?満載です。

店内が銭湯のようなイメージになった理由は、社長がお店をオープンする際に、「沖縄には銭湯がない」と思い、沖縄の人にも銭湯の雰囲気を味わってほしいということで作ったそうです。

18.  朝まで屋の秘話

実は、もともとここのお店は、ホテルの地下にあるバーだったそうです。那覇グランドホテルの地下にあるこのお店。

今は壁となっていますが、ホテルから直接入ることができる入口が以前はあったそうです。銭湯風に改装しお店をオープンしたところ、ホテルに宿泊したお客さんが、ホテルの大浴場と間違えて入ってきてしまうことが多発してしまったそうです。チェックインの際に、お風呂があるなーなんて見つけて、入ってきてしまったんでしょうね。(笑) 確かに、この外観では、無理もありません。

そこで、今では念のため、「ゆ」の、のれんは縛って、お店ですよーとお伝えしているそうです。(とはいうものの、やはり銭湯に見えますね・・・)

朝まで屋ゆ

17.  開かずのロッカー

居酒屋へきたら、店内は靴を脱ぐ、そんな居酒屋もありますね。朝まで屋も靴を脱いで店内へ入るのですが、靴を脱ぐ、そして靴は、ロッカーへ・・・。あれ?ロッカーが開かない??

あまりにも普通に置かれているのですが、開かずのロッカーです。靴はビニールへ入れてください。

朝まで屋入口付近

16.  サウナがある

店内に入る前に、サウナに入ってるお2人がいます。店内に入る前にこの演出、なんだかワクワクしてきます。

朝まで屋男性朝まで屋女性

15.  蛇口から泡盛注ぎ放題

席に座ると服を着て銭湯にいるような違和感があります。ですが、ここからが朝まで楽しめる演出がいっぱいなのです。

朝まで屋泡盛注ぐ
席にある、蛇口。こちらの蛇口から泡盛が出てきます飲み放題(オールタイム600円)を頼むと、この蛇口から好きなだけ泡盛を注ぎいれることができます泡盛の水割り作りも率先してやりたくなってしまいます。いつも、作ってもらえる側になる先輩や上司も、「自分でつくるからー」なんて言ってくれそうな、遊び心をくすぐる仕掛けですね。

14.  ビールはオールタイム100円

朝まで、何度注文しても、ビールは100円です。お財布に優しすぎる~。ビール党の人が多い職場なら、ここへ来ないともったいない!ですね。

朝まで屋ビール

13.  大阪では、蛇口から焼酎注ぎ放題

同系列のお店が大阪に4店舗あります。海援隊沖縄 肝どん(ちむどん)

そこでは蛇口から泡盛ではなく、焼酎が出てきますビールも100円です。沖縄では、オリオンビールですが、大阪ではアサヒスーパードライです。沖縄料理もあります。

沖縄まで行けないという方は、是非大阪の店舗

朝まで屋大阪店

12.  席の横に鏡

なんて粋なはからいなのでしょう。席の横にがあります。

朝まで屋テーブル
飲み過ぎて、化粧くずれていないかな?顔が真っ赤かな?お手洗いに行かなくとも、すぐにチェックできます。

11.  リンスが醤油

お刺身をオーダーする、えっと、醤油は・・?鏡の横に置かれているのは、リンス?どうみても色は醤油です。確かめました、醤油です。安心してお使いください。リンスと書かれているので、抵抗がありますよね。

朝まで屋リンス

10.  宮古島のお酒ラインナップ

泡盛は、宮古島のお酒です。醸造所多良川の多良川と琉球王朝、菊之露酒造の菊之露サザンバレル。飲み放題は、多良川です。個人的に私が好きな飲みやすい泡盛です。

朝まで屋ドリンクメニュー

いかがでしたでしょうか?

そして、まだまだ続きます!そして、最後に読者限定特典もあるよ。
それでは続きを・・・

それでは9位から…

9.  深夜の方が混みだす

お店のオープンは、18時。本土なら、18時~20時頃のの時間帯は、お店が込み合うので、予約は必須だったりしますね。

ですが、こちらの朝まで屋は、朝まで営業しているためか、夜中の零時を過ぎたあたりから混みだすのだとか。ピークはそれこそ、国際通り周辺の居酒屋がクローズした時間、深夜2時だそうです。

朝まで屋内観朝まで屋お風呂

8.  人気メニューは懐かしの・・・

お店の一番人気は、こちら。オムポリタンです。熱々の鉄板の上に、卵そして、ナポリタン。昭和レトロを感じます。

朝まで屋ナポリタン

ナポリタンは、スパゲッティをタマネギ、ピーマン等と共にケチャップで炒めた、日本の洋食。 中世ナポリの屋台で出されていたというパスタ料理を日本の洋食料理人が再現したものが、昭和30年頃の米食批判・粉食推進の機運により焼きうどんの調理スタイルを取り入れて大衆化したものである。 バブル期以前の昭和日本では、喫茶店、軽食堂などで広く提供されていたほか、家庭的なおそうざいとして喫食される庶民の味であった。

Wikipediaより

7.  沖縄料理も楽しめる

朝まで屋料理

居酒屋で人気のメニューおつまみ、サラダ、炭火焼の肉、刺身、焼き魚、揚げもの、炒め物などメニューも豊富ですが、沖縄料理ももちろんあります。

6.  17歳の社長がいる

番台さんが、ずっと私たちに熱い視線を送ってくれます。

朝まで屋いちこ
実は、この方、17歳でありながら社長です。名前は、いちこです。

いちこは、シーズンやイベントに合わせてオシャレもするそうです。取材に伺った日は、寒かったのでしょうか、ニット帽かぶっていました。

5.  電話ボックスがある

今ではほとんど見かけなくなった電話ボックス

朝まで屋電話ボックス
10年ほど前は現役だった(公衆電話として普通に使用できた)そうです。昭和レトロな写真を撮るなら、電話ボックスの中に入って写真撮影してみてはいかがでしょうか。

4.  ピアノ演奏し放題

団体の方のための個室。個室には、カラオケといったイメージもありそうですが、こちらには、なんとピアノが置かれています

朝まで屋ピアノ
ピアノ演奏は無料だそうです。防音になっているので、店内にピアノが聞こえることはないそうです。ピアノ演奏しながら朝まで過ごす、ピアノの生演奏しながら、カラオケする、用途によっては、時間を忘れて朝まで盛り上がれそうですね。

3.  体重測定できる

自分への戒め・・・。帰り際に見たくないもの→体重計・・・。

お店の出入り口に置いてあります。お店に入る前に体重測定、お店を出るときに体重測定。「なにーーーー!?」食べすぎた、飲み過ぎたことに反省・・・。体重計に乗る、乗らないはご自身の判断におまかせします。私は乗りませんでした。

朝まで屋体重計

2.  ご利益のモノがある

こちらのお店のご利益のモノとは、女の子のサウナルームに置いてあります。ここに設置したのには理由があります。ですが、ここではあえて紹介は控えさせていただきます。どうしても知りたい方は、お店の方に聞いてくださいね。

朝まで屋謎の

1.  朝まで元気なスタッフさん

朝まで元気な店長さん、スタッフさん、朝まで元気に営業するぞーと気合い充分です。

朝まで屋店長

まとめ

沖縄に来て、どんなお店へ行こう?困った方は、お店選びのひとつとしてこんなユニークなお店はいかがでしょうか?朝まで楽しめる演出がいっぱいの朝まで屋、是非一度足をはこんでみてくださいね。

予約はwe-love沖縄を見た!と098-867-4243まで。

そして、we-love沖縄を見た!の合言葉でなんと、生ビール1杯サービスです。

場所は下記の地図を参考にしてください。

 

LINE@はじめました! サイトに書けないコアな情報を配信しま~す。また、お得なクーポンなども準備中です。是非、お友達に追加してくださいね。 パソコンの方は下記のQRコードから
スマートフォンの方はコチラをクリック
友だち追加

\ SNSでシェアしよう! /

沖縄県の情報サイトWe-Love沖縄の注目記事を受け取ろう

朝まで屋 いちこ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

沖縄県の情報サイトWe-Love沖縄の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

編集部として他企業さんとのジョイント企画など、色々と面白いネタ、旬なネタを取り上げます。

コメントを残す

*

この人が書いた記事  記事一覧

  • 星の砂たくさんの美しいビーチ・星砂の浜(西表島・いりおもてじま)

  • 今も謎続行中・与那国島海底地形(よなぐにじま かいていちけい)(与那国島・よなぐにじま)

  • ミシュラン三ツ星の景勝地・川平湾(かびらわん)(石垣島)

  • 【沖縄県北部】ハブクラゲネット設置・安全なビーチ15選